« 映画「黄金のアデーレ(Woman in Gold)」 | トップページ | 映画「SAINT LAURENT/サンローラン」 »

2015年12月 6日 (日)

村上隆の五百羅漢図展 森美術館

これは凄い!と噂になっている村上隆の五百羅漢図展へ行ってきました。日本初公開となる高さ3メートル、全長100メートルにも及ぶ五百羅漢図をはじめ、約30点もの最新作が並び、若い頃のインタビュー映像も観られる展覧会です。

The500arhats_1

五百羅漢は、お釈迦さまの教えを広めるため修行によって煩悩を拭い去り、人々を救うためにこの世にとどまっている聖人たち。ひとりひとりにキャラクターを設定し、表情や袈裟の文様まで描き分け、東西南北をつかさどる四神(白虎、青竜、玄武、朱雀)のパートで構成した現代の羅漢図を創り上げています。

赤い炎をバックにした白虎のパートでは、220もの羅漢が登場。

The500arhats_2

海を舞台に繰り広げられる青竜のパートでは、伊藤若冲へのオマージュ「白いクジラ」が描かれています。

The500arhats_3

北方をつかさどる玄武のパートの羅漢たちは、合掌して祈るポーズが基本。

The500arhats_4

宇宙を背景にした朱雀のパートでは、カンフーのポーズをとる小さな羅漢がいますが、村上氏が自らとったポーズをモチーフにしているものもあるそう。

The500arhats_5

《五百羅漢図》を描くきっかけとなった雑誌連載の「ニッポン絵合せ」についても紹介しています。美術史学者の辻惟雄氏が、狩野永徳や伊藤若冲といった絵師について書くエッセイをお題とし、村上氏が新作で応えたという21番。

こちらは、ニッポン絵合せ5番の《絵難房》です。村上氏の「スーパーフラット」に悪口雑言を浴びせた某評論家を“現代の絵難房だ”と応援する辻氏に対して、“絵難房は辻先生です”と応える村上氏。されこうべの絵の中に辻氏を埋没させてしまいました。

The500arhats_6

いまの村上隆を体感できる贅沢な展覧会。四神がお出迎えしてくれます。

The500arhats_7

村上隆の五百羅漢図展
http://www.mori.art.museum/contents/tm500/
2016年3月6日(日)まで

[店長]

« 映画「黄金のアデーレ(Woman in Gold)」 | トップページ | 映画「SAINT LAURENT/サンローラン」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510287/62812480

この記事へのトラックバック一覧です: 村上隆の五百羅漢図展 森美術館:

« 映画「黄金のアデーレ(Woman in Gold)」 | トップページ | 映画「SAINT LAURENT/サンローラン」 »

フォト