« カラーブロックになったラビットファーフェルトの女優帽♪ | トップページ | ヘレナ・ローナーの2016-17年秋冬新作:鮮やかな色合いとシックな色合いの天然石ピアス »

2016年10月26日 (水)

ニッキ・マーカートの帽子制作現場に潜入取材(!)

昨日お知らせしたとおり、今日は、先月末に訪れたニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)のアトリエの様子をレポートします。

ショップ兼アトリエは、ミュンヘン市街地の中心にあり、界隈には大学、さまざまなショップ、カフェやレストランもある人気エリアです。

Visit_nicki_01

大きなロゴ入りの看板が一際目をひきます。
ちょうど20年前の創業時は、同じ通りの別の場所にあったそうですが、5年後にこちらに移転。戦中に壊滅的に爆破されてしまったミュンヘンの街に残っている、数少ない戦前の建物ということで、歴史的建造物に認定されています。外装などの大規模改装はできないそうですが、それでも、広くなって、立地や雰囲気をとても気に入っているとのこと。

入り口を入った手前側がショップになっています。

Visit_nicki_02

Visit_nicki_03

その奥にアトリエとオフィスが続きます。

その日は、パリ展示会の直前ということで、来春夏の新作モデル作りの大詰めを迎えていました。

Visit_nicki_04

花にみたてた羽根飾りに、スワロフスキーを丁寧に縫いつけていきます。

Visit_nicki_05

すべての工程が手作業です。ドイツの確立した職業教育とマイスター制度が、物づくりの伝統を支えています。

Visit_nicki_06

デザイナーのニッキは、3mm という極細のスイス製クランを使って、デモンストレーションをしてくれました。

Visit_nicki_07

クラン(crin)は馬の尻尾の毛を使った素材のことで、19世紀半ば頃から欧州で広まったスカートを膨らませるペチコートの素材としても使われていたと言えばイメージできるでしょうか。華やかなヘッドピースを作るために使われます。

現在、3mmの極細タイプを扱えるミシンは皆無なのですが、それを可能にしているのが、100年以上昔に製造されたこのミシン。

Visit_nicki_08

そして、20年以上のキャリアが為せる匠の技です。

Visit_nicki_09

たとえば下のヘッドピース。型紙のようなものがあるわけではありません。ミシンで縫い進めながら、カタチを作り上げていくのだそう。切って貼り付けたり、途中で継ぎ接ぎすることもありません。

Visit_nicki_10

こちらもクチュール作品ですが、イタリア・ミラノの 4mm の稲わら素材を使用。デザイナーが新たに開発したスパイラルソーイングのテクニックを駆使して作られています。

Visit_nicki_11

もちろん、アトリエには色とりどりの素材がズラリ。

Visit_nicki_12

彼女のマスターピースであり、2012年に権威あるデザイン賞であるレッド ドット デザイン賞を受賞した(詳しくはこちら)折りたためる帽子など、サマーハットに欠かせない天然素材アバカやトーヨーペーパーも。

Visit_nicki_13

以前、こちらのブログで紹介した英国エリザベス女王のために制作した下の帽子も、このように厳選された素材と卓越した職人技の結晶なんですね。

Visit_nicki_14

秋冬に欠かせない素材・フェルトは、ポルトガル産ラビットファー(兎毛)製。

Visit_nicki_15

フェルトは、熟練の木型職人によってスタイル毎に作られる木型を使って成型していきます。帽子の美しいフォルムは木型で決まると言っても過言ではありません。この積み上げられた木型の数がニッキ・マーカートのキャリアを物語っています。

Visit_nicki_16

今シーズン注目のフェドーラの、高低差のあるトップクラウンもこの木型から生まれています。

Visit_nicki_17

ニッキ・マーカートの上質でスタイリッシュな帽子の数々は、VOGUE誌などのファッション誌にも度々取り上げられてきました。

Visit_nicki_18

パーティーやウェディングなどのスペシャルオケージョンのためのカスタムメイドの帽子はもちろん、オペラや劇などの舞台用の帽子制作も手がけています。

また、訪問した9月下旬はちょうどオクトーバーフェスト(Oktoberfest:世界最大規模のビールの祭典)の最中でしたが、下のような伝統的な帽子(もちろんニッキ流にアレンジ)も作っています。

Visit_nicki_19

デザインと制作のすべてが、ここミュンヘンのアトリエで行われているんです。

Visit_nicki_20

デザイナーのニッキ(中央)、彼女のもとで極意を学びながら、日々、帽子作りに励んでいるヤスミン(右)とアニヤ(左)。他にも2名のスタッフがいて、そのうちの一人はニットが専門、在宅勤務でニット帽制作に取り組んでいます。皆さんとってもフレンドリーです。

ミュンヘンにご旅行などで行かれる際には、ぜひ立ち寄られてください。
「モナドで知った」とおっしゃっていただければ(英語OK)、帽子のあれこれやスタイリングのアドバイスをしていただけるはずです♪

もちろん、モナドでも秋冬新作を展開中。極上の被り心地をぜひモナドでお試しくださいね。お待ちしております♪♪

[仕入れ担当]

« カラーブロックになったラビットファーフェルトの女優帽♪ | トップページ | ヘレナ・ローナーの2016-17年秋冬新作:鮮やかな色合いとシックな色合いの天然石ピアス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510287/64384237

この記事へのトラックバック一覧です: ニッキ・マーカートの帽子制作現場に潜入取材(!):

« カラーブロックになったラビットファーフェルトの女優帽♪ | トップページ | ヘレナ・ローナーの2016-17年秋冬新作:鮮やかな色合いとシックな色合いの天然石ピアス »

フォト