« ローリングストーンズ@東京ドーム | トップページ | パリ装飾美術館「ドリス ヴァン ノッテン・インスピレーションズ」展 »

2014年3月 8日 (土)

ポンピドゥー・センター「アンリ・カルティエ=ブレッソン」展

パリに滞在中、ブラッサイの写真展に続き、ポンピドゥー・センターでブレッソンの写真展を観てきました。

Henri_cartierbresson_1

20世紀を代表するフランスの写真家アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson)が95歳で死去してから今年で10年、それを記念した大回顧展です。展示作品が500点にのぼる本展では、写真のほか、絵画やデッサン、映画や文章など、幅広い視点でキュレーションされています。

Hcb_drawing

ブレッソンは子ども時代、画家を夢見ていたそうで、展示の最初のパートでは、10代の頃に描いていたという絵画がたくさん展示されていました。

そして最後は晩年に描いたポートレイトのデッサン。ブレッソンによると、写真が即時反応(immediate reaction)であるのに対し、絵画は瞑想(meditation)なのだそうですが、偉大な写真家の大回顧展が、絵で始まって絵で終わるというのも構成の妙ですね。

また彼にとって、モノクロ写真は芸術表現(artistic expression)、カラー写真は記録(documentary)であり職業的義務(professional obligation)だそう。だからか、カラー作品があまり重視されていなくて、展示がスライドだけというのも面白いと思いました。

Henri_cartierbresson_2

モナドの[仕入れ担当]はこのブログで書いているように、ブレッソンの展覧会には何度も行き、写真集を何冊も持っているのですが、そんな彼女も「すごかった、来て良かった」と夜まで言い続けるほど充実した展覧会でした。

私は圧倒されて今ひとつ消化しきれなかったので、もし日本に巡回展がやってきたら、もう一度、じっくり見に行きたいと思っています。

Henri Cartier-Bresson Expositions
ポンピドゥー・センター Centre Pompidou
2014年6月9日(月)まで

[店長]

« ローリングストーンズ@東京ドーム | トップページ | パリ装飾美術館「ドリス ヴァン ノッテン・インスピレーションズ」展 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510287/59252053

この記事へのトラックバック一覧です: ポンピドゥー・センター「アンリ・カルティエ=ブレッソン」展:

« ローリングストーンズ@東京ドーム | トップページ | パリ装飾美術館「ドリス ヴァン ノッテン・インスピレーションズ」展 »

フォト