« 早春の百貨店イベントは本日まで♪ 春夏注目を集めるリングやブレスレットもバリエーション豊富にご紹介 | トップページ | とってもお得なアウトレット♪ シックに決まる!ブラック×ゴールドカラーのネックレス »

2016年2月17日 (水)

イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々 パナソニック汐留ミュージアム

ロンドン南西部にあるキュー王立植物園(Royal Botanic Gardens, Kew)は、18世紀半ばに開園してから、これまで22万点ものボタニカル・アートを収集してきた世界有数の植物園です。パナソニック汐留ミュージアムで開催中の「世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュガーデン 英国に集う花々」展では、園が所蔵するコレクション約150点を展示し、植物画のはじまりから、園の歴史、暮らしの中に彩りを添えるボタニカル・アートの名品を紹介しています。

Englishgarden_1 Englishgarden_2_2

キュー王立植物園発展のキーマンの一人に挙げられるのが、植物学者のウィリアム・ジャクソン・フッカー。1841年から園長を勤めたフッカーは、園の面積を7倍以上に広げ、鉄と板ガラスでできた大型温室のパームハウスを建てるなど、研究と知識の普及のために設備を整えていきました。パームハウスの造りは、後に駅舎などに応用されて近代建築にも影響を与えています。

後を継いだ息子ジョセフ・ダルトン・フッカーは20年間にわたって園長を勤め、その間にヒマラヤ探検に挑むなど、友人であるチャールズ・ダーウィンとともに植物学の研究に貢献しました。

本展では、18世紀の植物画家たちが描いた絵画をはじめ、ヴィクトリア時代に活躍した女性旅行家のマリアン・ノースが描いた京都の写生や、ダーウィンを紹介するコーナーでスイレンを描いたウェッジウッド社の陶器皿の展示もあります。

モナドでもボタニカルなデザインはとても人気があります。特に、本展で作品が紹介されていたウィリアム・モリスの「アート・アンド・クラフツ運動」の流れをくむ、モデルニスモの街・バルセロナが生んだ、ジョイドアート(joid’art)のボタニカルジュエリー。35周年を迎える今シーズンは要注目です♪

この展覧会をご覧になってモナドにいらっしゃれば、いち早く春の訪れを感じられると思います。

世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160116/index.html
2016年3月21日(月・祝)まで

[店長]

« 早春の百貨店イベントは本日まで♪ 春夏注目を集めるリングやブレスレットもバリエーション豊富にご紹介 | トップページ | とってもお得なアウトレット♪ シックに決まる!ブラック×ゴールドカラーのネックレス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510287/63221078

この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々 パナソニック汐留ミュージアム:

« 早春の百貨店イベントは本日まで♪ 春夏注目を集めるリングやブレスレットもバリエーション豊富にご紹介 | トップページ | とってもお得なアウトレット♪ シックに決まる!ブラック×ゴールドカラーのネックレス »

フォト