2018年5月21日 (月)

映画「フロリダ・プロジェクト(The Florida Project)」

00 去年観た「タンジェリン」は2人のトランスジェンダーを軸にL.A.のストリートシーンを捉えた作品でしたが、本作はフロリダのディズニー・ワールドのそばにあるモーテルを舞台に、その日暮らしのシングルマザー母娘を描いていきます。常に生活の不安に苛まれている人たちですが、子どもたちの明るさと、ショーン・ベイカー(Sean Baker)監督らしい美しい映像のおかげで陰鬱さはありません。

映画のスタートは、6歳の女の子ムーニーと男の子スクーティが、外壁が鮮やかにペイントされたモーテル“Magic Castle”に向かって駆けていく場面。タイトルバックで流れるクール・アンド・ザ・ギャング“Celebration”の躍動感そのものの映像です。そして近所のモーテル“Futureland Inn”の2階外廊下に上がり、車を目がけて唾を飛ばす遊びをします。

すぐに車の持ち主であるステイシーに見つかってしまい、叱りつける彼女を尻目に自分たちが暮らす“Magic Castle”に逃げ帰りますが、結局、居所がバレて母親ヘイリーと一緒に車を掃除しに行くことになります。そこで知り合ったのがステイシーの孫娘ジャンシー。母親がだらしなくて、兄弟と一緒に祖母ステイシーが引き取った女の子です。

02

ヘイリーの仕事は、ディスカント店で仕入れてきた香水の路上販売。ホリデーインなど、ディズニー・ワールド目当ての裕福な観光客が泊まるホテル周辺で、行き交う人たちにブランドものの香水を売りつけます。同じエリアのホテル宿泊者といっても、ヘイリーやムーニーが暮らす“Magic Castle”の宿泊者とは違った階層の人たちなのです。

06

そういった状況がよくわかるのが、映画の序盤にある、ブラジルからのハネムーン客が間違って“Magic Castle”に来てしまう場面です。英語ができる新郎がフロントと話している横で、ポルトガル語で文句を言い続ける新婦。それを見ていたムーニーが冷ややかに“ I can always tell when adults are about to cry”(私には大人が泣くときがわかるの)とスクーティに囁き、ここがどういう客層のモーテルか観客に一瞬で伝えます。

14

スクーティの母親アシュレイも“Magic Castle”の長期滞在者です。彼女はヘイリーと違ってダイナーのウェイトレスの仕事で安定収入がありますが、それにもかかわらずモーテル暮らしをしているところを見ると、他に何か問題を抱えているのかも知れません。アシュレイとヘイリーは一緒に夜遊びに出掛ける仲良しです。

09

ジャンシーとも仲良くなったムーニーとスクーティ。3人で廃墟のモーテルに遊びに行き、暖炉でマクラに火を付けて遊んでいるうちに火事を出してしまいます。ムーニーとジャンシーは誰にも喋りませんでしたが、アシュレイはスクーティの様子がおかしいと思って問い詰め、火事の真相に気付きます。そしてムーニーたちと会ってはいけないと言い渡すのですが、そのとき彼女が口にするのはCPS(児童保護サービス)のこと。トラブルがあれば息子を取りあげられてしまう、そのリスクを避けるためにヘイリーとは縁を切るという、息子第一の母親なのです。

05

ある日、例によってどこかのホテルの敷地内で香水を売っていたヘイリーが、そこの警備員とモメゴトを起こして商品を失ってしまいます。収入源がなくなりモーテル代を払えなくなったヘイリーは背に腹を変えられずネットで体を売るのですが、結局、これが事態を大きく変えていくことになります。エンディングで流れるオーケストラバージョンの“Celebration”と、その背景となるディズニー・ワールドの夢の世界が切なさを増幅させます。

01

本作の最大の見どころはショーン・ベイカーが創り出す独特の世界観ですが、ムーニーを演じたブルックリン・プリンス(Brooklynn Prince)とジャンシーを演じたバレリア・コット(Valeria Cotto)の瑞々しさがよく効いています。前作「タンジェリン」と同様に、キャスティングの妙が大きく貢献するタイプの作品です。

20

そういう意味では、地味な役どころであるモーテル管理人ボビーに、本作で唯一の有名俳優ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)を配したところも上手いと思います。管理人という立場から見ればヘイリー母娘は困った客ですが、それにもかかわらず彼女たち弱者に温かく接するボビーの存在がこの映画の大きな救いになっています。

07

ムーニーの母親ヘイリーを演じたのはリトアニア出身のブリア・ビネイト(Bria Vinaite)。マリファナモチーフのビキニなどをデザインして売っていた人だそうで、監督が彼女のInstagram(こちら)を見つけ、出演が決まったそうです。スクーティの母親アシュレイを演じたメラ・マーダー(Mela Murder)も負けず劣らず個性的な人ですので、彼女のInstagram(こちら)も併せてご覧になってみてください。

03

公式サイト
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法The Florida Project

[仕入れ担当]

2018年5月20日 (日)

ホルヘ・モラレスの2018年春夏新作:2WAYで楽しめるロングチェーンネックレス

着け方ひとつで2連や3連ネックレスとして楽しめるホルヘ・モラレス(jorge morales)の最新作。ディスク型シルバーモチーフを連ねたチェーンと、長さの違う2本のゴールドチェーンを繋げたデザインです。

ディスク型シルバーモチーフをサイドに配して2連にすると、超ロングなシルエットに♪ 長さ約109センチと130センチのレイヤーが優雅に揺れます。

3874_1

一番長いゴールドチェーンを頭から2重に巻いて、ディスク型シルバーモチーフを首元に引き寄せるように調整すると3連に♪♪ キラリと光るチョーカーが、モードな雰囲気を醸し出します。

3874_2

コーディネートする服やジュエリーの色を選ばないシルバー×ゴールドメタルのミックスです。

<#3874:jorge morales ネックレス C22SS18 シルバー×ゴールド>
3874_3
shop_now

さりげないチェーンの組み合わせが女性らしさを引き立てます。

3874_4

5月22日(火)まで百貨店イベントでご紹介中♪ ぜひお試しにいらしてください♪♪

※ご紹介の商品は通販可能です。モナドの公式サイト monad.jp をどうぞご覧ください。

[店長]

2018年5月19日 (土)

ヘレナ・ローナーの2018年春夏新作:3Dプリンタで制作された表情豊かなロングピアス

3Dプリンタで形作られた樹脂素材のビーズを連ねたヘレナ・ローナー(Helena Rohner)のロングピアスです。レース編みのような質感を持たせ、表情豊かに仕上げています。

3938_1

ご用意したのはアクア、モス、ホワイトの3色。同じ3Dプリンタで形作られたバングルと、ぜひセットでお楽しみください♪

Hr_earrings

カジュアルな装いにぴったりなアクアです。

<#3937:Helena Rohner ピアス vea720L ゴールド 3Dアクア>
3937_1
shop_now

大小のビーズで濃淡があります。

3937_2

大人のモスカラー。18Kゴールドコーティングメタルとの組み合わせでエレガントです。

<#3938:Helena Rohner ピアス vea720L ゴールド 3Dモス>
3938_2
shop_now

長さ約5.5センチのロングシルエットですが、ピアス片方の重さは約1.5グラムしかありません。お手に取られると、あまりの軽さに驚かれると思います。

3938_3

まぶしい夏のホワイト。

<#3939:Helena Rohner ピアス vea720L ゴールド 3Dホワイト>
3939_1
shop_now

小さなパーツは真っ白に、大きなパーツは生成り色に表現されています。

3939_2

イヤリングパーツに付替えられるピアスです。ご希望の方はどうぞお気軽にお申し付けください。※ジュエリーパーツのご紹介はこちら

5月22日(火)まで百貨店イベントでご覧いただけます。

※ご紹介の商品は通販可能です。モナドの公式サイト monad.jp をどうぞご覧ください。

[店長]

2018年5月18日 (金)

カリブ海に浮かぶ色鮮やかな国キューバを舞台にしたストール

カラフルな街並や豊かな自然など色鮮やかな国キューバを舞台にしたストールです。アメット&ラデュー(amet & ladoue)の新作 “MAYARI” は、写真のブルーのほか、赤いチリをご用意しました♪

3971_1

ブルーやピンクをきかせたビビッドなチリです。

<#3970:amet & ladoue MAYARI チリ>
3970_1
shop_now

巻くほどに柔らかく馴染むリネン50%、モダール50%の混紡。

3970_2 3970_3

熱い太陽をたっぷり浴びて大きく咲いた花、CUBAの文字、カラフルなタッセルが楽しく躍ります♪

3970_4 3970_5

125センチ×125センチの正方形です。三角に折ってアフガン巻きにしてみました♪♪

3970_6 3970_7

続いてブルー。

<#3971:amet & ladoue MAYARI ブルー>
3971_2
shop_now

濃厚なグリーンとオレンジをきかせています。装いのアクセントになる色合いです。

3971_3 3971_4

サラリとした着け心地で清涼感がありますが、雨降りの肌寒いときは、ほんのり暖かく包んでくれます。梅雨入り前の今!ぜひチェックしてみてください!!

3971_5 3971_6

5月22日(火)まで百貨店イベントでご覧いただけます。

※ご紹介の商品は通販可能です。モナドの公式サイト monad.jp をどうぞご覧ください。

[店長]

2018年5月17日 (木)

ジョイドアートの2018年春夏新作:ガウディへのオマージュ・コレクション、エナメルネックレスとピアス

シルバーの彫金技術とエナメル技法を駆使したジョイドアート(joid’art)の Gaudí INSPIRATION コレクションをご紹介します。自然に魅せられたアントニオ・ガウディの建築物がモチーフです。

Ja_necklace

ブルーのグラデーションに、オレンジやグリーンなど、さまざまな色の層を重ねています。キラキラと光る木漏れ日のよう。

<#3989:joid'art Gaudí ネックレス シルバー サークル>
3989_1
shop_now

直径約3センチのスターリングシルバー(SV925)を長さ約44.5センチのレザーコードに合わせたデザインです。

3989_2

モチーフは、脱着が楽な大きめ留め金具が付いたレザーコードから取り外せます。装いや気分に合わせて、長さや素材の違うコードと組み合わせてみてください♪※ジュエリーパーツのご紹介はこちら

3989_3 3989_4

バルセロナの澄み渡る空と海をイメージさせるピアス。

Ja_earrings

縦1.2センチ×縦1.1センチの小ぶりなデザインは日常使いに重宝します。

<#3990:joid'art Gaudí ピアス シルバー スクエア>
3990_1
shop_now

百貨店イベントでPOP-UP中のMONADを、joid’artもバルセロナから応援してくれています。ぜひご覧にいらしてくださいね♪

Are you in #Tokyo next week? Visit our partners in the flagship store of SEIBU Department Stores in Ikebukuro and enjoy the "Summer Colors" #Monad have ready for you!

Joid'artさんの投稿 2018年5月11日(金)

※ご紹介の商品は通販可能です。モナドの公式サイト monad.jp でどうぞ。

[店長]

2018年5月16日 (水)

初夏の百貨店イベント本日スタート♪夏色のピアス

本日は気温がぐんぐん上がるようですが、モナドも今日からスタートする百貨店イベントに燃えています!ぜひ西武池袋本店2階アクセサリー売場のスペース by テアトロまでご覧にいらしてください!!

明るい色合いで、はつらつとした気分にさせてくれるターコイズ。夏になると着けたくなるストーンの一つですよね♪

3583_1

直径約2.5センチのフープにひねりを加えてヘレナ・ローナー(Helena Rohner)らしい曲線美を表現しています。

<#3583:Helena Rohner ピアス vea513 フープ シルバー ターコイズ>
3583_2
shop_now

同じくヘレナの作品です。空色のポーセリン(磁器)をスターリングシルバー(SV925)にセットした涼やかなピアス。

3926_1

オーバル型のフープに、ドーム型のポーセリンを合わせています。

<#3926:Helena Rohner ピアス vea714 シルバー セレステ>
3926_2
shop_now

ボリュームを抑えてみせてくれる縦長シルエットが上品です。

3926_3

5月22日(火)まで西武池袋本店でご紹介しています。MONADのウェブサイトでも、夏に映える色とりどりのジュエリーを特集中♪併せてご覧ください♪♪

~臨時休業のお知らせ~
5月14日(月)から5月25日(金)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品については、お気軽にメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年5月15日 (火)

ピンクパウダーの2018年春夏新作:タッセル&天然石が楽しく揺れる大ぶりピアス

大胆かつ鮮やかなデザインが夏の陽射しによく合います。ゴールドのフープ型モチーフに小さなタッセルと天然石をあしらったピンクパウダー(PINK POWDER)の大ぶりピアスです。

3893_1

オレンジ、ブラック、ブルーの3色ご用意しました。

Earrings

オレンジのタッセルには、優しくきらめくベージュジェイドを合わせています。

<#3892:PINK POWDER ピアス VASE016 ベージュジェイド>
3892_1
shop_now

ピアスフックからタッセルの先までの長さは約8センチです。インパクトある色柄が元気を与えてくれます。

3892_2 3892_3

ブラックのタッセルを合わせたヘマタイト。

<#3893:PINK POWDER ピアス VASE017 ヘマタイト>
3893_2
shop_now

軽やかに表現した美しい夏の黒は、装いをスタイリッシュに見せてくれます。

3893_3 3893_4

ニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)のツバ広帽子と合わせてバカンスへ♪

3893_5

鮮やかなブルーはコーディネートの主役になります。エスニックなテイストを強く感じるターコイズジェイドです。

<#3894:PINK POWDER ピアス VASE018 ターコイズジェイド>
3894_1
shop_now

イヤリングパーツに付替え可能なピアスです。片方の重さが約3.5グラムと軽く、イヤリングパーツに付け替えても耳に負担をかけません。ご希望の方はお気軽にお申し付けください。※ジュエリーパーツのご紹介はこちら

3894_2 3894_3

※ご紹介の商品は通販可能です。モナドの公式サイト monad.jp をどうぞご覧ください。

[店長]

2018年5月14日 (月)

映画「さよなら、僕のマンハッタン(The Only Living Boy in New York)」

00 昨年末に日本公開された「ギフテッド」のマーク・ウェブ(Marc Webb)監督が、その直後に撮った映画です。1年間に2作公開というのはこの監督にしてはかなりハイペースですが、そのせいか物語の展開に、やや生煮えっぽい印象を受ける作品です。

とはいえ、さすがマーク・ウェブ監督、映像もロケーションも洒落てますし、雰囲気作りも選曲も気が利いています。原題になっているサイモン&ガーファンクルの“The Only Living Boy in New York”をはじめ、ルー・リードの“Perfect Day”やボブ・ディランの“Visions of Johanna”など、曲のバックグラウンドを知っているとさらに楽しめる仕掛けも、この監督ならではでしょう。

脚本はアラン・ローブ(Allan Loeb)が2004年にUCLAを卒業し、NYに転居して初めて書き上げたものだそうです。若書きというのでしょうか、人生の根幹にかかわる大問題をテーマにしている割に、あまりにもあっさり決着してしまうところが難点。先日観た「ワンダーストラック」もそうでしたが、NYに対する思い入れと、ストーリーや人物造形に対する思い入れをバランス良く収めるのは思いのほか難しいことなのかも知れません。

02

物語の大筋は、大学を卒業して親元を離れたトーマスが、隣人である初老の男と知り合い、彼との交流を通じてひと皮むけるという成長譚。そのきっかけとなるのが、父親の愛人との出会いで、ややマザコン気味のトーマスにとって忌まわしい存在であるはずの彼女に惹かれてしまうところがポイントです。

04

トーマスは大学を卒業して実家を出たものの、いまだモラトリアムな暮らしをしている青年。彼には古書店Pale Fire(ナボコフですね)で働くミミというガールフレンドがいるのですが、彼女には離れて暮らす恋人がいて、それぞれの関係が曖昧な状態です。

01

そんな中、ミミが“ザグレブに留学しようと思っている”と打ち明けたことで、トーマスは身の振り方を決める必要に迫られます。そこで出会ったのが、隣室に引っ越してきたばかりというW・F・ジェラルドで、なぜか彼に人生相談をして、次第に親しくなっていきます。

05

トーマスが暮らすアパートはロウアーイーストサイドにありますが、彼の両親はアッパーウェストサイドのセントラルパークを見下ろすアパートに住んでいます。要するに、エスタブリッシュメントである父親と、それに反発するだけで何ものにもなれない息子という伝統的な構図。小説家になりたいという夢を捨てて出版業を成功させた父親イーサンは、小説を諦めるか否か悩み続けている息子を正しく導いてあげたいと思っていて、似たもの同士であるが故の難しさがあるのです。

15

母親ジュディスは昔、美術評論を書いていたという女性で、結婚してからは心の病もあって、やや引きこもりがちです。といっても実生活に支障が生じるほどではありませんので、表面的には裕福で幸せな3人家族です。

12

ある日、ミミと出掛けたクラブで、父と愛人の逢瀬を見てしまったトーマス。母を裏切った父に対する怒りと、その美しい愛人への興味がないまぜになり、ミミとの関係もあって混乱しますが、最終的に好奇心が勝って彼女を尾行し、父から引き離すという大義名分でその謎めいた女性、ジョハンナと接触します。

06

ユダヤ系の同級生の結婚パーティにミミと出掛けたトーマスは、キッパ帽の富豪に伴われて来ていたジョハンナを見つけます。父だけでなく、金持ちの老人を片っ端から手玉にとっていると思い込んだトーマスが彼女を責めたて、そこから2人の関係が変化していきます。その結果、トーマスと父とジョハンナの3人の問題に発展し、そこにミミの将来と母親の過去が絡みあって、W・F・ジェラルドが語るストーリーに繋がっていきます。

14

トーマスを演じたカラム・ターナー(Callum Turner)、ミミを演じたキーアージー・クレモンズ(Kiersey Clemons)は共に売り出し中の若手ですが、脇を固めた俳優陣はとても豪華です。

03

父親イーサン役は「ゴーストライター」「愛さえあれば」のピアース・ブロスナン(Pierce Brosnan)、母親ジュディス役は先ごろニューヨーク州知事選への立候補表明で話題になったシンシア・ニクソン(Cynthia Nixon)。「セックス・アンド・ザ・シティ」のミランダですね。

17

愛人ジョハンナを演じたケイト・ベッキンセール(Kate Beckinsale)は、「セックス・アンド・ザ・シティ」っぽい外見ながら、元々はケネス・ブラナー監督「から騒ぎ」でデビューしたという英国人女優。オックスフォード大学でフランス文学を学んだというインテリです。

08

そしてW・F・ジェラルドを演じたジェフ・ブリッジス(Jeff Bridges)。「クレイジー・ハート」や「トゥルー・グリット」でアカデミー賞にノミネートされた名優ですが、最近はB級っぽい「キングスマン: ゴールデン・サークル」にも出ていました。彼は本作のプロデューサーも兼務しています。

13

こういったベテラン俳優の演技と、ニューヨークらしい風景やライフスタイルを味わう映画です。映画の公式サイトにロケーションの説明(こちら)がありますので、それをご覧になってから観るとより楽しめます。私はといえば、その昔「ユー・ガット・メール」でNYの書店が全部GAPに変わってしまうと嘆く場面がありましたが、本作ではアーバンアウトフィッターズに変わってしまったと嘆いていて、そういえばUrban OutfittersもAnthropologieも日本には出てこないなぁと思いながら観ていました。

公式サイト
さよなら、僕のマンハッタンThe Only Living Boy in New York

[仕入れ担当]

映画「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル(I, Tonya)」

00 2度の冬季五輪に出場した米国のフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングの半生を描いた作品です。ライバル選手だったナンシー・ケリガンが襲撃された事件で、彼女の関与が疑われてスケート界から追放されるのですが、スキャンダラスなのはそれだけではありません。生まれ育った環境から追放後の生活までスキャンダルだらけで、常に人々の注目を集めてきた彼女。その破天荒な人生を再現フィルム風の映像でとらえ、彼女と関係者に迫っていくことで、ある種の“米国のリアル”を見せてくれます。

先に感想を書いてしまうと、とても面白い映画でした。本質的にはゴシップ雑誌のようなお話ですが、演技も映画の作りもしっかりしていて、深みのある人間ドラマを見たような満足感が得られます。

また、トーニャ・ハーディングの身も蓋もない人生観が丁寧にすくい上げられていて、なぜ彼女がアンチ・ヒロインとしてこれほどまでに人を惹きつけてきたかがよくわかりました。

11

主な登場人物は、トーニャ(Tonya Harding)とその母親のラヴォナ(LaVona Golden)、そしてトーニャの最初の夫であるジェフ(Jeff Gillooly)。その3人に最初のコーチだったダイアン(Diane Rawlinson)と次のコーチを務めたドディ(Dody Teachman)、ジェフの友人で襲撃の首謀者でもあるショーン(Shawn Eckhardt)が絡んで物語が進んでいきます。

06

トーニャのスケート人生の始まりは、4歳の彼女をラヴォナがダイアンに引き合わせたこと。電話でコーチを依頼したものの断られ、ダイアンが教えているスケートリンクにやってきて直談判したのです。もちろん再び断られるのですが、トーニャの滑りを見せて無理やり押し切ってしまいます。12歳でトリプルルッツを飛んだといわれるトーニャ・ハーディングですから、既に4歳で才能の片鱗を見せていたのでしょう。

07

トレーニング三昧の生活に鬼母ラヴォナのスパルタ教育が拍車をかけます。褒めて伸ばす教育法とは正反対の殴って罵って育てる方式です。

ラヴォナはダイナーで働いた収入のほとんどをトーニャに注ぎ込みます。とはいえ、ウェイトレスの収入でフィギュアスケート界のスノッブなノリについていく のは容易ではありません。リンクにはファーコートで通うものだと言われ、トーニャと父親が猟銃で撃ってきたウサギの毛皮を干す場面があるのですが、チームメイトから笑われながらも手作りコートで颯爽と歩く少女トーニャに、彼女の将来が透けて見えるようです。そしてこの母娘の金銭に対する羨望と屈折が、彼女たちのドラマを形作っていくことになります。

05

ほどなくトーニャの父親が家から出て行く場面が描かれますが、トーニャはラヴォナの4番目の夫の5番目の子どもだそうですから、家族全員が揃った生活とは ほとんど無縁だったのでしょう。これは後にオリンピック選考委員から投げつけられる言葉“You're representing our country. They need to see a wholesome American family”に繋がってきます。

12

スケートに注力するため高校を中退させられたトーニャ。毎日8時間練習し、リンク外のことは何も知らないに等しかった彼女は、ジェフと出会い、結婚を決めます。

04

ジェフに対し、ラヴォナはネガティブな印象を持っていたようですが、結果からみれば正しい見解だったのかも知れません。彼の友人であり、トーニャのボディガードを務めていたショーンが先導する形でナンシー・ケリガン襲撃事件が起こるのです。

03

母親のラヴォナも元夫のジェフもトーニャを愛していると言いながら、彼女に依存し、暴力を振るい続けました。傍から見れば異常でも、世間知らずのトーニャにとってはそれが普通だったのでしょう。

彼女もジェフに対しては暴力で応え、この映画で描かれた時代の後も何度か暴力がらみのトラブルを起こしていますので、最後まで貧困と暴力から抜け出すことはできなかったようです。

09

1992年のアルベールビルではトリプルアクセルが不調で入賞を逃したトーニャ。オリンピック4位ではスポンサーも付かないと吐き捨てます。2015年に観た「フォックスキャッチャー」にも通じる、米国アマチュアスポーツ界の経済的格差が垣間見える場面です。襲撃事件の真相は今も明らかになったとは言えませんが、金銭的に報われなかった彼女が1996年のリレハンメルに賭けた意気込みも分からなくもありません。やり過ぎ感のある手作り衣装やグリッターなシャネルロゴのイヤリング(下の写真)が彼女の内面の顕れです。

10

本作でラヴォナを演じたアリソン・ジャネイ(Allison Janney)は今年のアカデミー賞で助演女優賞を獲りました。彼女の演技も非常に素晴らしいと思いましたが、トーニャを演じたマーゴット・ロビー(Margot Robbie)の凄さは一見の価値ありです。

4年前に「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でディカプリオの妻を演じていたときは、まったく印象に残りませんでしたが、本作はまさに彼女の存在感がすべてを動かしていく感じです。アカデミー賞の主演女優賞は「スリー・ビルボード」のフランシス・マクドーマンドに持って行かれましたが、これは相手が悪かったとしか言いようがありません。ちなみに、トーニャの子ども時代を演じたのは「ギフテッド」のマッケンナ・グレイス(Mckenna Grace)で、2人ともこれからの活躍が楽しみな女優さんです。

08

80年代の音楽を中心とした選曲も良くて、トーニャが活躍した時代性と彼女のライフスタイルがとてもよく伝わってきます。

君の名前で僕を呼んで」で人気沸騰中のスフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens )がトーニャ・ハーディングのファンで、この映画に楽曲の提供を申し出たそうですが、時間的に間に合わなくて採用されなかったというエピソードも伝えられていました。この曲のオフィシャルビデオ(Youtube)には、トーニャ・ハーディングがトリプルアクセルを飛んだときの映像が使われていますのでご覧になってみてください。

公式サイト
アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダルI, Tonya

[仕入れ担当]

2018年5月13日 (日)

母の日ギフト2018:きりりと映えるブルーのストールとシルバーピアス

夏の軽い装いにひと巻きするだけでこなれ感がでるアメット&ラデュー(amet & ladoue)のストールを母の日ギフトにお選びください♪
暑い陽射しを遮り、冷房の効いた部屋では肩から羽織ってあたたかく、肌寒い雨の日はぐるぐるっと巻いて◎。いつでもどこでも大活躍するアイテムです。

3966_3987

柔らかなコットン×モダールの混紡は、肌に優しく、しっとりした着け心地をお楽しみいただけます。

3966_1

服の印象を変えてくれる濃厚な色合いです。

<#3966:amet & ladoue FOURNI ストーン>
3966_2
shop_now

耳元には、ジョイドアート(joid’art)のシルバーピアスを合わせてみました。

3987_1

暑い日も涼しげに着けられるフープタイプ。今シーズン、ヘビーローテーションで登場すること間違いありません。

<#3987:joid'art PEBBLES ピアス フープ シルバー>
3987_2
shop_now

※ご紹介の商品は通販可能です。モナドの公式サイト monad.jp をどうぞご覧ください。

[店長]

2018年5月12日 (土)

甘い香りがするポリネシアの花ティアレをモチーフにしたストール

南国の植物をシックに表現したアメット&ラデュー(amet & ladoue)の最新作です。南太平洋に浮かぶフランス領ポリネシアのひとつマンガレヴァ島からインスパイアされたストール。コットン80%とシルク20%の混紡素材は、ふわりと軽く、汗ばむ陽気でもサラリとした着け心地をお楽しみいただけます。

3975_1

甘い香りがするポリネシアの花、ティアレがモチーフです。ネイビーとラストカラーのプリントで落ち着いた印象に仕上げています。

<#3975:amet & ladoue MANGAREVA ネイビー>
3975_2
shop_now

幅100センチ、長さ195センチの大判サイズですが、薄地ですのでボリュームが出過ぎることはありません。

3975_3

鮮やかな発色と美しいドレープに見惚れてしまいます。

3975_4

ホワイトコーディネートのワンポイントに良し!ダークトーンの装いに合わせてもカッコいい!!夏のエッセンスをさり気なく取り入れた大人のファッションをどうぞお楽しみください。

3975_5

※ご紹介の商品は通販可能です。モナドの公式サイト monad.jp をどうぞご覧ください。

[店長]

2018年5月11日 (金)

母の日ギフト2018:美しいグリーン、着け心地の軽いワイヤーネックレス

本日ご紹介する母の日ギフトは、自然をモチーフにしたジョイドアート(joid’art)のコレクションからショートネックレスを2本選んでいます。汗に強く丈夫なワイヤーコードをつかったデザインで、軽やかな着け心地がポイントです♪

3708_3853

真夏の太陽が地中海に沈む瞬間をとらえた SUNSET コレクション。

3708_1

ゆがみを持たせたメタルモチーフに、直接プリントした色合いが独特な質感をもたらしています。

<#3708:joid'art SUNSET ネックレス ゴールド×グリーン>
3708_2
shop_now

緩やかな曲線を描き、優しい印象を与えてくれるワイヤーコードは、ゆったりとした長さ約46センチです。

3708_3

エナメルで色付けした VULCANO コレクションは、力強い火山がインスピレーションの源。独特の質感、立体感あるモチーフ、こちらもジョイドアートらしい職人ワザが光ります。

3853_1

美しいグリーンのグラデーションと、マットなゴールドメタルの組み合わせが上品です。

<#3853:joid'art VULCANO ネックレス>
3853_2 

shop_now

ネックレスの重さは、どちらも10グラム程。着け心地が軽いネックレスは母の日の贈り物に最適です♪

3853_3

※ご紹介の商品は通販可能です。5月13日(日)まで、モナド NEW ウェブサイト OPEN スペシャルキャンペーンで色のあるジュエリーを10%OFFいたします。どうぞお見逃しなくご利用ください。

[店長]

2018年5月10日 (木)

初夏の百貨店イベント♪西武池袋本店に出店します

テーマは、SUMMER COLORS!来週水曜より1週間、西武池袋本店にイベント出店いたします!!最新作が揃っている今お見逃しなく、ぜひご覧にいらしてください!!!

201805_seibu_pop
場所:西武池袋本店 2F アクセサリー売場 スペース by テアトロ
期間:5月16日(水)~5月22日(火)

ビタミンカラーのタッセルネックレスやフレッシュなパールピアスは、百貨店イベントでは初めてご紹介するピンクパウダー(PINK POWDER)ホルヘ・モラレス(jorge morales)から。

Seibu1805_1

伝統的な技法で作られたホワイトエナメルのデイジーリングやブローチはベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)。最先端技術の3Dプリンタで作られた鮮やかな配色のロングネックレスは、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の作品です。

Seibu1805_2

ジョイドアート(joid’art)は、クールなシルバージュエリーを多く選んでみました。
エーゲ海の島々からインスピレーションを得たアメット&ラデュー(amet & ladoue)のストールや、リゾート気分を盛り上げるニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)のサマーハットもあります。

Seibu1805_3

夏の準備に♪ぜひ2階 南ゾーン エスカレーター脇のスペース by テアトロまでお越しください♪♪

~臨時休業のお知らせ~
5月14日(月)から5月25日(金)まで根津の店舗をお休みいたします。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。通販や商品については、お気軽にメール(shop@monad.jp)でお問い合わせください。

[店長]

2018年5月 9日 (水)

スマートなシルエットで毎日のコーディネートに大活躍☆平たく折りたためるサマーハット

先週はブリム広めの “AUSTIN ” をご紹介しましたが、本日はブリム細めの “TUCSON” です。スマートなシルエットで毎日のコーディネートに大活躍するニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)の平たく折りたためる帽子。後ろ姿もこれでばっちり!

3622_1

装いも気分も引き締めてくれるネイビーは、通勤スタイルにしっくりきます。

<#3622:Nicki Marquardt TUCSON ネイビー>
3622_2

幅約6センチのスリムなブリムが特徴です。平たく折りたたんだときのサイズは、縦約11.5センチ、横約33センチ、厚み約1センチ。

3622_3
shop_now

電車の中でも被ったままでOK、混んできたら折りたたんでバッグに入れればかさ張りません。

3622_4 3622_5

かちっとした装いからカジュアルなデニムスタイルまで合わせられるスマートなフェドーラタイプは、マルチに活躍します!

3622_6

夏の帽子選びで色を迷ったら、ベーシックなハニーカラーを選んで◎

<#3620:Nicki Marquardt TUCSON ハニー>
3620_1
shop_now

深くかぶれる高さ約12センチのクラウン、自転車でもオープンカーでも風に飛ばされる心配なしです♪

3620_2 3620_3

ただいまMONADのウェブサイトで帽子を特集中!ぜひご覧ください!!

MONADさん(@monadtokyo)がシェアした投稿 -

2018年 5月月6日午前12時24分PDT

※ご紹介の商品は通販可能です。5月13日(日)まで、モナド NEW ウェブサイト OPEN スペシャルキャンペーンで色のあるジュエリーを10%OFFいたします。どうぞお見逃しなくご利用ください。

[店長]

2018年5月 8日 (火)

母の日ギフト2018:夏のブルー、使い勝手の良いロングネックレス

本日ご紹介する母の日ギフトは、服とのバランスが取りやすく使い勝手の良いロングネックレスです。夏に活躍するブルーを選んでみました♪

3881_3917

青空を意味するセレステカラーのヘレナ・ローナー(Helena Rohner)ポーセリン(磁器)ネックレスは、白いTシャツのワンポイントになります。

3917_1

すがすがしい色合いが、毎日をパワフルに過ごすお母さまにぴったりです。

<#3917:Helena Rohner ペンダント vn721 シルバー セレステ>
3917_2
shop_now

瑠璃色のラピスラズリを贅沢に連ねたピンクパウダー(PINK POWDER)のロングネックレスは、服も同系色でまとめてみました。

3881_1

キラリと光るディスク型モチーフがリズムよく並んでいます。しっとりした雰囲気を醸し出すネックレス、観劇や美術館巡りがご趣味のお母さまに是非♪

<#3881:PINK POWDER ネックレス INRX021 ラピスラズリ>
3881_2
shop_now

※ご紹介の商品は通販可能です。5月13日(日)まで、モナド NEW ウェブサイト OPEN スペシャルキャンペーンで色のあるジュエリーを10%OFFいたします。どうぞお見逃しなくご利用ください。

[店長]

2018年5月 7日 (月)

映画「ザ・スクエア 思いやりの聖域(The Square)」

00 前作「フレンチアルプスで起きたこと」が2014年カンヌ映画祭で“ある視点部門”の審査員賞に輝き、注目を集めたスウェーデンのリューベン・オストルンド(Ruben Östlund)監督。何と!この最新作で2017年のパルムドールを獲ってしまいました。

「フレンチアルプス……」は、とても奇妙な作品でしたので、この監督も有名になって作風を変えたのかと思いましたが、あの“間の悪い感じ”は健在でした。ちなみに2017年の審査委員長はペドロ・アルモドバル。しばらく「アイム・ソー・エキサイテッド!」を撮ったり、「人生スイッチ」をプロデュースしたりといった時期がありましたので、こういった一筋縄ではいかないコメディ映画に意識が向いていたのかも知れませんね。

ということで、笑いがひねくれている上に2時間半の長さですので、話題作とはいえ、どなたにでもお勧めできる映画ではなさそうです。

舞台となるのはストックホルムの現代美術館“X-Royal”。宮殿(Sveriges Kungahus)の一角に作られたミュージアムという設定で、後ほど、入口に向かって歩いてきた中国人観光客に“王宮はあちらです”と言って追い返す、さりげない差別ネタ(=どうせ現代美術に興味あるはずない)が挟み込まれたりします。

06

そういった特権的な意識と場所を背景に、現代美術の世界にはびこる偽善や俗物ぶりを俎上に上げ、この監督ならではのイジワルな視点で料理していく映画です。

02

始まりは、美術館の自主企画であるインスタレーションの発表の場。今回の展示作品“ザ・スクエア”は、地面に埋められた13フィート(約4m)四方の光る枠で、その中ではすべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われるという理念を示しています。その責任者であるキュレーターのクリスティアンが、記者のアンからインタビューを受けるのですが、いきなりチグハグぶりを発揮して笑わせます。

01

たとえば美術館のウェブサイトに掲載されている展覧会のコンセプト。よく理解できなかったのですが、とアンがサイト上の文章を読み上げるのですが、文章があまりにもコンセプチュアルで、クリスティアンにも説明できません。何とか場を取り繕おうとするクリスティアンの視線が泳ぐあたりがリアルでいい感じです。

03

その後、通勤中のクリスティアンが、夫のDVから逃げているという女性を助けます。というか、彼女を助けようとしている人に協力を求められます。善良なインテリであるクリスティアンとしては無視するわけにはいきませんので、気持ちは退けながらも手助けするのですが、その場を離れてすぐ、電話と財布を掏られたことに気付きます。いかにもこの監督らしい善意の報いです。

04

美術館でその話をすると、スタッフが“Find My iPhone”を使って、彼の電話が低所得者用の公営住宅にあることを突き止めます。そこにスタッフと出掛けて行き、ビラをまいて盗品を返すように訴えるのですが、これが原因となって起こる出来事がこの映画の軸の1つです。

07

そしてもう1つの軸はクリスティアンの私生活での人との触れ合い。離婚した妻との間に娘が2人いて、彼女たちと接するときは善良な父親として振る舞おうとするのですが、いくら表面を繕っても綻びが見え隠れします。また、女性関係においても、相手を信用できないことから妙な主張をして、映画の観客を困惑させ、失笑させます。

20

この2つの軸を絡めながら展覧会のマーケティングを巡るドタバタが描かれていくわけですが、折に触れて現代人を取り巻くさまざまな社会現象、美術界や広告代理店の胡散臭さを風刺していきます。なおこの展覧会のコンセプトはアルゼンチン人アーティスト、ローラ・エイリアス(Lola Arias)のアイディアだと語られますが、どうやら実在の人物とは関係ないようで、本人が文句を言っているという報道(こちら)がありました。

09

主な出演者としては、ほぼ出ずっぱりの主人公クリスティアンを演じたデンマーク出身のクレス・バング(Claes Bang)。あまり有名ではありませんでしたが、本作のヒットを受けて「ドラゴンタトゥーの女」の続編(監督は違います)への出演が決まっているそうです。

10

またジャーナリストのアンを演じたエリザベス・モス(Elisabeth Moss)は、TVドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」で有名になった人ですね。劇場映画では「オン・ザ・ロード」にギャラテア・ダンケル役で出ていました。ジュリアン役のドミニク・ウェスト(Dominic West)は、「パレードへようこそ」でジョナサン・ブレークを演じていた人です。

08

公式サイト
ザ・スクエア 思いやりの聖域The Square

[仕入れ担当]

2018年5月 6日 (日)

ヘレナ・ローナーの2018年春夏新作:超軽量!3Dプリンタで作られたボリュームネックレス

シンプルなコーディネートに映えるボリューム・ネックレスです。3Dプリンタで制作された革新的な素材をつかいエレガントに仕上げたヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の最新作。

3913_1

リネン×ホワイトと、アクア×モスの2種類あります。

3912_3913

ヘレナらしい洗練された色使いです。18Kゴールドコーティングメタルとの組み合わせで上品な仕上がりになっています。

<#3913:Helena Rohner ネックレス vn710L ゴールド 3Dリネン×ホワイト>
3913_2
shop_now

独特な質感に仕上げられたビーズパーツは、ジャガイモやトウモロコシといった植物由来でつくられたPLA樹脂をつかい3Dプリンタで成型されたもの。このボリューム感で、ネックレスの重さは約39グラムしかありません。

3913_3

留め金具には、モチーフに合わせてシンプルなマンテルパーツを採用。

3913_4

鮮やかな配色のアクア×モスです。ベーシックカラーの差し色になります。

<#3912:Helena Rohner ネックレス vn710L ゴールド 3Dアクア×モス>
3912_1
shop_now

ネックレス長さは約81.5センチのロングタイプ。女性らしさを引き立てる優雅な縦長シルエットをお楽しみください。

3912_2

※ご紹介の商品は通販可能です。5月13日(日)まで、モナド NEW ウェブサイト OPEN スペシャルキャンペーンで色のあるジュエリーを10%OFFいたします。どうぞお見逃しなくご利用ください。

[店長]

2018年5月 5日 (土)

夏の必需品!平たく折りたためるツバ広のサマーハット

被りやすく、スタイリッシュで、持ち運びやすいと三拍子そろったニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)の平たく折りたためるツバ広帽子 “AUSTIN”
2015年のモナド初登場以来、毎年ご紹介しているベストセラーですが、お客さまからも「すごく活躍している!」「もう手放せない!!」という声をたくさんいただいています。

3947_1

夏らしいハニーカラーは、毎年ご要望の多いお色で、今回サイズを多めにご用意しました♪モナドのウェブサイトでぜひチェックしてみてください♪♪

<#3947:Nicki Marquardt AUSTIN ハニー>
3947_2
shop_now

こげ茶色のステッチを効かせたスッキリとしたデザインです。カジュアルなスタイルから、フェミニンな装いまで重宝します!

3947_3

キメが細かく、通気性に優れたTOYOペーパーは、滑らかな質感で伸縮性もあり。

3947_4

平たく折りたたんだときの厚みは1センチ程度です。バッグの中でかさ張らず、しなやかな素材ですので他の荷物に押されてもカタチは崩れません♪

3947_5

最初にご紹介した写真ではツバの先を横向きにして、下の写真では少し斜め前にして被ってみました。雰囲気を変えて自由にお楽しみください♪♪

3947_6 3947_7

明るいグレーは優しく上品な印象です。

<#3949:Nicki Marquardt AUSTIN グレー>
3949_1
shop_now

高いクラウンと幅広いブリムで強い陽射しを遮ります。目深にかぶれば風に飛ばされる心配もありません。

3949_2

ご近所のお買い物から旅先まで!お出かけに欠かせない夏の必須アイテムです!!

3949_3 3949_4

※ご紹介の商品は通販可能です。5月13日(日)まで、モナド NEW ウェブサイト OPEN スペシャルキャンペーンでサマーハットを10%OFFいたします。どうぞお見逃しなくご利用ください。

[店長]

2018年5月 4日 (金)

母の日ギフト2018:毎日つかえるモノトーンのジュエリー

本日の母の日ギフトおすすめ商品は、毎日気軽に楽しめるイミテーションパールをつかったジョイドアート(joid’art)のペンダント&ブレスレット。渋く光るブラックコーティングメタルとの組み合わせでシックな趣です。

Ja_fancy

服の色を選ばないモノトーンのジュエリー。V字を描いたチェーンと、Iラインのモチーフが装いを引き締めてみせてくれます。

3833_1

ネックレスの重さは約7.5グラム、軽い着け心地でデイリーに活躍するペンダントです。

<#3833:joid'art FANCY ペンダント>
3833_2
shop_now

同コレクションのブレスレットとセットで着けるとより華やかになります。ご友人との集まりなど、ちょっぴり気取ったお出かけのときに♪

3834_1

高価な天然パールに見劣りしない、美しいイミテーションパールを贅沢にあしらっています。思いのほかリーズナブルですので、ぜひモナドのウェブサイトでチェックしてみてください♪

<#3834:joid'art FANCY ブレスレット>
3834_2
shop_now

※ご紹介の商品は通販可能です。5月13日(日)まで、モナド NEW ウェブサイト OPEN スペシャルキャンペーンで色のあるジュエリーを10%OFFいたします。どうぞお見逃しなくご利用ください。

[店長]

2018年5月 3日 (木)

色のチカラを味方に♪ 新緑の季節に映えるブルー&グリーン

大きく生まれ変わったモナドの NEW ウェブサイト 、もう覗いていただけましたでしょうか?新しく作った “特集ページ”では、イチ押しのジュエリーや季節のアイテムをまとめてご紹介しています。今月は、気分を上げてくれる色鮮やかなジュエリーや夏に欠かせないサマーハットにフォーカス!

新緑の季節にぴったりなジョイドアート(joid’art)の ANAIS ピアスです。昨日ご紹介したニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)ツバ広帽子と合わせてみました。

3984_1

地球のようなムラーノガラスで表現したミルキーなブルーが晴れやか♪

<#3984:joid'art ANAIS ピアス フック ダブル ゴールド>
3984_2
shop_now

大ぶりなポーセリン(磁器)リングと、3Dプリンタで作られたバングルはヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の作品です。

3724_3940

優しげな淡いグリーンカラーが絶妙。

<#3724:Helena Rohner リング vr601L ゴールド ピスタチオ>
3724_1
shop_now

ボリューム感のあるデザインは、コーディネートに取り入れやすい優しい色から選んで◎

<#3940:Helena Rohner バングル vb703L ゴールド 3Dアクア>
3940_1
shop_now

5月13日(日)まで、いま特集している色のあるジュエリーとサマーハットを10%OFFいたします!ぜひモナドの NEW ウェブサイトをご覧ください!!

特集ページは公式サイト< https://monad.jp >のトップページからご覧いただけます。

Newwebsite_5

※このスペシャルキャンペーンは、通販でも根津の店舗でもご利用いただけます。通販では、割引後の価格をご案内いたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

[店長]

«毎日かぶるサマーハット、週末の美術館巡りはブリム広めのコレ♪

フォト