2018年12月19日 (水)

Gift for Her 2018:艶やかなコーラルオレンジのネックレス&ピアス

華やかなお出かけが多くなる年末年始。上品な24Kゴールドコーティングメタルと、艶やかなエナメルで表現されたメディスン・ドゥース(Medecine Douce)のネックレス&ピアスが重宝します♪

Medecinedouce

肌に優しく馴染むコーラルオレンジは、奥行きを感じさせる色使いがポイントです。

<#4064:Medecine Douce ネックレス FIRENZE コーラルオレンジ>
4064_1
shop_now

ほど良い存在感のスクエア型チェーンが、デコルテラインを綺麗にみせてくれます。

4064_2

お揃いのフープピアスは、縦長のオーバル型が柔和な印象を与えてくれます。

<#4062:Medecine Douce ピアス FIRENZE コーラルオレンジ>
4062_1
shop_now

シックなコーディネートの差し色に最適です。ぜひネックレスとピアスのセットでお楽しみください♪

4062_4064

[店長]

2018年12月18日 (火)

Gift for Her 2018:華やぐクリスマスシーズンは、特別感のあるピアスを贈り物に♡

毎日の装いに欠かせないピアス!ロマンティックな気分が盛り上がるクリスマスシーズンは、美しい輝きで特別感のあるピアスをお楽しみください♡

ぽってりとしたドロップ型レジン(樹脂)が揺れるヘレナ・ローナー(Helena Rohner)のピアスです。

4047_1

鏡面仕上げの18Kゴールドコーティングメタルの柔らかな光が、ノスタルジックな色合いと相まってレトロモダンなイメージです。

<#4047:Helena Rohner ピアス vea805L ゴールド×ブリック>
4047_2
shop_now

こちらは、熟した果実をイメージさせる赤いポーセリン(磁器)ピアス。

4051_1

緩やかな曲線を描いた小さなフープと、おはじき型のポーセリンが可愛らしく映ります。

<#4051:Helena Rohner ピアス vea807L ゴールド×レッド>
4051_2
shop_now

赤い刺繍をほどこしたアメット&ラデュー(amet & ladoue)の木の葉柄ウールストールと相性抜群です♡

<#4116:amet & ladoue SMITH ネイビー>
4116_1
shop_now

モナドの公式ウェブサイトで、クリスマスにぴったりなジュエリーや、冬の必須アイテム、ストールや帽子を特集中!ぜひご覧ください!!

[店長]

2018年12月17日 (月)

映画「マイ・サンシャイン(Kings)」

00 1992年のロサンゼルス暴動を背景に、L.A.のサウスセントラル地区で暮らす家族の日々を描いた作品です。監督はデビュー作「裸足の季節」が高く評価され、トルコ語の作品ながらアカデミー賞外国語映画賞のフランス代表に選ばれたデニズ・ガムゼ・エルギュベン(Deniz Gamze Ergüven)。本作は彼女が高等映画学校(La Fémis)卒業時から温めてきた企画だそうで、「裸足の季節」の成功により、10年以上かかってようやく日の目を見ることになりました。

幼い頃にトルコからフランスに移住したこの監督、2005年のパリ郊外暴動を経験し、L.A.暴動と通じるものを感じたそうです。その国で育ちながら、よそ者として母国から拒絶される居場所のない感覚。パリの変電所で感電死したアフリカ系の青年たちも、L.A.暴動のきっかけとなったラターシャ・ハーリンズやロドニー・キングも、差別される側でければ悲惨な最期を迎えずに済んだことでしょうし、大規模な暴動に発展することもなかったでしょう。

01

映画のはじまりは、ラターシャ・ハーリンズ事件の再現。15歳の黒人少女が食料品店で万引きの疑いをかけられ、店主である韓国系女性に射殺された事件です。店主は正当防衛を主張したものの、出入口に向かう少女の後頭部を銃撃していることが明らかになり、故意の殺人と認定されましたが、なぜか判決は5年間の保護観察という軽微なものになります。

続いてロドニー・キング事件のニュース映像が流れます。47歳のロドニー・キングが警官に車から引きずりおろされ、路上で激しい暴行を受けた事件で、たまたま近所の住民が一部始終をビデオ撮影していたことから、TVを通じて米国中の人々が事件を目撃にすることになります。

02

この二つの事件が、日頃から鬱憤がたまっていた黒人たちの怒りに火を点け、L.A.暴動に繋がっていくのですが、暴動の中心となったサウスセントラル地区は1965年にもワッツ暴動があった古くからの黒人居住エリア。また、新たにヒスパニックや韓国系の住民が流入してきて、人種間の緊張も高まっていたようです。

L.A.南部コンプトンを舞台にした映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」に出てきたアイス・キューブも、独立後の1991年に発表したアルバムで、あからさまに韓国系を威嚇しています。要するに、黒人の少年少女を万引き予備軍として見るんじゃない、黒人の拳に敬意を払わないと店を燃やしてやるという歌なのですが、実際、L.A.暴動の際には多くの韓国系商店が焼き討ちにあったようです。

05

そんな時代に、そんな街で暮らすミリーは、家族と暮らせない子どもを引き取り、愛情を持って育てている黒人女性。どうやらパウンドケーキを焼いて食料品店に卸すことで生計を立てているようで、彼女が留守にしている間は長男と思われる高校生ジェシーが幼い子どもたちの面倒を見ています。

04

あるとき、母親が逮捕されて家族がいなくなったウィリアムを家に受け入れます。他の子どもたちとは異なる過激な考え方と、若干の素行問題があるウィリアム。特に世代が近いジェシーとは関係が微妙です。そこに、ジェシーが惹かれている黒人少女ニコールが加わり、さらに関係が難しくなるのですが、ジェシーは何とかうまくやろうと努力しています。

10

そしてL.A.暴動が勃発します。暴動に加わろうとするウィリアムと引き留めようとするジェシー。TVで略奪を見て、自分たちも欲しいものを取ってこようとモールに向かう幼い子どもたち。子どもたちの安全を守ろうと奔走するミリー。大きな波のうねりの中、それぞれが動き回り、巻き込まれていく様子が描かれていきます。

14

ミリーを演じたのは、最近では「キングスマン: ゴールデン・サークル」に出ていたハル・ベリー(Halle Berry)。上手な女優さんですね。ただ、本作に限ってはそれが裏目に出ていて、本当は子どもたちが主役なのに、彼女が目立ちすぎて焦点がボケてしまいました。隣人の白人男性オビーとのロマンスも余計な感じです。オビー役を「007」シリーズのダニエル・クレイグ(Daniel Craig)が演じていますので、彼ら2人の見せ場を作るようにプロデューサーから求められたのかも知れません。

15

ジェシー役のラマー・ジョンソン(Lamar Johnson)、ウィリアム役のカーラン・ウォーカー(Kaalan Walker)、ニコール役のレイチェル・ヒルソン(Rachel Hilson)もリアリティがあって良かったと思いますし、リース・コディ(Reece Cody)はじめその他の子どもたちも活き活きと演じていて、この監督らしさが出ていたと思います。次は「裸足の季節」のような有名俳優なしの作品を撮って欲しいものですね。

米国ではいつまでたっても人種問題がすっきりしませんが、最近は欧州でも同じ状況になりつつあります。監督は今のパリ暴動をどう見ているのでしょうか。

公式サイト
マイ・サンシャインKings

[仕入れ担当」

2018年12月16日 (日)

ムンク展 東京都美術館

エドヴァルド・ムンクの画業60年を振り返る大回顧展です。

盗まれても盗まれても元の美術館に戻ってくる代表作《叫び》のテンペラ・油彩画をはじめ、家族や自身を描いた初期の頃のポートレート、愛や嫉妬、孤独や絶望など感情を強烈に描いた木版画、故郷オスロの自然を描いた風景画、明るい色で表現された晩年の油彩画まで、多彩なムンク作品100点が並びます。

Munch_1

暗闇に浮かぶリトグラフの自画像から始まる本展。1882年19歳のときに初めて自画像を描いたそうですが、生涯で手がけた自画像は80点を超えます。

Munch_2

こちらは、展覧会の最後を飾る晩年のムンク。写真や映画が好きで、コダックカメラや映画用のカメラも持っていたそうです。自画像の元にした貴重な自撮り写真も観られます。

Munch_3

新しい技法や表現を探求し、代表作を世間に広めるためムンクは同じ主題を繰り返し製作したそうです。また自分の作品を「子どもたち」と呼び、手元にも多く残したそう。

Munch_4

これまで目にする機会の少なかった風景画や、美しい色使いの油彩画でムンクのイメージが変わります。

Munch_5

展覧会ショップに並ぶユニークなコラボ商品も見逃せません。頬に手を添えて悶えるピカチュウや、叫びがうごめくアヤメ(Ayamé)のソックスもあります。

ムンク展 - 共鳴する魂の叫び
https://munch2018.jp/
2019年1月20日(日)まで

[店長]

2018年12月15日 (土)

Gift for Her 2018:大人のクリスマスカラー、赤いピアスとストール

クリスマスまであと10日。モナドの公式ウェブサイトでは、街中でイルミネーションが輝くこの季節にぴったりなジュエリーや、寒い冬に欠かせない暖かなストールや帽子を特集してご紹介しています。忙しい年末は、いつでもどこでもご利用いただける通販でお好みのアイテムを手に入れてくださいね♪

さて、本日は赤いピアスとストールのコーディネートです。深みのある色合いで、大人のクリスマスカラーをお楽しみいただけます。

3749_1

18Kゴールドコーティングの柔らかな輝きと、深紅のカーネリアンを組み合わせたヘレナ・ローナー(Helena Rohner)のピアスは、美しい鏡面仕上げと、エレガントなロングシルエットが特徴です。

<#3749:Helena Rohner ピアス vea610L ゴールド カーネリアン>
3749_2
shop_now

渋い色柄でオリエンタルなムード漂うアメット&ラデュー(amet & ladoue)のスクエア型ストールと合わせてみました♪

4109_1

鮮やかな発色の100%シルクのプリント地と、薄地に仕立てたウール×シルクのダブルフェイスです。

<#4109:amet & ladoue MAELISE ラスト>
4109_2
shop_now

一角にあしらわれた金色のラメ糸刺繍と茶色のタッセルを中心にして、三角形に折り、アフガン巻きや肩に羽織ってみてください。軽くふんわり巻けて、しっかり暖かい大人のストールです。

4109_3 4109_4

[店長]

2018年12月14日 (金)

Gift for Her 2018:シックなブルーの天然石を贅沢に連ねたロングネックレス

先週末まで出店していた東急文化村のクリスマスイベントでも、とても好評だったピンクパウダー(PINK POWDER)の色鮮やかな天然石ジュエリー。本日は、シックなブルーのジェイドとラピスラズリを贅沢に連ねたネックレスをご紹介します。夜のお出かけに華を添えるロングタイプです♡

4009_1

装いをぐっと締めてみせてくれる落ち着いた色合いのブルージェイド。

<#4009:PINK POWDER ネックレス Long ブルージェイド>
4009_2
shop_now

鈍く光るパイライトと、18Kゴールドをコーティングしたスターリングシルバー(SV925)の繊細なチェーンがアクセントになっています。

4009_3 4009_4

こちらは、ラピスラズリのネックレスです。タートルネックのニットワンピースに合わせてみました♪

4018_1

スムースレザーのフリンジが大胆なデザイン。今年らしいボリューム感と、揺れ感を楽しめます♪

<#4018:PINK POWDER ネックレス FRINGE ラピスラズリ>
4018_2
shop_now

落ち着いた色使いにゴールドをちりばめて華やかさをプラス。お出かけの機会が増える年末年始に大活躍するネックレスです。

4018_3 4018_4

ほかにも、クリスマスのぴったりなジュエリーをモナドの公式ウェブサイトでご紹介しています。ぜひチェックしてみてください♪

[店長]

2018年12月13日 (木)

Gift for Her 2018:冬の必需品、ぬくぬくのショートブーツ♡

ぐっと気温が下がってくるとニット帽やストールなど、あたたかなアイテムが恋しくなりますね。そこで本日は、ヴィアリス(vialis)のブーツを3点ご紹介!

こちらは、毎日のお買い物に、お散歩にと活躍するフラットソールのブーツです。あたたかなフェイクファーのライナーが足を優しく包みます。

3540_1

とても柔らかな植物タンニンなめしのレザーで、おろし立てから足に馴染み靴づれしません。

<#3540:aro NOELLE 3440/DREAM ブラック>
3540_2
shop_now

螺旋状にデザインされたファスナーと、スムースレザー×スエードの切り替しがアクセントになっています。

3540_3

返りの良いラバーソールの厚みは最大で2.5センチもあり、雪の日も、雨の日も底冷えなし♪ 弾力性に富んだインソールが取り出せて、履いた後、陰干しできます♪♪

3540_4 3540_5

こちらは、通勤スタイルにおすすめのショートブーツです。ニュアンスカラーのトープは、合わせるボトムスやタイツの色を選ばず重宝します。

3807_1

足入れの良いラウンドトゥと、プレーンなシルエットが特徴です。

<#3807:vialis NATHA6385/CRUST トープ>
3807_2
shop_now

厚みのあるラバーソールは滑りにくく、安定感のあるチャンキーヒールで駆け足もできます!

3807_3 3807_4

カジュアルからキレイめスタイルまで合うレースアップブーツは、冬旅にもってこいです!!

3814_1

ざっくり編み上げたレースのデザインが表情豊か。

<#3814:vialis JAPON6333/ROCK ブラウン>
3814_2
shop_now

アッパー素材で覆われたヒールと、すっきりとしたソールの仕上げが美しく、凛とした立ち姿にみせてくれます。

3814_3 3814_4

寒い日も活動的に動き回れるショートブーツを、ぜひクリスマスの贈り物にお選びください♪

3814_5

[店長]

2018年12月12日 (水)

ホルヘ・モラレスからクリスマス特別入荷!キラリと輝く一粒のジルコニアリング

ロマンティックなクリスマスシーズンにホルヘ・モラレス(jorge morales)から心ときめく最新リングが届いています。キラリと輝く一粒のジルコニアは夜空に浮かぶ星のよう♡

4196_1

1本で華やかにみせてくれるワイドなリングです。

<#4196:jorge morales リング ワイド ジルコニア>
4196_2
shop_now

流れるような曲線を描いた3本のアームが絶妙なバランスで指に優しくフィットします。

4196_3

指先を細く長くみせてくれる斜めのラインにご注目♡

4196_4

クラシカルなイメージが強い爪留めの一粒リングをモダンに仕上げています。

<#4197:jorge morales リング シングル ジルコニア>
4197_1
shop_now

オフィスでもしっくりくるシンプルなデザイン。毎日ご愛用いただけます。

4197_2

ご紹介の2本のリングは、オープンタイプのリングアームで若干のサイズ調整が可能です。今年一年頑張った自分へのご褒美に、大切な方への贈り物にお選びください♡

4197_3

本日から12月27日(木)まで根津の店舗は休まず営業しています。ぜひお試しにいらしてください!

[店長]

2018年12月11日 (火)

日本を変えた千の技術博 国立科学博物館

西洋の技術が日本に導入された明治から現代までの、暮らしや社会を大きく変えてきた科学や技術の貴重な遺産が上野・国立博物館に集められています。

Meiji150_1

日本初の家庭電化製品は、1894年に製造された電球付き電気扇風機。ですが、当時ほとんどの家庭に電気は通じてなくコンセントがなかったそうです。

下の写真の長い棒は、全長1メートル、重さ5キログラムもある耐久電熱投げ込み湯沸器。お風呂の湯沸かし用で、使う人も重労働だと思いますが、戦後の燃料不足の時は人気だったそうです。写真左のお釜のようなものは洗濯機。電気を使わない手回し式で、エコのはしりといったところでしょうか。

Meiji150_2

西洋医学を取り入れた製法の化粧水は明治の頃から開発されていましたが、大正時代になると女性の職種が増え、それと共に多くの化粧品や洗顔クリームが登場。また高価な絹の代わりにナイロン素材が開発され、おしゃれに欠かせないストッキングや靴下が女性のファッションを華やかにしていきます。

Meiji150_3

ほかにも1.2インチの液晶画面がついた世界初のテレビウォッチ、100年も前に走っていた電気自動車ミルバーン、当時の乗用車と同じくらいの価格で重さが25キログラムもある電子式卓上計算機など、幅広い分野の“凄い技術”が観られます。

Meiji150_4

さまざまな研究秘話や、当時のエピソードがわかりやすく解説されていて、大人から子どもまで楽しめる展覧会です。

Meiji150_5

明治150年記念 日本を変えた千の技術博
http://meiji150.exhn.jp/
2019年3月3日(日)まで

[店長]

2018年12月10日 (月)

映画「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(Sicario: Day of the Soldado)」

00 一昨年に観たドゥニ・ヴィルヌーヴ監督「ボーダーライン」の続編、スピンオフ作品です。監督がステファノ・ソッリマ(Stefano Sollima)に交代して前作の主人公だったFBI捜査官ケイト(演じたのはエミリー・ブラント)がいなくなり、彼女をサポートしていた国防総省のマット(本作ではCIA捜査官)と、前作で顧問として捜査に加わっていた謎のコロンビア人、アレハンドロの2人を軸に物語が展開します。

カンザスのショッピングセンターでイスラム過激派による自爆テロがあり、メキシコから密入国してきたイスラム教徒が国境警備隊を巻き込んで自爆した一件との関連性が取りざたされます。

アフリカで活動中だったマットは、ソマリア海賊のリーダーを捕らえ、一味がイエメン人テロリストの送り出しで収入を得ていることを突き止めます。つまり、ISIS等のテロ組織がソマリア海賊に金を払い、テロ要員をメキシコに運ばせていたのです。

01

ソマリア海賊は元々、映画「キャプテン・フィリップス」で描かれていたように積み荷の強奪が生業でしたが、最近は人間の移送にも関与しているとのこと。メキシコの麻薬カルテルも似たような状況で、コカインの密輸だけでなく密入国ビジネスも収入源にしているようです。ちなみに「キャプテン・フィリップス」で主人公の妻役だったキャサリン・キーナー(Catherine Keener)が、マットの上司であるCIA副長官役で本作に出ています。

16

米国に呼び戻されたマットは、メキシコ国境地帯の麻薬カルテルを掃討するため、カルテル同士の抗争を煽り、彼らの自滅を狙う作戦を命じられます。麻薬王カルロス・レイエスの娘イサベルを誘拐し、対立するカルテルに濡れ衣を着せるという、絶対に表面化させてはいけない汚い仕事です。

04

マットは旧知のアレハンドロと接触し、作戦への参加を依頼します。なぜならば、彼にはコロンビアの検事時代、麻薬カルテルに家族を殺された過去があり、レイエスに対して強い復讐心を抱いているから。

02

もちろん、彼がスペイン語を喋るという物語上(+映画制作上)の理由もあるでしょう。前作でマットはカルテル捜査の専門家のように振る舞っていましたが、何しろスペイン語が話せませんので(本作でも終盤に一言スペイン語を発するだけ)、この地域での作戦にはアレハンドロのようなキャラクターが必要になってきます。

03

イサベル誘拐が計画通りに進み、対立を煽る作戦がうまくいったかのように見えますが、被害者をCIAが保護したという建前で彼女を移送するメキシコの路上で襲撃を受け、クルマから逃げ出したイサベルを見失います。現地人との銃撃戦を演じた捜査官たちは、身元が明らかになる前に国境を越えなくてはなりませんので、アレハンドロ1人が彼女を追うことになります。

05

イサベルを救い出したアレハンドロは、父娘のふりをして聾者の夫婦の家に身を寄せます。そこで彼の亡くなった娘も聾者だったことが明かされるのですが、このあたりの設定は今回の物語に関係ありませんので、続編に向けた伏線になっているのでしょう。その他、従兄弟の誘いで悪の道に足を踏み入れるメキシコ人の少年もやはり続編の伏線になっているようです。

09

マットもアレハンドロも元々は公職にありながら、法律よりも自らの意思を優先させるという似たもの同士です。そういった生き方で2人の信頼関係が成り立っているのでしょうが、マットはCIA職員として指揮系統に則らなくてはいけません。何の後ろ盾もない一匹狼であるアレハンドロとは異なります。後半はそういった立場の違いが浮き彫りになり、非情なストーリーが展開していくことになります。

10

前作と同じく、アレハンドロを演じたのはベニチオ・デル・トロ(Benicio Del Toro)、マットを演じたのはジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)。本シリーズの他「インヒアレント・ヴァイス」でも共演していますが、絶妙な組み合わせですね。そこに前作にも出ていたジェフリー・ドノヴァン(Jeffrey Donovan)が絡み、強烈な個性の間でバランスをとっている感じです。

08

引き続き脚本を手がけたテイラー・シェリダン(Taylor Sheridan)は、この夏に観た「ウインド・リバー」で監督デビューを飾った売り出し中の人。原題のSoldadoは兵士のことで、敢えてスペイン語にしているくらいですからマットのことではありませんが、アレハンドロを指すかどうかは、人によって受け取り方が違いそうです。いずれにしても次作を観ないことにはスッキリしそうにありません。

公式サイト
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイSicario: Day of the Soldado

[仕入れ担当]

2018年12月 9日 (日)

映画「パッドマン 5億人の女性を救った男(Padman)」

00 パッドマンです、バットマンでもスーパーマンでもありません。というセリフが劇中に出てきますが、サニタリーパッド(生理用ナプキン)をインドで普及させようと奮闘した男性を描いた映画。先月観た「ガンジスに還る」とは異なり、インド映画らしい明るく元気な作品です。

昨年パルム・ドールを受賞した「わたしは、ダニエル・ブレイク」をご紹介したとき触れたように、貧困で生理用品を入手できないことが女性の学業や就業の阻げになっているということは、最近とみに語られるようになった社会問題の一つだと思います。英国の地方都市ニューカッスルを舞台にした「わたしは、ダニエル・ブレイク」では、わずかな所持金を生理用品に使ってしまうのが惜しくて万引きしていましたが、本作の舞台となった2001年当時のインドでは、価格が高すぎて一般女性には買えないという状況だったようです。

01

そもそもの始まりは、妻が汚れた布を使っていることに気付き、衛生的に問題があると感じたアルナーチャラム・ムルガナンダム氏が妻のために生理用品を買おうとしたこと。彼が暮らしていたタミルナードゥ州コインバトール県(Coimbatore)にある小さな村では、生理用品があたかも禁制品のようにひっそりと売られていたそうです。

02

中学を中退してから町工場で働いていた彼は、その価格(映画では5枚で55ルピーだったと思います)に驚き、ナプキンを分解して自作を試みます。最初は妻に実験台になってもらうのですが、うまく機能しなくて断られるようになります。続いて他の家族に頼んだり、医学校の女子学生に頼んだりしたようですが、そのうち、自分自身で装着し、サッカーボールの空気袋に入れたヤギの血で実験を進めます。

04

そんな彼に家族が愛想を尽かして出て行ってしまうわけですが、それにもめげずに孤軍奮闘し、最終的に小さな自作機械でナプキンを製造できるようになります。

彼の偉いところは、その特許などで金儲けしようと思わなかったこと。貧困層の女性たちが機械を入手できるようにして、彼女たちが生理用品を製造して販売することで自立できるようにしたのです。

03

それで注目が集まり、アミット・ビルマニ(Amit Virmani)監督がドキュメンタリー映画を撮ったり、元女優のトゥウィンクル・カナ(Twinkle Khanna)が“The Legend of Lakshmi Prasad”という短編集の一編“The Sanitary Man of Sacred Land”の題材にしたりします。

08

そのトゥウィンクル・カナがプロデューサーを務め、彼女の夫であるインド映画の大スター、アクシャイ・クマール(Akshay Kumar)が主役を演じたのがこの作品。アクシャイ・クマールがどのくらいの大スターかといえば、フォーブス誌の2018年「世界で最も稼ぐ男優」ランキングで、6位のウィル・スミスに次ぐ第7位につけています。8位がアダム・サンドラーですから、ボリウッドスターの凄さがよくわかりますね。ちなみに、この映画に自分自身の役で出ているアミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan)も数年前に同ランキングのベスト10に入っていた人気俳優です。

06

R・バールキ(R. Balki)監督が手がけた本作は、要所要所で実話を取り入れながら大幅に創作を加え、とても娯楽性の高い作品に仕上げられています。ラブロマンス的な要素やコメディ的な要素もありますし、インド映画お約束のダンスシーンも出てきます。インドの一般大衆向けには、有名スターが笑いと感動のあるわかりやすいストーリーを演じることが大切なのでしょう。おかげで日本人にとっても、エンターテインメントとして十分に楽しめる上に、異文化の発見があるお得な作品になっています。

10

映画の物語では、伝統の中で暮らす妻(実際はシャンティですが映画ではガヤトリ)と彼のビシネスをサポートするパリーというインテリ女性の対比が一つの切り口になっている他、生理中は家族と食事することも家の中で寝ることも許されないという当地の風習や、貧困とドメスティックバイオレンス、教育機会、閉鎖的な社会での抑圧といったさまざまな女性問題が上手に取り込まれています。またパリーを男手ひとつで育てた父親がシーク教徒の学者というあたりも、ある種のリアリティがあって面白いと思いました。

09

全体的に盛り上げ方のうまい作品ですが、特に感動的なのは、映画ではラクシュミという役名になっている主人公が国連本部で演説するシーン。わざわざNYに行ってロケをした甲斐があるというものです。都会的な背景にそぐわないインドなまりの英語が内容にぴったりで、聞いているうちにグッときてしまいます。

11

この場面は映画の創作のようですが、今年の国際女性デーに国連本部で行われた式典では、アルナーチャラム・ムルガナンダム氏がビデオメッセージを寄せていました(こちらの動画の1h54m30sあたりから)。また、2012年5月のTED Talkでも本人のスピーチ(こちら)が聞けます。インドなまりが強くて聞き取りにくい英語ですが、日本語字幕も表示できますので興味のある方はご覧になってみてください。

公式サイト
パッドマン 5億人の女性を救った男Padman

[仕入れ担当]

2018年12月 8日 (土)

Gift for Her 2018:冬の澄んだ空気に映えるブルーのピアス

ただいま出店中の渋谷・Bunkamura クリスマスイベント 「マルシェ ド ノエル」では、クリスマスギフトに最適なジュエリーをご紹介しています。特にピアスの種類は豊富です!ぜひ今週末は、東急文化村 1階 メインロビーフロアまでご覧にいらしてください!!

こちらは、ジョイドアート(joid’art)が得意なエナメルワークのピアスです。直径1センチほどのスターリングシルバー(SV925)に、濃淡あるブルーのエナメルで色付けしています。

3848_1

ガウディ建築・グエル公園のモザイクタイルを表現したデザイン。瑞々しい色合いが、冬の陽光になじみます。

<#3848:joid'art Gaudí INSPIRATION ピアス サークル>
3848_2
shop_now

ブルーグリーンのクリソコラが揺れるピンクパウダー(PINK POWDER)のピアスです。

4128_1

大胆にカットされた天然石が人気のシリーズ♪ 明るい太陽をイメージした18Kゴールドコーティングのスターリングシルバー製モチーフが華やかです。

<#4128:PINK POWDER ピアス SUNBURST クリソコラ>
4128_2
shop_now

同じく、太陽を表現したモチーフと天然石を組み合わせたピンクパウダーのピアスです。

4127_1

12月の誕生石でもあるラピスラズリをセットしています。古くから愛され続けている聖なる石で幸運を引き寄せましょう♪

<#4007:PINK POWDER ピアス SUNBURST ラピスラズリ>
4127_2
shop_now

〜臨時休業のお知らせ〜
11月26日(月)から12月11日(火)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品についてはメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年12月 7日 (金)

Gift for Her 2018:キラキラのジルコニア・ピアスと、モコモコのベビーアルパカ・ニット帽を贈り物に♡

もうご覧いただけましたか? モナドの公式ウェブサイトでクリスマスにぴったりなジュエリーを特集中です。ぜひチェックしてみてくださいね♪

さて本日は、キラキラのジルコニアをちりばめたホルヘ・モラレス(jorge morales)の大人気ピアスに、モコモコの編み地がかわいい♡ニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)のニット帽をコーディネートしてみました♪♪

4026_4092

ラウンド型のフェミニンなブーケを表現しています。透明感のあるファセットカットのジルコニアが華やかです。

<#4026:jorge morales ピアス BOUQUET ラウンド ジルコニア>
4026_1
shop_now

さっと着けられるフックピアスは、ついつい連日選んでしまいますよね♪

4026_2

上質なベビーアルパカを編み込んだシンプルなビーニーは、大人のカジュアルにぴったりです。グレーを混ぜたローズピンクは、ダークトーンのコーディネートを明るくみせてくれます。

<#4092:Nicki Marquardt LEVI ローズ>
4092_1
shop_now

毎日のお出かけはもちろん、年末年始の旅行、初詣の装いにも重宝します♪

〜臨時休業のお知らせ〜
11月26日(月)から12月11日(火)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品についてはメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年12月 6日 (木)

アヤメのぬくぬくソックスと温泉宿♡

風情ある温泉宿で、ぬくぬく、ふかふかのアヤメ(Ayamé)ソックスを履いてみました♡

3830_1

忙しい毎日を忘れて寛ぐ贅沢な時間。

3830_2

コットンとナイロンを編み込んだ厚地の PANELED CAMOUFLAGE ソックスは、ハート柄をカムフラージュしたラブリーなデザインです。

<#3830:Ayamé パネルカモフラージュソックス ピンク>
3830_3
shop_now

ポップな色柄の POLKA DOTS が、楽しい旅の気分を盛り上げます♪

3953_1

ほど良いフィット感と丈長めのソックスは、湯あがりにちょうど良いですよね♪♪

<#3953:Ayamé ポルカドットソックス カーキ>
3953_2
shop_now

朝の散策では、色鮮やかな FLAGS ソックスを合わせてみました。

3827_1

今季のトレンド、ネオンカラーがきいていて、足取りも軽やか!一日中、元気に動きまわれそうです!!

<#3827:Ayamé フラッグスソックス ブルー>
3827_2
shop_now

ご紹介のソックスは、12月9日(日)まで開催中の渋谷・Bunkamura クリスマスイベント「マルシェ ド ノエル」でご覧いただけます♡

〜臨時休業のお知らせ〜
11月26日(月)から12月11日(火)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品についてはメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年12月 5日 (水)

ペルシャヒョウをモチーフにしたカムフラージュ柄とチェック柄のリバーシブル・ストール

平年より暖かいと予想されている今年の冬におすすめのストールです。アメット&ラデュー(amet & ladoue)の動物寓話からインスパイアされた SAXICOLOR コレクション。幅40センチ、長さ190センチとボリュームを抑えたスタイルです。

4114_1

ペルシャヒョウをモチーフにしたカムフラージュ柄のモダール×ウールの混紡生地と・・・

<#4114:amet & ladoue SAXICOLOR グリーン>
4114_2
shop_now

チェック柄のウールを合わせた二枚仕立てになっていますので、しっかり巻くと暖かい!

4114_3

二枚の生地をプレスして素材感を変えたストール裾にもご注目ください。

4114_4 4114_5

断ち切りのフリンジをいかしたアフガン巻きは、お顔まわりにボリューム感を持たせます。左右で柄を変えたエディター巻きは、縦長シルエットでスタイルアップ♪ ジャケットやコートのシルエットに合わせて巻き方をお楽しみください♪♪

4114_6

〜臨時休業のお知らせ〜
11月26日(月)から12月11日(火)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品についてはメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年12月 4日 (火)

ジョイドアート2018秋冬の新作:ナチュラルな印象の色ガラス CARAMEL ネックレス&ピアス

自然や生命の喜びを甘いカラメルにたとえたジョイドアート(joid’art)の CARAMEL コレクション。普段使いにぴったりなペンダントとピアスをご用意しました♪

Ja_caramel_1

軽量で硬質なボロシリケイトガラスと、マットな質感のスターリングシルバー(SV925)フープを繋いでいます。

<#4132:joid'art CARAMEL ネックレス ブラウン>
4132_1
shop_now

首元ですっきりとしたV字を描くネックレスチェーンは、45センチから49センチまで長さを調節可。モチーフ部分をチェーンから取り外せますので、素材の違うレザーコードや長さの違うチェーンに付替えもできます。

4132_2

濃厚なハニーブラウンと、深い森をイメージさせるグリーンの2色からお選びください♪

Ja_caramel_2

シンプルなフォルムと、ナチュラルな色合いが、毎日の装いのアクセントにぴったりです。

<#4130:joid'art CARAMEL ネックレス グリーン>
4130_1
shop_now

光を柔らかく透過させる色ガラス。

Ja_caramel_3

縦の長さ2.8センチのほど良い大きさのピアスです。

<#4131:joid'art CARAMEL ピアス ブラウン>
4131_1
shop_now

微かな揺れ感を楽しめるデザインは、お顔まわりを華やかにみせてくれると人気あり!

Ja_caramel_4

季節を問わず、長くご愛用いただけます。

<#4129:joid'art CARAMEL ピアス グリーン>
4129_1
shop_now

〜臨時休業のお知らせ〜
11月26日(月)から12月11日(火)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品についてはメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年12月 3日 (月)

映画「バルバラ セーヌの黒いバラ(Barbara)」

00 現在、Bunkamura ル・シネマで上映中の映画です。

チキンとプラム」「毛皮のヴィーナス」のマチュー・アマルリック(Mathieu Amalric)が、「さすらいの女神たち」に続いて監督と俳優を兼務した本作。伝説的シャンソン歌手、バルバラの伝記映画を撮影中の監督という役で出ているのですが、その劇中劇でバルバラ役を務める主演女優を、私生活で元パートナーだったジャンヌ・バリバール(Jeanne Balibar)が演じるという、ちょっとややこしい仕掛けになっています。カンヌ映画祭“ある視点”部門(Un Certain Regard)で詩的映画賞(Prix de la poésie du cinéma)を受賞したというポエティックでフランス映画らしい作品です。

フランスの国民的歌手だったバルバラは1930年6月9日生まれ。今年の春に観たシャンソン歌手の「ダリダ」は1933年生まれですから同時代に活躍したシンガーですが、明るく力強い打ち出しのダリダとは反対に、バルバラはピアノの弾き語り主体の歌い手で、邦題のサブタイトル通りの印象。彼女の私生活には謎が多いそうですが、ユダヤ系であるが故に迫害された少女時代、晩年に自伝で明かされた実父による性的虐待、エイズによる最期など実人生も暗いイメージに包まれています。

01

映画監督のイブ。少年時代から思い入れのあるバルバラの映画を撮影中です。そのバルバラを演じる主演女優がブリジット。監督はバルバラを知る関係者にインタビューして知識を積み上げ、主演女優はバルバラの歌声や動作を真似して彼女になりきろうとします。

撮影が進むにつれて、イブの内面にあるバルバラのイメージがどんどん膨張していき、彼の意識の中にあるバルバラと、バルバラを演じるブリジットの区別が曖昧になっていきます。またブリジットも、自らの価値感とバルバラの価値感が混ざり合い、演じる役柄と日常の境界がおぼろげになっていきます。

03

その結果、観客が目にしているジャンヌ・バリバールが、ブリジットなのかバルバラなのか、次第にわからなくなっていきます。さらに映画の中で監督を務めているのがマチュー・アマルリック演じるイブ、その映画を撮っているのがマチュー・アマルリックという入れ子の構造になっていることと、バルバラが歌った数々の名曲と実際のステージ映像が散りばめられていることで、事実と創作の垣根もなくなっていきます。その重層的な作りが、バルバラのミステリアスな存在感、複雑な精神性を表出させていくわけです。

06

“16歳のとき、好きなことをやりなさいとあなたに囁かれた”と語るイブにとって、バルバラは人生に希望を与えてくれた女神のような存在です。そんなバルバラが憑依したかのように演じるブリジットのことも次第に神格化していってしまいます。そして、そのブリジットを演じるジャンヌ・バリバールがイブを演じるマチュー・アマルリックの元パートナーであることで、観客は迷宮のような世界に引き込まれてしまうのです。

05

そういった意味で本作は、映画「ダリダ」のように実在人物の伝記的事実を教えてくれる映画ではありません。ある程度、バルバラのことを知っている人が、その生き方をどのように描くか観に行くタイプの映画ですので、ジャンヌ・バリバールの演技こそ最大の見どころといって良いでしょう。

10

悲しみよ こんにちは」でペギー・ロッシュ、「グレース・オブ・モナコ」で伯爵夫人を演じて、脇役ながら大きな存在感を示したジャンヌ・バリバール。本作でも内面に抱える様々な感情、ころころと変わる喜怒哀楽を巧みな演技力で表現しています。これでセザール賞の主演女優賞に輝いたというのも納得です。

02

オープニングのクレジットから洒落た映像で雰囲気を作り上げていく映画です。シャンソン好きの方はもちろん、クリストフ・ボーカルヌ(Christophe Beaucarne)の映像がお好きな方にもお勧めです。

公式サイト
バルバラ セーヌの黒いバラBarbara

[仕入れ担当]

2018年12月 2日 (日)

ロマンティック ロシア Bunkamura ザ・ミュージアム

19世紀後半から20世紀初頭に、祖国・ロシアを愛した芸術家たちの絵画を集めた展覧会です。昨日からイベント出店している、渋谷・Bunkamura ザ・ミュージアムで開催しています。

Russia_1

広大な自然や人物像を描いた作品の数々は、ロシア美術の殿堂、国立トレチャコフ美術館コレクションの72点。

Bunkamura ザ・ミュージアムでは10年ぶりの展示となるイワン・クラムスコイ作《忘れえぬ女》をはじめ、赤いヘアバンドを巻いた少女やしずく型の真珠のイヤリングを着けた婦人などの女性肖像画にうっとりします。
雪解け水で川があふれ、草花が芽吹く春のロシア、赤や青の服を着た女性たちが干し草を作る夏、深い森が黄金色に染まる秋、3頭立ての馬車・トロイカが疾走する冬など四季の風景はとても雄大です。

Russia_4

街の風景も、ロシアならではの独特な佇まいをみせています。聖堂の玉ねぎ型の屋根は、雪が落ちやすくするために設計された説もあるそう。

Russia_3

帝政ロシアの日常と、その時代を生きた芸術家たちの視線に想像を掻き立てられます。

ロマンティック ロシア
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_russia/
2019年1月27日(日)まで

[店長]

2018年12月 1日 (土)

人気のピンクパウダーからクリスマス特別入荷!ガーネットやラピスラズリのネックレス&ピアス

クリスマスまであと25日♡ お出かけの機会が増える12月に大活躍するピンクパウダー(PINK POWDER)のネックレス&ピアスが届いています。本日からスタートする渋谷・Bunkamura クリスマスイベント「マルシェ ド ノエル」 でもご紹介していますので、ぜひご覧にいらしてください♪

4151_4154

小さなラピスラズリが楽しくスイングするピアスです。

<#4151:PINK POWDER ピアス DISC ラピスラズリ>
4151_1
shop_now

18Kゴールドをコーティングしたスターリングシルバー(SV925)製ディスク型モチーフに、天然石のフリンジをあしらったピアスは人気で、これまでにパールオニキスをご紹介していますが、今回セットで着けられるネックレスもご用意しました♪

<#4154:PINK POWDER ネックレス DISC ラピスラズリ>
4154_1
shop_now

チェーン長さは38.5センチ、2センチのアジャスター付きで微調整が可能です。瑠璃色のラピスラズリは、ネックレスとピアスのセットで着けるとキリっとした印象を与えてくれます。

4154_2 4154_3

ワインレッドのガーネットです。

<#4152:PINK POWDER ピアス DISC ガーネット>
4152_1
shop_now

表面を叩いて陰影をつけたディスクと、ガーネットのフリンジがエキゾチック。

<#4155:PINK POWDER ネックレス DISC ガーネット>
4155_1
shop_now

オフホワイトのニットに映えそうです♪

4155_2

乳白色やベージュ色のオパールもあります。

<#4153:PINK POWDER ピアス DISC オパール>
4153_1
shop_now

ネックレスは、オパールを連ねたチェーンと、オレンジ色のカーネリアンを下げたディスク型モチーフの組み合わせ。

<#4156:PINK POWDER ネックレス DISC オパール×カーネリアン>
4156_1
shop_now

優しい色合いで女性らしさを引き立てます。

4156_2

ファセットカットの天然石を贅沢にあしらったネックレス&ピアスは、思いのほかリーズナブル♪ ぜひ、モナドの公式ウェブサイトでチェックして見てくださいね♪♪

〜臨時休業のお知らせ〜
11月26日(月)から12月11日(火)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品についてはメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年11月30日 (金)

映画「アース:アメイジング・デイ(Earth: One Amazing Day)」

00 10年前に公開されたBBCのドキュメンタリー「アース」の続編です。このブログで4年前にご紹介した「ネイチャー」もBBCの製作でしたが、そのときのプロデューサー兼ディレクターだったニール・ナイチンゲール(Neil Nightingale)が今回はエグゼクティブプロデューサー、アソシエイトプロデューサだったスティーブン・マクドノー(Stephen McDonogh)がプロデューサーを務めています。

また本作は前作とは違い、英国のBBCと中国の上海尚世影業との共同製作で、英語版はロバート・レッドフォード(Robert Redford)、中国語版の「地球:神奇的一天」はジャッキー・チェン(Jackie Chan)がナレーションを務めています。ちなみに中国語版のスクリプトを書いた厳歌苓(Geling Yan)は米国在住の中国人作家で「妻への家路」の原作者。この豪華な顔ぶれからも中英合作という新たな試みに対する中国側の思い入れが伝わってきます。

なお日本語版のナレーションは俳優の佐々木蔵之介さんです。

映画は、地球上で暮らすさまざまな生き物の1日を太陽の動きに沿って紹介していくもので、スタートは夜明けから。

02

ケニアの草原で獲物を狙うサーバル(ネコ科の肉食獣)などが紹介されますが、最初のインパクトある映像はガラパゴス諸島のウミイグアナでしょう。

13

陽光を浴びて身体を温めないと自由に動けないというこの生き物。朝から岩場に並んで日向ぼっこしています。その隙間を通り抜けていくガラパゴスヘビにとって、大人のウミイグアナは関心外のようです。

14

同じ頃、砂地でウミイグアナの子供が孵化します。こちらはガラパゴスヘビの大好物で、砂の中で孵ったウミイグアナは天敵を避けながら安全な岩の上に逃げなくてはなりません。これがなかなか緊迫感のある追いかけっこで、スクリーンを観ながら肩に力が入ってしまう感じです。

01

午前中、昼時、午後、夕方、夜と、世界中のさまざまな生き物を映像に収めていくのですが、陸地だけではありません。巨大なマッコウクジラの親子も出てくれば、北極海の氷の裂け目を抜けていくイッカクも登場します。

05

小さい方ではミツバチと闘うエクアドルのラケットハチドリや、ハンガリーのティサ川で短い生涯を終えるモンカゲロウ、ニュージーランドの洞窟で光り輝くヒカリキノコバエの幼虫など珍しい生き物を間近から観ることができます。

06

中国との共同製作ですから、もちろん野生のパンダも登場します。パンダが竹や笹しか食べないことは知っていたのですが、竹は栄養分が少ないので多量に摂取しなくては身体が維持できず、そのせいで大人のパンダは1日14時間も食事に充てるそうです。つまり起きている間はずっと食べ続けているわけで、ああ見えてもいろいろ大変なんですね。

09

それから絶滅危惧種のハクトウラングールも登場します。親の体毛は頭が白くて身体は灰褐色、赤ちゃんは明るいオレンジ。夜になる前に絶壁の岩場を駆け上るのですが、落ちないように親にしがみついている赤ちゃんの必死な様子が愛らしくて見入ってしまいます。

07

これはスゴイ!と思ったのは、ザボドフスキー島のヒゲペンギン。午前中かけて海で狩りをして、腹一杯に小魚を入れて戻ってきた親ペンギンは、荒波に洗われながら急な岸壁をぴょこぴょことよじ上ってきます。残った片親に護られて待つ子ペンギンの元に戻っていくのですが、島の平らな部分に上がると見渡す限りペンギンだらけ。圧巻としか言いようがありません。よく自分の家族を見つけるね、と感心しつつ、ここにテントを張って寝泊まりしながら撮影したというスタッフの忍耐力にも驚愕してしまいます。

11

こういった驚異的な映像は、ここ数年間で飛躍的に進化した技術の賜とのこと。モンカゲロウを撮ったPhantom Flex4Kというカメラは1秒あたり1000コマ以上の撮影が可能だそうですし、ハクトウラングールを撮った際はRED Epicカメラを8ローター(8プロペラ)のドローンに搭載して飛ばしたそう。ローライトカメラの性能が向上して夜間の映像も格段にきれいになっています。

03

その他、キリンの決闘や超希少種のピグミーミユビナマケモノなど興味深い映像もあり、ヒグマの毛繕いなど爆笑映像もあり、楽しい1時間半を過ごせます。子どもはもちろん、大人も楽しめる作品です。

10

公式サイト
アース:アメイジング・デイEarth: One Amazing Day

[仕入れ担当]

«ヘレナ・ローナー2018年秋冬新作:ざっくりニットに♡ ころんとしたポーセリン&レジンのトライアング型ブローチ

フォト