« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

映画「マギーズ・プラン(Maggie's Plan)」

00 気軽に楽しめる1本です。主要な登場人物3人を演じるのは、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ(Greta Gerwig)、「ビフォア・ミッドナイト」「6才のボクが、大人になるまで。」「ブルーに生まれついて」のイーサン・ホーク(Ethan Hawke)、「キッズ・オールライト」「メイジーの瞳」「アリスのままで」のジュリアン・ムーア(Julianne Moore)。興味津々の組み合わせですね。

物語は、グレタ・ガーウィグ演じるマギーが、イーサン・ホーク演じるモテ男ジョンと不倫し、ジュリアン・ムーア演じるジョージェットからジョンを奪い取っておきながら、ジョンをジョージェットに返そうとするもの。知らないうちに夫と元妻がよりを戻していた、というよくある話ではなく、元妻と協働して、夫が元妻のもとに還っていくように仕向けるという新たな趣向です。

21

マギーは大学でアートマネジメントを教えている30代シングル女性。子どもが欲しいと思っているものの、どんな男性と交際しても、半年以上、関係が続いたことがありません。考えた末、大学時代の友人ガイに協力してもらって人工授精で妊娠しようと計画します。

01

その計画を、昔の交際相手トニーに話して呆れられるシーンで映画はスタート。トニーはフェリシアという女性と結婚していて、マギーとの会話も買物帰りにバギーを押して子守をしながら、というあたりが今っぽい感じです。

02

精子提供者のガイは、大学時代には数学がとても優秀だったものの今はピクルス屋を営んでいるという、ちょっと変わり者。数学に強い遺伝子が欲しいということが彼を選んだ理由なのですが、これはちょっとした伏線になっていきます。

03

そんなときに学内で出会ったのが、イーサン・ホーク演じるジョン。ジジェク(Slavoj Žižek)を敬愛する気鋭の文化人類学者であると同時に小説を執筆中とのことで、読んで感想を聞かせて欲しいとマギーに原稿をわたします。いかにも、という感じですね。彼の専門は、字幕ではポストモダンと訳されていましたが、Fictocriticismというオシャレな分野らしいです。

04

そんなジョンに惹かれてしまったマギー。しかし彼にはコロンビア大学の終身雇用資格を持つ優秀な学者であるジョーゼットという年上の妻がいて、子どもも2人います。すんなりとはうまくいかないわけですが、ジョンは小説を書くためにジョーゼットと別れたいと言いだし、結果的にマギーが略奪するかたちに。

11

奪われる側のジョーゼットはジュリアン・ムーアが演じているのですが(「アリスのままで」でもコロンビア大学の教員役でした)、これまたいかにもいそうな感じで笑えます。たとえば映画の後半でマギーと会ったとき、砂糖は控えているの、と言いながらミキサーを回してバターコーヒーを作ったと書けば伝わるでしょうか。つまりジョンとジョーゼットは似たもの夫婦なのです。

23

ジョンと結婚したマギーに念願の子どもが生まれます。しかし3年経つというのに件の小説は完成しません。マギーは家計を支えるばかりでなく、子育ても家事も担当し、その上、ジョーゼットの元で暮らすジョンの子どもを預かったときは、彼らの面倒までみるという忙しさ。ジョンが編集者に会うと言えば、生徒との面接をキャンセルして子どもを迎えにいく有り様です。

10

ふと、重要な相談がある度にジョンに連絡してくるジョーゼットが気になりだします。離婚したとはいうものの、彼らの間にある強い結びつきを感じざるを得ません。

12

そんなわけで、ジョンを支え続けることをやめようと決心したマギーは、ジョンをジョーゼットに返そうと画策し始めます。最初は乗り気ではなかったジョーゼットも、次第に考えを変えて、一緒にプランを推進することになるのですが、そういう無茶苦茶な展開も、何となくあり得そうに感じるのは、彼らの演技力が為せる技でしょう。

08

一歩間違えれば、嘘くさい話になったり、共感できない話になったりしそうなこの映画、監督したのは「50歳の恋愛白書」のレベッカ・ミラー(Rebecca Miller)。大人の女性にしか分からないような、ちょっとした人生の機微のとらえ方が抜群です。原作を書いたカレン・リナルディ(Karen Rinaldi)という方は、どうやら編集者のようですね。小説家である夫との間に2人の息子さんがいるそうです。

16

ついでに記せば、登場人物の1人であるフェリシア。昔の交際相手トニーの妻であり、マギーの友人でもあるという役の女性ですが、彼女を演じたのはポール・トーマス・アンダーソン監督のパートナーであり、「インヒアレント・ヴァイス」にも出ていたマーヤ・ルドルフ(Maya Rudolph)。彼女と、その夫トニーを演じたビル・ヘイダー(Bill Hader)が、映画全体のリアリティを高めているような気がしました。

09

公式サイト
マギーズ・プラン -幸せのあとしまつ-Maggie's Plan

[仕入れ担当]

2017年1月30日 (月)

映画「未来を花束にして(Suffragette)」

00 1910年代英国の女性参政権運動を描いた作品です。私はこういった映画を観ると鼻息が荒くなって冷静さを失いがちなのですが、そのあたりを差し引いてもキャリー・マリガン(Carey Mulligan)の演技は一見の価値ありだと思います。

4年前に「華麗なるギャツビー」のブログで書いたように、観るたびに良い女優さんになっていきますね。「17歳の肖像」「わたしを離さないで」の芯の強い少女から、「ドライヴ」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」のどこか儚げな女性まで幅広く演じられる人ですが、今回は持ち前の透明感を保ちつつ、市井に生きる女性らしい逞しさを滲ませてきます。

周りを固める女優陣も素晴らしくて、活動家仲間のバイオレット・ミラーを演じたアンヌ=マリー・ダフ(Anne-Marie Duff)、リーダー的な位置付けのイーディス・エリンを演じたヘレナ・ボナム=カーター(Helena Bonham Carter)をはじめ、実在の人物であるエミリー・デイビッドソン(Emily Davison)を演じたナタリー・プレス(Natalie Press)、参政権運動の先導者だったエメリン・パンクハースト(Emmeline Pankhurst)を演じたメリル・ストリープ(Meryl Streep)など実力派が揃っています。特にメリル・ストリープは短い登場場面ながらさすがの風格です。

01

物語の始まりは1912年頃の洗濯工場。キャリー・マリガン演じるモードは、そこで生まれ、ものごころついたときからそこで働いている24歳の女性。母親も同じ工場で働いて父親のわからないモードを産み、若くして亡くなりました。洗濯工場といってもピンと来ないかも知れませんが、映画「あなたを抱きしめる日まで」のブログに書いたように女性の過酷な労働を象徴する場所です。

02

そんな場所で働いていても、モードは優しい夫サニーと可愛い息子に恵まれていることもあって、現状を受け入れています。映画の序盤、ウェストエンドへ届け物に行ったモードがショーウィンドウに投石する運動家たちと出くわすのですが、彼女たちへの不快感を隠しませんし、その後、同じ工場のバイオレットから運動に誘われてもあっさり拒否します。

10

息子の喘息の治療に通っている薬局の女主人イーディスが活動家だと知ってもあまり興味を示しませんでしたが、ふとしたきっかけで彼女たちと行動を共にすることになり、バイオレットの代理で議会証言をすることになります。そこで洗濯工場の実態、洗濯工場で働く女たちの待遇について、ありのままに述べるモード。

03

国民保険法の制定などで有名なデビッド・ロイド・ジョージ(David Lloyd George)から、あなたにとって投票はどんな意味をもちますか?と訊かれ、投票できるなんて思ってもみなかったので、どんな意味があるかなんて考えたことはありません、と率直に答え、では何故ここに来たのですか?と問われ、もしかしたら違う生き方があるのではないかと思いました、と述べる場面は最初の大きな見せ場でしょう。

04

その物怖じしない態度が仲間内で評判になり、活動家の一員として行動することになります。映画の原題である“”Suffragette”(サフラジェット)とは、闘争的な女性参政権運動のこと。目的のためには法を逸脱しても構わないという方針は容認し難い部分もありますが、女性にとってあまりにも壁が厚かったこの時代、エメリン・パンクハーストの演説にあるように、50年間も訴え続けて何も成果が出なかったわけです。現代とは大きく事情が異なりますので、急進的な活動に傾いていくことも否定しきれないように思います。

06

ちなみに、デビッド・ロイド・ジョージはこの後、1916年に首相に就任するのですが、その前任者、映画で描かれた時代の首相を務めていたハーバート・ヘンリー・アスキス(Herbert Henry Asquith)は、ヘレナ・ボナム=カーターの曾祖父。映画をご覧になればわかりますが、結局、女性参政権は認められません。反対派だった首相の曾孫が急進派の活動家を演じるという面白さも映画の隠し味になっています。

13

エンディングは1913年6月4日のエプソンダービーで参政権を訴えたエミリー・デイビッドソンが聖人化されていく場面。つい先日も、ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ(Royal Holloway)が新しい図書館に彼女の名前を付けると発表していましたが、やったことの是非はともかく、彼女の遺志を現代に伝えることは、ある意味、時代の要請なのかも知れません。

09

英国で初めて男女平等の普通選挙が行われたのがこの15年後の1928年。フランスや日本では戦後の1945年まで女性に参政権がありませんでした。日本の場合、楠瀬喜多のような例もありますので一概に言い切れない面もありますが、少なくとも欧州では映画の冒頭で告げられるように“Women do not have the calmness of temperament or the balance of mind to exercise judgement in political affairs(女性には政治判断をするための落ち着きも心の平衡もない)”という考えが優勢だったのでしょう。

08

それを象徴するのが、女性参政権運動を取り締まるアーサー・スティード警部であり、モードの夫であるサニーです。特にサニーは、これまでリベラルな役が多かったベン・ウィショー(Ben Whishaw)が演じていることもあって、どこかで考えを変えるのではないかと期待させますが、モードの賃金が重要な世帯収入であるにもかかわらず、男性に従属する女であることを求め続けます。

05

邦題も日本版ポスターもあまりにもあんまりですが、字幕翻訳は寺尾次郎さんなのでひとまず安心です。パッケージより中身と割り切ってご覧になってみてください。

公式サイト
未来を花束にしてSuffragette

[仕入れ担当]

2017年1月29日 (日)

COMING SOON:ヘレナ・ローナー最新ジュエリー、手元・耳元は大胆に♪

昨日に続いてヘレナ・ローナー(Helena Rohner)新作予告編です。
リングもピアスも「ビッグ&カラフル」がキーワード♪

毎シーズン人気のポーセリンリングはスクエアがユニーク。コーラルレッド、エクリュ、イエロー、サンタフェブルーの4色展開です。

Hrss17_comingsoon2_01

メタルだけのドーム型リング。
見事なまでに美しい鏡面仕上げ!

Hrss17_comingsoon2_02

この春夏は手元インパクト主義で♪

Hrss17_comingsoon2_03

太陽が輝く季節は、女性も輝きます!
耳元にもカラフルなポーセリンを。

Hrss17_comingsoon2_04

ブルーのトップスにブルーポーセリンでクールビューティ♪

Hrss17_comingsoon2_08

天然のコーラルとターコイズのピアスも可愛い♥

Hrss17_comingsoon2_05

この日は赤系ジュエリーでまとめていたヘレナ。ショートヘアにコーラルのピアスが最高に似合ってました。

Hrss17_comingsoon2_09

ロングシルエットのピアスも引き続き注目の的。

Hrss17_comingsoon2_06

シルバー x ゴールドのツートンカラーは大人っぽい印象。

Hrss17_comingsoon2_07

昨日ご紹介のウッドネックレスとも好相性です。

Hrss17_comingsoon2_10

ヘレナ・ローナーの2017年春夏コレクションは、来週水曜日から始まる西武池袋本店でのお披露目を皮切りに、店舗とウェブショップでも展開していきます。どうぞお楽しみに♪♪

Hrss17

[仕入れ担当]

2017年1月28日 (土)

COMING SOON:ヘレナ・ローナー最新ジュエリーは、色で魅せる、色を愉しむ♪

ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の2017年春夏コレクションは、新しい季節のはじまりに女性がキラリと輝く作品ばかり。特にネックレスのバリエーションが豊富です。プレーンなトップスに色でスパイスを、デザインでリズムを与えてくれます。

まず、定番のエッグ型プチポーセリンネックレス。今シーズンはコーラルレッド、エクリュ、イエロー、サンタフェブルーのフレッシュカラーで登場します。

Hrss17_comingsoon1_01

同じ色展開の大きめポーセリンはミドルレングスのネックレス。
チェーンに添えられた同じ色のミユキビーズがさりげないアクセントに。

Hrss17_comingsoon1_02

ナチュラルなウッド x ハンドクラフトのポーセリン。あたたかみを感じる素材の組み合わせは優しい空気に包まれています。

Hrss17_comingsoon1_03

今シーズンの注目カラー、イエロー。昨秋のパリの展示会場でヘレナは真っ白なカットソーにイエローポーセリンのウッドネックレスを合わせていました。二人とも笑顔が素敵♥

Hrss17_comingsoon1_08

大人かっこいいネックレスも3タイプご用意しました。

Hrss17_comingsoon1_04

ラケルがチョイスしたのは真ん中のネックレス。
胸元をスタイリッシュに飾ってくれます。

Hrss17_comingsoon1_09

そして、装いが軽やかになってくると気が抜けないのが手元!
スマホや携帯が普及して腕時計をしなくなった今、ブレスレットは必須アイテムです!!

Hrss17_comingsoon1_05

デザイン性と機能性に優れた留め具には、ミユキビーズでさりげなく色を添えて。

Hrss17_comingsoon1_10

さまざまなメタルモチーフを組み合わせたチェーンブレスレットには、天然のコーラルとターコイズがアクセントになっています。

Hrss17_comingsoon1_06

メタルのみのバングルは、ヘレナらしいオーガニックなゆがみや曲線に注目してください。

Hrss17_comingsoon1_07

新作予告編は明日も続きます。Stay tuned♪

Hrss17

[仕入れ担当]

2017年1月27日 (金)

クリアランスセール☆季節を問わずデイリーに活躍するピアス&ブローチ

ただいま絶賛開催中のクリアランスセール29日(日)まで! 今すぐ欲しいぬくぬくのストールやニット帽、春先まで活躍するバッグやジュエリーなどバリエーション豊富に取り揃えていますので、どうぞお見逃しなく!!

本日ご紹介するのは、鮮やかなエナメルで表現したジョイドアート(joid’art)のピアスです。耳元にピタリと納まる小さめサイズで使い勝手も抜群。季節を問わないデザインで毎日のコーディネートにとっても重宝します。

3522_1

お顔まわりを明るくみせてくれるオレンジがかった赤がお花のよう。

<#3522:joid'art JARDÍ SECRET ピアス レッド>Emonad_pequenita
3522_2

同コレクションのブローチと合わせると、シンプルな装いがぐっと引き締まります。

3520_1

ブローチはアウターの襟元に飾るほか、ブラウスやシャツの胸元に着けても素敵♡ 肩が凝るので重いネックレスは苦手、という方にもオススメのアイテムです♥︎

<#3520:joid'art JARDÍ SECRET ブローチ レッド>Emonad_pequenita
3520_2

ご紹介のジュエリーは30%OFFでご提供!今週末、ご家族やお友達をお誘い合わせのうえ、ぜひ根津までご覧にいらしてください!!

2017_winter_clearance_pop_300

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

[店長]

2017年1月26日 (木)

早春の百貨店イベント♪西武池袋本店に出店します

2月1日より西武池袋本店でのイベントがスタートします♪ 場所はお馴染み、2階アクセサリー売場(ロフト側の南ゾーン)です。

201702_seibu_pop300
場所:西武池袋本店 2F アクセサリー売場 スペース by テアトロ
機関:2月1日(火)~2月14日(火)

春の訪れを告げる黄色いミモザや、アンダルシアの澄みきった青空、地中海を照らす真っ赤な太陽をイメージさせる色鮮やかなジュエリーが揃います。

Seibu_1

西武のお客さまにも大変ご好評いただいているジョイドアート(joid’art)のエナメルネックレスや、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)のポーセリン(磁器)リングなど、見ているだけでも笑顔になれる作品の数々です。
届いたばかりのヘレナの最新作もあり☆

Seibu_2

また今回は特別に、春先から活躍するアメット&ラデュー(amet & ladoue)のストールを大変お得なお値引価格でご提供します! 柔らかくて肌に優しいコットンやリヨセルを紡いだ縦長ストールです。ぜひお試しにいらしてください!!

Seibu_3

西武池袋本店は、寒い日も雪の日も安心な駅直結♪
ご友人やご家族をお誘い合わせのうえ、どうぞご覧にいらしてください♪♪

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年1月25日 (水)

クリアランスセール☆サイズが合えば大変お得!スタイリッシュなコンフォートブーツ

本日のクリアランスセールは、秋に仲間入りしたばかりのハンドメイドのシューズブランド、アロ(aro)のコンフォートブーツをご紹介します。

履き心地にとことんこだわった逸品です。植物タンニンなめしの柔らかなスムースレザーとスエードを組み合わせ、あたたかなフェイクファーのライナーと弾力性に優れたソールで優しく足を包みこみます。

<#3540:aro NOELLE 3440/DREAM ブラック>
3540_1

返りの良いラバーソールやゆったりとした足入れで長時間歩いても疲れにくく、毎日の通勤・通学やお買い物、旅先でも大活躍☆

3540_2

シンプルなブラックカラーのショートブーツは合わせやすく、1足あるとコーディネートのバリエーションが広がります。

3540_3

個性的な柄のアヤメ(Ayamé)タイツに合わせても良し!

3540_4

2017年も大注目のワイドパンツとも相性抜群です!!

3540_5

サイズが合えば大変お得!ぜひお試しにいらしてください!!!

2017_winter_clearance_pop_300

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

[店長]

2017年1月24日 (火)

クリアランスセール☆旬のアイテムが大変お得!ストール&ニットヘッドバンド

通勤やお買い物が億劫になってしまうほど寒い日が続いていますが、そんなとき!気分を上げてくれるアイテムがこちら!!
柔らかな手触りで保温性に優れたカシミヤと、発色の良いモダールを紡いだストールです。

3162_1

アメット&ラデュー(amet & ladoue)らしいエスプリをきかせたタータンチェック。鮮やかなブルーをベースにした色柄で、コーディネート全体を明るくみせてくれます♪

<#3162:amet & ladoue ANDERSON ブルー>
3162_2

いろいろな巻き方が楽しめる大判のスクエア型です。コンパクトに巻くとカジュアルな印象に、ストールの端を長く垂らすとスタイリッシュな雰囲気に♪♪

3162_3

ベビーアルパカを編み込んだニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)のヘッドバンドもこの時期手放せなくなるアイテムの一つです☆

2735_1

幅広タイプで、耳から頭全体をしっかりカバー。ふわふわの編み地で柔らかく、冷たい風が吹く日も雪の日もあたたかく守ってくれます★

<#2735:Nicki Marquardt SONDRE シルバー>
2735_2

ご紹介のストールとヘッドバンドは、大変お得な50%以上OFF!!でのご提供です。ぜひ根津の店舗までご覧にいらしてください。

2017_winter_clearance_pop_300

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

[店長]

2017年1月23日 (月)

映画「沈黙‐サイレンス‐(Silence)」

00_2 マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)監督の最新作です。原作は遠藤周作の小説「沈黙」。ご存知のように非常に重いテーマの物語ですので、有名監督が人気俳優を配して撮ったとはいえ、気軽に楽しめるような作品にはなっていません。映像の大部分は弾圧に苦しむ民衆であり、苦悶する神父の姿です。

しかし、3時間近い大作にもかかわらず、観客をまったく退屈させないあたりはさすが大御所。編集に2年間かけたというだけのことはあります。撮影は同監督の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を手がけたロドリゴ・プリエト(Rodrigo Prieto)。「アモーレス・ペロス」をはじめ「BIUTIFUL」などイニャリトゥ作品で有名ですが、アルモドバル監督「抱擁のかけら」、アン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」など美しいだけでなく迫ってくるような映像をみせてくれる人です。

01_2

また出演者が素晴らしくて、主役のロドリゴ神父を演じたアンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield)、彼と一緒に日本に渡ってくるガルペ神父を演じたアダム・ドライバー (Adam Driver)、彼らが探し求めるフェレイラ神父を演じたリーアム・ニーソン (Liam Neeson)の3人ともまさにはまり役。

03_2

特にアンドリュー・ガーフィールドは「わたしを離さないで」「ドリーム ホーム」と観るたびにレベルアップしている感じです。ポルトガル人を英語で演じることの微妙さ(パライソとパラダイスなど)もありますが許容範囲だと思います。

02_2

そして日本人俳優たち。準主役的な位置付けのキチジローを演じた窪塚洋介や、イノウエ様(井上筑後守)を演じたイッセー尾形はもちろん、小説では印象が薄かった通辞を演じて強い存在感を示した浅野忠信も素晴らしい演技をみせてくれます。

05

その他の登場人物も良くて、信者のモキチを演じた映画監督の塚本晋也や囚人ジュアンを演じた加瀬亮も記憶に残ります。端役ながら片桐はいりの演技には吹き出しそうになりました。元日の西日本新聞に方言指導をした福田信昭さんを紹介するコラムが掲載されていましたが、きっとそのおかげもあるでしょう。

04_2

映画はマカオの場面から始まります。ですから原作小説のまえがきにある、神父3人がポルトガルのタホ川から喜望峰を回ってマカオに至る長旅に苦しむ場面や、その1人のマルタ神父がマラリアに臥せてマカオに残される話は割愛されています。それはそれで良いのですが、島原の乱を機にキリスト教とポルトガル船の就航が認められなくなったという説明まで省かれてしまいますので、なぜ17世紀の日本でキリスト教が厳しく弾圧されていたのか、日本人にとって常識とはいえ、外国人には理解できないかも知れません。

07_2

マカオで拾った漁師キチジローを伴い、ロドリゴ神父とガルペ神父が支那人の船で日本に密航してきます。着いたのはトモギ村と呼ばれる辺鄙な土地。江戸時代の黒崎村(現在の下黒崎町あたり)がモデルになっているそうですが、そこで暮らす隠れキリシタンたちに匿われ、しばらくは炭焼き小屋で生活しながらミサやコンヒサン(告解)を行います。彼らの存在は極秘でしたが、キチジローが故郷の五島で話したことから、はるばる訪ねてきた信者に請われて島でも活動を始めます。

09

ここで重要なのがキチジロー。彼は元々キリシタンでしたが、弾圧にあった際に、処刑されていく人々を横目に踏み絵を踏んで罪を逃れます。自分が生き延びることが何よりも大切という人間なのです。ですから神父たちも彼を完全には信用していません。神父を奉行所に差し出すと銀300枚が与えられると知ったロドリゴ神父は、ユダに銀30枚で売られたイエスキリストと自分を比較し、キチジローの心の弱さによって自分が殉教することを思い描きます。

08

その後、神父は捉えられ、信者たちが処刑されていくなかで神の存在や聖職者として為すべきことについて考え抜くことになるのですが、弱き者キチジローの存在は、赦すことへの苦悩と密に結びついていきます。

11_2

ほぼ原作に忠実に作られた映画ですが、エンディングだけ少し違います。その後のできごとを役人の日記の形式を借りてたんたんと記して終わる小説とは異なり、ロドリゴ神父の最期までが明確に描かれ、特に最後の1シーンにはスコセッシ監督の大胆な解釈が織り込まれています。

10_2

テーマがテーマだけに難しい要素もありますが、私はとても良い作品だと思いました。ちょっと残念だったのは、映画の撮影が九州ではなく台湾で行われたということ。奉行所の建設費などの問題だそうですが、是非とも五島列島や長崎で撮って欲しかったと思います。ちなみにロケーションの手配に際してはアン・リー監督が手助けしたそうです。

公式サイト
沈黙 -サイレンス-Silencefacebook

[仕入れ担当]

2017年1月22日 (日)

映画「The NET 網に囚われた男(그물)」

00 2013年に公開された「嘆きのピエタ」のブログでは、これを観なければ永遠にキム・ギドクの作品を観ないかも知れないので……と記したのですが、また観てしまいました。

作風が変わったという前評判が高かった本作。激しい暴力シーンは見せず、ほのめかすだけなので、目を覆いたくなるようなことはありません。テーマも朝鮮半島の統一問題と非常に明確。ただ、あまりにもシンプルでわかりやすいので、隠れたテーマがあるのではないかと勘ぐりたくなります。

物語の主人公は南北国境付近で暮らす北朝鮮の漁師チョル。粗末な狭い部屋で、妻と幼い娘の3人家族が暮らしています。冒頭の朝食のシーンを見る限り、決して豊かな暮らしではなさそうですが、妻と仲睦まじいこと、娘を可愛がっていることは伝わってきます。

01

いつものようにボートで漁に出て、網をたぐっているとスクリューに網が絡まり、エンジンが故障してしまいます。そのまま河口を対岸まで流されて韓国の警察に拘束。

02

当然、スパイ容疑で調べられることになるのですが、担当する取調官が北朝鮮と北朝鮮出身者に強い偏見を抱いている点がこの映画のポイントのひとつです。

03

それとは反対に、監視役の警護官は涼しい目をした好青年で、チョルの人権を尊重するように主張しますし、彼らの上司である室長も、法に従うことを是とするまともな人物。とはいえ、北朝鮮の思想には否定的で、チョルを韓国に帰化させようとすることで話が複雑になります。

04

チョルはといえば、単に家族のもとに帰還したいだけ。洗脳されているわけでも、何らかの思想性があるわけでもありません。韓国の街の風景をみたら、北朝鮮に帰還できなくなると信じて、ずっと目をつぶっているような純情実直な人物です。スパイだと結論づけたい取調官が暴力を振るったりしますが、最終的には警護官の尽力もあって、北朝鮮に戻ることができます。

10

しかし、帰還したら歓迎もそこそこに拘束され、韓国にいたときと同じような取り調べが始まります。ここで面白いのは、韓国の取調官が強いイデオロギーに駆られて行動するのに対して、北朝鮮の取調官が拝金主義なところ。国の体制とは正反対ですが、そういう部分が逆にリアリティを感じさせます。

07

ようやく自宅に戻れたときは既に以前のチョルではありません。妻に対しても娘に対しても愛情を注ごうとするのですが、さまざまな経験を経た今となっては、もう元通りには戻れないのです。そして観客に考えさせられる余地を与えるエンディングへと進んで行きます。

11

南北朝鮮の問題は複雑ですが、チョルが取締官に向かって吐き捨てるように言う、オマエみたいなヤツ(≒憎しみや恨みが原動力になる人)が統一を妨げている、というセリフはきっと監督が伝えたかったことなのだと思いました。

06

非常にシビアな世界を描いている反面、苦笑いさせられるようなユーモラスな要素もある作品です。不快な映像はありませんので、韓国のリアル、朝鮮半島のリアルを感じてみたい方にはお勧めできるかと思います。

公式サイト
The NET 網に囚われた男

[仕入れ担当]

太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール・ラガーフェルド写真展 シャネル・ネクサス・ホール

ファッション界のレジェンド、カール・ラガーフェルドの写真展です。17世紀フランス芸術を代表する建物であると同時に、さまざまな物語が繰り広げられた唯一無二の宮殿、ヴェルサイユをとらえたモノクロの作品約40点がご覧になれます。

Versailles_1 Versailles_2_2

紙の質感や画像の細部まで間近に見られるようにというラガーフェルドの希望で、作品はどれも額装されていません。数種類の紙を使って制作されていますが、なかでも漉いた紙にシルクスクリーンで印刷した作品は、インクの層が厚く、ブラックとシルバーが明瞭に映し出されていて目を引きます。

Versailles_3

迷路のように立てられたライトグレー×ホワイトの壁と、壁を縁取るように引かれたホワイトラメの床のラインが作品のコントラストを際立たせる展示も素敵です。

Versailles_4

会場の傍らにはベンチが設けられ、宮殿内を散策するようにゆっくりと鑑賞できます。

Versailles_5

先月ご紹介したヴェルサイユ宮殿監修の「マリー・アントワネット展」(2/26まで)と併せてご覧になると、より想像力をかき立てられるかも知れません。

太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影 カール・ラガーフェルド写真展
http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2017/versailles/
2017年2月26日(日)まで

[店長]

2017年1月21日 (土)

クリアランスセール☆絶対に見逃せない!大特価のレザーバッグ

本日ご紹介するマラババ(Malababa)のトートバッグは、上質な素材とクラフトマンシップにこだわり、デザインから製造まですべてスペイン本国で手がけている逸品です。今回のクリアランスセールの目玉商品として衝撃の価格でご提供します★

2804_1

ダークレッドのカーフヘアと、ライトグレー×ベージュのレザーを組み合わせたスタイリッシュなデザインです。キラリと輝くブラス金具がアクセントになって、黒のコートによく映えます。

<#2804:Malababa FILO バッグ DARK RED>
2804_2

縦40センチ、横37センチ、横のマチ幅10センチほどで、書類やノートPCが余裕で納まるサイズです。内側には、幅25センチ×深さ21センチのファスナー付きポケットが1つあります。

2804_3

ハンドル長さは56センチで、バッグ上辺からの立ち上がりが25センチほどありますので、ボリュームのあるアウターを着てもスッキリ☆

2804_4

濃い緑と青をまぜたようなペトロリウムカラーと2色展開です。

2803_1

マラババらしいニュアンスのあるシックな色合いで、スタイル全体をぴりっと締めます。

<#2803:Malababa FILO バッグ PETROLEUM>
2803_2

丈夫で軽く、通勤・通学、ショッピングバッグとして大活躍するトートバッグ。

2803_3

新しい年の最初のクリアランスセール。このオシャレで機能性に優れた極上のバッグを50%以上OFF!!の大特価でご提供します!数に限りがありますので、気になる方はお早めにチェックしてみてください♪

2017_winter_clearance_pop_300

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

[店長]

2017年1月20日 (金)

クリアランスセール☆特別感のあるネックレス&ピアス

本日正午よりクリアランスセールがスタートです!店内の全商品を30%OFF、50%OFF or more でお求めいただける絶好のチャンスは1月29日(日)まで!!どうぞお見逃しなく!!!

こちらは、大ぶりモチーフのジョイドアート(joid’art)ネックレスです。入卒式からちょっとした集まりまで、お出かけスタイルにしっくりきます。

3530_1

上質なスターリングシルバー(SV925)を贅沢につかい、柔らかな印象のゴールドをコーティング。服の色合いを選ばない、使い勝手の良いバイカラーです。

<#3530:joid'art EXOTIC ネックレス ラージ ゴールド>Emonad_pequenita
3530_2

同コレクションのピアスをネックレスと一緒にコーディネートすればさらに特別感がプラス。

3527_1

華やかなモチーフで、贈り物にも最適です♡

<#3527:joid'art EXOTIC ピアス ラージ ゴールド>Emonad_pequenita
3527_2

今回のクリアランスセールには、目玉商品が多数あります!驚愕の価格でご提供するバッグは、後日ブログでもご紹介しますので、どうぞお楽しみに!!

2017_winter_clearance_pop_300

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

[店長]

2017年1月19日 (木)

曖昧な関係 展 銀座メゾンエルメス フォーラム

国籍や年齢、ジャンルの異なる3人のアーティストを紹介するグループ展です。本展のために初めて会った3人が作品を通して互いに刺激し合い、共鳴し合う関係性について考察していきます。

Lesliaisonsambigues_1

スイスのジュエリー作家ベルンハルト・ショービンガーの作品は、釘で作られたリング、ノコギリの刃や割れたガラスを連ねたネックレスなど、身につけることは難しいものばかり。なのに、どれも魅力的で着けてみたいという欲求にかられます。

Lesliaisonsambigues_2

パリ出身の画家アンヌ・ロール・サクリストは、15世紀にパオロ・ウッチェロが描いたフィレンツェ軍とシエナ軍の戦いの一場面「サン・ロマーノの戦い」と、京都の石庭を重ね合わせた作品を展開。床一面に敷かれた黒い板をのぞくと、深く暗い海の底に引き込まれるような錯覚に陥ります。

Lesliaisonsambigues_3

映像やサウンドアートなどのインスタレーションを通して世界と人間の関係性を問い続けているナイル・ケティングは、日本で生まれ、ベルリンで活動している注目の若手アーティスト。彼の展示室には、毎朝、ギャラリーのスタッフがアーティスト指定の紅茶をいれて置いているというマグカップがあるのですが、それに呼応するようにサクリストの絵画作品の上にはグラスが置かれています。

Lesliaisonsambigues_4

またショービンガーの作品《トイレのネックレス》の展示の裏側で、ケティングがバスルームを思わせるタオルを展示。互いの領域を侵し、誰が手がけたものなのか観覧者を混乱させるような展示方法もユニークです。

曖昧な関係展
http://www.maisonhermes.jp/ginza/le-forum/archives/352957/
2017年2月26日(日)まで

[店長]

2017年1月18日 (水)

クリアランスセールがスタートします☆

昨日までの百貨店イベントは、おかげさまで無事終了しました♡どうもありがとうございます♥︎

明後日から、根津の店舗ではクリアランスセールがスタートします! 50%OFF or more 商品を拡大して展開していきますので、どうぞお見逃しなく!!

2017_winter_clearance_pop_300
クリアランスセール
期間:2017年1月20日(金)~1月29日(日)

通勤・通学にぴったりなマラババ(Malababa)のトートバッグや、毎日のお買い物に重宝するスティーブ・モノ(Steve Mono)の財布を衝撃的な価格でご提供!

Clearance_1

アメット&ラデュー(amet & ladoue)のカシミア混ストールや、ニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)のベビーアルパカをつかったふわふわニット帽は残りわずか!!

Clearance_2

秋に仲間入りしたばかりのヴィアリス(vialis)のレースアップブーツやアロ(aro)のショートブーツもOFF!!!

Clearance_3

春先の軽い装いにぴったりなジュエリーも揃っています。ぜひお友達やご家族をお誘い合わせのうえ、ご覧にいらしてください♪

Clearance_4

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

[店長]

2017年1月17日 (火)

新春の百貨店イベントは本日最終日♪ エキゾチックな大ぶりブレスレット

先週水曜から始まった伊勢丹新宿店での百貨店イベントは本日最終日。想像以上にたくさんのお客さまにご利用いただけています!どうもありがとうございます!!本日は夜8時まで本館2階 EAST-Park エスカレーター脇の売場におりますので、ぜひお立ち寄りください!!!

このイベントではジョイドアート(joid’art)のエキゾチックなデザインが注目の的。

3226_1

こちらは着け心地の軽いワイドなブレスレット。ダークグレーのガラスチューブとゴールドコーティングメタルを組み合わせています。

<#3226:joid'art LYRA ブレスレット ゴールド>Emonad_pequenita
3226_2

そして大小のサークルモチーフをつなげたブレスレット。ヨーロッパで大ヒットしたコレクションです。

3044_1

装いが軽くなる春は手元のジュエリーがスタイリングのカギ!大ぶりブレスレットは必須です。それまではニットの上から着けて楽しんでください。

<#3044:joid'art LORNA ブレスレット ゴールド>Emonad_pequenita
3044_2

ほかにもご紹介しきれていない作品がたくさんあります。ぜひご覧にいらしてください!

201701_isetan_pop

〜臨時休業のお知らせ〜
1月10日(火)から1月19日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年1月16日 (月)

映画「ネオン・デーモン(The Neon Demon)」

00 2016年のカンヌ映画祭のコンペティション部門に出品され、評価が大きく二分されて話題となった映画です。前々作「ドライブ」で監督賞を受賞しているものの、前作「オンリー・ゴッド」でも賛否が割れましたので、このままカンヌの寵児としてもてはやされるのか、それとも問題児とされていくのか、興味深いところです。

良くも悪くもニコラス・ウィンディング・レフン(Nicolas Winding Refn)らしい作品だと思います。コントラストの強い色彩表現と、クリフ・マルティネス(Cliff Martinez)の強烈なエレクトロニック・ミュージックの組み合わせがとてもスタイリッシュ。スプラッターな映像も洒落ていますので、タランティーノ的な血しぶきがお好きな方にはお勧めできそうです。

ただ、ちょっと冗長な印象も否めません。監督が撮りたかった映像なのかも知れませんが、ストーリー的に重要でない部分をやたら引っ張るので、間延びして緊張感が途切れてしまいます。私としてはサイコホラー的な作品をイメージしていただけに、ややまわりくどいように思えました。

07

また、本作はエル・ファニング(Elle Fanning)主演ということで、この監督ならロリコン的な視点を持ってくるだろうと思っていましたが、それのみならずネクロフィリアやカニバリズムまで持ち込んできますので、そういった点がダメな人も多そうです。ホラー的な恐さよりエログロっぽさが際立つ作品です。

03

物語は、田舎町からLAに出てきたモデル志望の少女ジェシーが、ネットで知り合ったディーンに宣伝材料用の写真を撮ってもらっているシーンからスタート。ソファーに横たわるジェシーの首から血が流れる設定で撮影しているのですが、血の赤を際立たせる青いドレスはエンポリオ・アルマーニだそう。モデル業界が舞台ということで衣装にも凝っていて、中盤ではサン・ローランのホルターネックのドレスも登場します。

04

撮影が終わり、楽屋で血糊を落としているときにメークアップアーティストのルビーと知り合います。彼女に誘われて出掛けたパーティで知り合うのが、プロのモデルとして活躍しているサラとジジ。ジェシーとこの3人がストーリーの軸となる登場人物です。

06

写真を持ってモデル事務所に行くと、経営者のロバータ・ホフマンから、こんな素人写真ではダメだと言われて、ジャックという有名カメラマンを紹介されます。彼はジェシーをひとめ見るなりスタジオにいた全員を追い出し、彼女に服を脱ぐように命じると首筋に金粉を塗りつけて撮影を始めます。駆け出しのディーンも大御所のジャックも、グリッターな演出でジェシーを撮ろうとする点は同じです。

05

そしてオーディション。ジェシーとサラが同じ組で審査されるのですが、キャリアのあるサラが落とされたのに対し、ジェシーはあっさり合格します。ここで呆けた表情でジェシーに見とれるロリコン気味のデザイナーを演じているのが「ジンジャーの朝」でエル・ファニングの父親役だったアレッサンドロ・ニヴォラ(Alessandro Nivola)。「ココ・アヴァン・シャネル」ではボーイ・カペルを演じていたイタリア系の色男です。

08

ちなみに落とされたサラを演じているアビー・リー・カーショウ(Abbey Lee Kershaw)はシャネルなどで活躍した本物のモデル。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で5人の妻の1人を演じたことから、女優としてのキャリアをスタートさせたそうです。ついでに記せば、ルビー役は「インヒアレント・ヴァイス」でサックス吹きの奥さんを演じていたジェナ・マローン(Jena Malone)、ジジ役は「Re-LIFE〜リライフ〜」でヒュー・グラントを誘う女子学生を演じていたベラ・ヒースコート(Bella Heathcote)です。

09

これ以外に、ジェシーが泊まっているモーテルの管理人ハンク役でキアヌ・リーヴス(Keanu Reeves)が出てきます。これがどうでもいい役のようでいて、物語が大きく動きだす起点になる重要な役でもあります。近作では「50歳の恋愛白書」ぐらいしか観ていないので、彼の演技をよく知らないのですが、怪しげな雰囲気が役どころにあっていて良い感じでした。

10

ということで、儚げな美しさで周囲の男女を魅了していた少女が、モデルとしての成功を掴むと同時に慢心して妬まれていくという物語です。実年齢と同じ16歳の少女を演じたエル・ファニングの変化が最大の見どころだと思います。

12

公式サイト
ネオン・デーモンThe Neon Demon

[仕入れ担当]

2017年1月15日 (日)

新春の百貨店イベント♪ 普段づかいできるモードなパール

ご好評いただいている伊勢丹新宿店でのイベントも残すところ3日となりました。まだまだ素敵な商品がたくさんございますので、どうぞご覧にいらしてください。

さて、今日おすすめするのは、女性の永遠のお気に入り、パールです。

クラシカルなパールを、モードなパールへ。ベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)のパールジュエリーは、普段のファッションに気軽にあわせて楽しむことができます。

Beatrizpalacios_3492_3496_2

リングとバングルをセットで着けて♪

スターリングシルバー(SV925)に23Kゴールドコーティングの上質なベースに、純白の天然パールが引き立ちます。

Beatrizpalacios_3492_3496_1

バングルは向きを変えると、違う表情に。

Beatrizpalacios_3496_2

可動式のベゼル(台座)には透明感のあるグリーンアメシスト、両端には深紅のガーネットがセットされています。

<#3496:Beatriz Palacios バングル Z03-new>
Beatrizpalacios_3496_1

続いては1本で2本を着けているように見えるダブルリング。

Beatrizpalacios_3492_2

中央には天然パール、アームの先にはホワイトジルコンがセットされています。

<#3492:Beatriz Palacios リング A08-new>
Beatrizpalacios_3492_1

アームをクロスさせた、エタニティ(永遠)やインフィニティ(無限)を意味するデザイン。新しい年の始まりに、縁起の良いリングはいかがですか?

ご紹介のバングルとリングはフリーサイズです。ぜひイベント会場でお試しください。

201701_isetan_pop

〜臨時休業のお知らせ〜
1月10日(火)から1月19日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年1月14日 (土)

新春の百貨店イベント♪ 寒さを吹き飛ばす、カラフルジュエリー

伊勢丹新宿店でのイベントも折り返し地点。ずっとお天気には恵まれそうで何よりですが、寒いですねぇ。そこで、今日のおすすめは、そんな寒い日も気分が上がる↑カラフルジュエリー!

ジョイドアート(joid’art)が得意とするエナメルワークのピアスとリングです。

Joidart_3009_3028

どちらもスターリングシルバー(SV925)製。

くの字型メタルモチーフの先をエナメルで色づけしたユニークなピアスは、専属デザイナー Anna Codina の作品です。

Joidart_3028_2

フックを軸にモチーフがモビールのようにくるくるっと回る楽しいデザインです。

この春夏は大ぶりなアクセサリーが流行の兆し。耳元から先取りしてください♪

<#3028:joid'art KAIA ピアス シルバー>Emonad_pequenita
Joidart_3028_1

絵の具にディップしたような、あたたかみのあるエナメルは、ハンドクラフトならでは。

続いてのリングもユニークさでは負けていません!
専属デザイナー Carme Fàbregas の作品。

Joidart_3009_2

スターリングシルバーに映える鮮やかな3色のエナメル。
エナメル職人が手作業で色付けしています。

<#3009:joid'art ANEMONA リング シルバー>Emonad_pequenita
Joidart_3009_1

筒状モチーフとアーム部分の質感のある仕上げにも注目してください。
立体感のあるデザインで、インパクト大♪

ジョイドアートの "Jewelry with Character" をお楽しみください。

201701_isetan_pop

〜臨時休業のお知らせ〜
1月10日(火)から1月19日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年1月13日 (金)

新春の百貨店イベント♪ これ1本でカタチになるロングネックレスと、どんなときも頼れるピアス

伊勢丹新宿店での POP-UP イベント。こんな感じでやっていますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

Isetan

さて、今日ご紹介するのは、昨年末に創作活動20年の集大成となる作品集の出版を果たしたヘレナ・ローナー(Helena Rohner)

Hr_3100_2

スペインを代表する彼女の数ある作品から、おすすめのロングネックレスとピアスをピックアップします。

Hr_3100_3437

上の写真のようにブラックのカジュアルなニットにも、下の写真のような柔らかなベージュ系のワンピースにも合わせられるネックレス。これ1本を投入するだけで、カタチになります♪

Hr_3100_3

ネックレスの長さは約72.5cm。留め金具もなく、さくっと頭から通してかけるだけ。

2種類の天然石に、特徴的なひし形メタルモチーフがヘレナ・ローナーらしさを添えています。

<#3100:Helena Rohner ネックレス vn205l オニキス×アベンチュリン>Emonad_pequenita
Hr_3100_1

漆黒のオニキスは、その色が示すように意思の強さを象徴する石。緑色のアベンチュリンは森林を思わせる癒やしの石で、健康の促進や維持に良いそうですよ。

続いて、使い勝手ではナンバーワンのピアス!

Hr_3437_2

ぽってりとしたドロップ型。
ヘレナ・ローナーを象徴するオーガニックなフォルムです。

<#3437:Helena Rohner ピアス vea44l ゴールド>Emonad_pequenita
Hr_3437_1

気がつけば「こればかり」着けてる、とおっしゃるお客さま続出!

Hr_3437_3

本イベントでは大人気デザイナー、ヘレナ・ローナーの作品を多彩にご紹介しています。ぜひご覧にいらしてください。

201701_isetan_pop

〜臨時休業のお知らせ〜
1月10日(火)から1月19日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年1月12日 (木)

新春の百貨店イベント♪ おすすめは優しい絵柄のエナメルジュエリー

先週末、上野公園を通り過ぎようとしたら、寒桜が咲いていてびっくり。きっと春の訪れが待ちきれなかったのでしょうね。

昨日からスタートした伊勢丹新宿店での POP-UP イベントでも、春の訪れを予感させる美しいエナメルジュエリーをご紹介しています。

Raquelmoreno_055_063

自然からもたらされるインスピレーションをベースに、伝統的なエナメルの技法によって創られるラケル・モレノ(Raquel Moreno)の作品です。

Raquelmoreno_063_2

桜によく似たアーモンドの花。スペインでは春を告げる花と言われています。

ひとつひとつ、熟練の職人たちによって手描きされる絵は優しさに溢れています。

<#063:Raquel Moreno ペンダント WH>
Raquelmoreno_063_1

こちらは発色の良い黄色。

Raquelmoreno_055_2

若草の絵柄が爽やかです。

<#055:Raquel Moreno ペンダント YE>
Raquelmoreno_055_1

約50センチのレザーコードに約5.5センチのアジャスターが付いていますので、トップスに合わせて長さを調節することができます。

ご紹介のや短冊型の他、四角もあり、絵柄や色も数種類ございますので、ぜひイベント会場でお選びください。

続いては、スターリングシルバー(SV925)を、これでもか!というくらい贅沢に使ったネックレスとリングです。

Raquelmoreno_079_330_1

ロング丈のニットと好相性のネックレス。

Raquelmoreno_079_3

チェーンの長さは約80センチ。留め金具が付いていますが、頭の上からさくッと気軽に着けられます。

<#079:Raquel Moreno ロングネックレス GR SQ>
Raquelmoreno_079_1

どこか和テイストを感じさせる絵柄も、日本人女性としては馴染みやすいですね。

Raquelmoreno_079_2

最後はボリュームリング♪ 
特大ですが、アームのフィット感は抜群で、心地よい重みを感じます。

Raquelmoreno_079_330_2

孔雀の羽が描かれていて、ちょっぴりエキゾチック。

<#330:Raquel Moreno Paradise リング SQ>
Raquelmoreno_330

存在感抜群のステートメントピースで、今年は手元にインパクトを♪

201701_isetan_pop

〜臨時休業のお知らせ〜
1月10日(火)から1月19日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年1月11日 (水)

新春の百貨店イベントは本日スタート♪ 待ち遠しい春をイメージしたボタニカルなジュエリーが勢ぞろい

本日より1週間、伊勢丹新宿店 2階 TOKYOクローゼットにイベント出店しています♪ 初めての場所ですこし緊張しているかも知れません。お近くにお越しの際は、ぜひ声を掛けてくださいね♪♪

こちらでは、ジョイドアート(joid’art)の作品を中心に、独創的でモダンなスペインジュエリーをご紹介します。

2781_1

植物の茎や枝にインスパイアされたチェーンに、リーフモチーフをあしらった大ぶりネックレスです。マットなゴールドコーティングメタルに濃厚なグリーンのエナメルを施し、ジョイドアートらしいオーガニックなデザインに仕上がっています。

<#2781:joid'art AURELIA ネックレス フル ゴールド>Emonad_pequenita
2781_2

インパクトがあってちょっぴり個性的なネックレス☆気のおけない集まりにピッタリです★

2781_3

このAURELIAコレクションには、普段使いに最適なピアスもあります。

2774_1

こちらは、スターリングシルバー(SV925)×ゴールドコーティングの2色使い。合わせるジュエリーの色を選ばず、とても重宝します。

<#2774:joid'art AURELIA ピアス 1 シルバー>Emonad_pequenita
2774_2

伊勢丹新宿店は、1月11日(水)から14日(土)のあいだ夜8時30分まで営業。ぜひ本館2階 EAST-Park エスカレーター脇の売場(こちら)にお越しください!

201701_isetan_pop

~臨時休業のお知らせ~
1月10日(火)から1月19日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年1月10日 (火)

映画「ミス・シェパードをお手本に(The Lady in the Van)」

00 とってもブリティッシュな映画です。もとが舞台劇だけあってセリフがこなれていて、皮肉を交えた会話の応酬が楽しい1本。こぢんまりした作品ながら、主演のマギー・スミス(Maggie Smith)の熱演のおかげもあって上質なコメディに仕上がっています。

物語はロンドン・カムデンの住宅エリアに引っ越してきた劇作家のアラン・ベネット(Alan Bennett)と、軒先に停めたバンで暮らす老女との15年にわたる交流を描いたもの。アラン・ベネット本人が実体験をベースに舞台化し、本作と同じくマギー・スミスを配して1999年からクィーンズ・シアターで上演されたそうです。ちなみに2人ともオックスフォードで学んだ1934年生まれ。

本作はその舞台の映画化ということになりますが、監督を務めたニコラス・ハイトナー(Nicholas Hytner)は、過去に監督した2本の映画「英国万歳!」「ヒストリーボーイズ」がアラン・ベネットの原作で、アラン・ベネットを演じたアレックス・ジェニングス(Alex Jennings)も何度もアラン・ベネットの舞台に立っているという、英国らしく内輪な作品です。

17

映画の幕開けは、ミス・シェパードがなぜバンで暮らすようになったかを示唆する1960年の事故シーン。そしてバンで暮らすミス・シェパード、要するにホームレスですが、彼女の悪臭を文学的に表現しようとアラン・ベネットが苦悶するシーンが続きます。ミス・シェパードは以前からこの界隈の路上で生活していたようですが、1974年頃に道路が駐車禁止となり、それを不憫に思ったアラン・ベネットが自宅の駐車スペースを提供したのがそもそも始まりです。

09

なぜミス・シェパードに自宅前のスペースを提供しようと思ったかといえば、彼女が芝居のネタになりそうだと思ったから。彼女を不憫に思ったのは生活者としてのアラン・ベネット、ネタに使えると思ったのが劇作家のアラン・ベネットで、その2つの人格が映画の中で対話して彼のアンビバレントな内なる声を伝えます。

03

ミス・シェパードは悪態ばかりついているひねくれたホームレス(間違っても「お手本」にはできません)ですが、地域住民から排除されることもなく、付かず離れずといった感じで見守られていたようです。カムデンといっても、彼らが暮らすグロースター クレセント(Gloucester Cres)は裕福な人々が暮らす住宅街のようで、きっとノブレス・オブリージュ的な意識が醸成されているのでしょう。

02

そういった流れで路上から劇作家の駐車スペースに移動したミス・シェパードと交流が始まるわけですが、彼女の特徴といえば、誰かが演奏している音楽を聴くのが嫌いなことと、バンの窓にキリスト像をベタベタ貼りつけている信心深さ。そのせいで、アラン・ベネットのもとにエホバの証人が布教活動に来たりするのですが、ちょっとネタばれしてしまえば、戯曲を書く上でplay(演奏)とpray(祈り)をかけているわけです。

08

このような小ネタが散りばめられていて、例えば上記の繋がりでいえば、カソリック教会の闇を暴きながら、フォークランド出兵に向けて演説するサッチャー首相をチラ見せしたりします。時代背景を示す場面ですが、本作の出演者に、映画「マーガレット・サッチャー」でデニス・サッチャーを演じていたジム・ブロードベント(Jim Broadbent)や、政策顧問のゴードン・リースを演じていたロジャー・アラム (Roger Allam)がいることも絡めていると思います。

06

またアラン・ベネットのもとに夜な夜な男性が訪ねてきて、これは彼がゲイだからなのですが、実はコミュニストなのではないかとミス・シェパードが疑ったりするわけです。そこで訪ねてくるピアスの男性を演じたラッセル・トーヴィー(Russell Tovey)は「パレードへようこそ」で主人公マークの元カレ、ティム役だった人。この設定も内輪で面白がってそうです。

04

その他の出演者では「はじまりのうた」「ワン チャンス」のジェームズ・コーデン(James Corden)が露天の青果商の役で出てきます。最近は映画俳優というよりもCarpool Karaoke(The Late Late Show with James Corden)のホストといった方がわかりやすいかも知れませんね。私も新しい動画が公開されると必ず観ています。

11

そんなわけで、気のきいた小ネタや風刺が満載で、マギー・スミスの迫真の演技が堪能できる良作です。こういった英国ノリがお好きな方には特にお勧めです。

19

公式サイト
ミス・シェパードをお手本にThe Lady in the Van

[仕入れ担当]

2017年1月 9日 (月)

新春の百貨店イベント♪ 伊勢丹新宿店に出店します

ことし最初の百貨店イベントが今週水曜日よりスタートします! モナド初の伊勢丹新宿店 2階 TOKYOクローゼット(こちら)での開催となります。

新しい年の始めに、新しい場所でのイベントでウキウキしています♪ お近くにお越しの際は、ぜひ本館2階 EAST-Park エスカレーター脇の売場にお立ち寄りください♪♪

201701_isetan_pop
場所:伊勢丹新宿店 本館2F TOKYO クローゼット
期間:1月11日(水)~1月17日(火)

こちらでは、ジョイドアート(joid’art)をはじめとする色とりどりのジュエリーを展開。リーフやオリーブの実をかたどったボタニカルなデザインのネックレスや、ワンピースなどに合わせやすいロングネックレスが揃います。

Isetan_1

装いや気分に合わせて楽しみたいピアスはバリエーション豊かにご紹介☆

Isetan_2

ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の天然石リングやメタルだけで表現したモダンなバングルもあります。ベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)のモードなリング&バングルは、大胆な重ねづけがオススメです。

Isetan_3

会期中も引き続きブログでオススメ商品をご紹介していきますので、お楽しみに♥︎

~臨時休業のお知らせ~
1月10日(火)から1月19日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年1月 8日 (日)

新春セール☆これから活躍する!ぬくぬくのストール&ニット帽

店内の全商品を30%OFF50%OFF or more でお求めいただける新春セール明日まで!超お買い得な商品がまだまだございます。どうぞご覧にいらしてください!!

本日ご紹介するストールとニット帽は、これから寒さが増してくる2月まで大変重宝するアイテムです。

こちらは、ウールとシルクにラメ糸を織り込んだアメット&ラデュー(amet & ladoue)の縦長ストール。生地の表面に光沢があり、ボリューム感もあるので、シンプルにひと巻きするだけで雰囲気が出ます。

3471_1

シックなブラックが装いのアクセントになるこの一枚は、30%OFF!でのご提供です☆

<#3471:amet & ladoue ODEON オニキス>
3471_2

ニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)のニット帽は、コンパクトに編み上げられたデザインで、大人のカジュアルスタイルによく合います。最高に軽くて柔らかなベビーアルパカをつかったリブ編みニットでふんわり、あたたか♡

2733_1

こちらは、なんと!50%以上OFFとなる税込23,220円8,640円でのご提供!!

<#2733:Nicki Marquardt BIRTE グレー>
2733_2

数に限りがありますので、ぜひお早めにチェックしてみてください!!!

Blog_2017wintersale_pop_1

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

[店長]

2017年1月 7日 (土)

新春セール☆いくつあっても嬉しいピアスが50%OFF!!

昨日よりモナドでは、店内の全商品を30%OFF50%OFF or more でご提供する新春セールが始まっています!この連休は、ぜひ根津まで遊びにいらしてください!!

本日ご紹介するセールのおすすめ商品は、いくつあっても嬉しいピアス。超お買い得な50%OFFでのご提供です♪♪

3219_1
宮地嶽神社・2017年元旦]

フリンジ状のガラスチューブがシャラシャラと揺れてエキゾチックな雰囲気を醸し出す、ジョイドアート(joid’art)のロングシルエットピアス。華やかな場面に最適です☆

<#3219:joid'art LYRA ピアス ラージ シルバー>Emonad_pequenita
3219_2

ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)のフープピアスは、シーズンレスでご愛用いただけます。

3126_1

ひし形のモチーフを取り外して、シンプルなフープだけで楽しんでも◎

<#3126:Helena Rohner ピアス vea213l ゴールド>Emonad_pequenita
3126_2

ヘレナの結び目をかたどったピアスと、ロングチェーンが付いたピアスキャッチは、組み合わせ次第でいろいろと遊べます。

2686_2677_1

片方だけロングチェーン付きのピアスキャッチをつけたり、お仕事中はノーマルなピアスキャッチにして、シンプルなプチモチーフのピアスにしたり。

<#2686:Helena Rohner ピアス gea315l ゴールド ノット>
<#2677:Helena Rohner ピアスキャッチ b2l ゴールド カーネリアン>
2686_2677_2

赤いカーネリアンのほか、ラピスラズリやコーラルが付いたピアスキャッチもあり、お好みで選べます♡

2686_2677_3

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

Blog_2017wintersale_pop_1

※ご紹介のピアスは、オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

[店長]

2017年1月 6日 (金)

新春セール☆本日スタート!!

今年の新春セール、目玉は極上のレザーバッグです。
美しいフォルムと丁寧なつくりで評判のスティーブ・モノ(Steve Mono) や、独特な革の風合いと色使いが魅力のマラババ(Malababa)が、50%以上OFF!!でお求めいただけます。

こちらは、スティーブ・モノのショルダーバッグ。週末のお出かけやショッピングは、両手があいて、コンパクトに持ち歩けるタイプが重宝します。

3452_1

最高級ナッパレザーのしっとりとした質感はクセになる手触りです。幅の広いストラップで、肩への負担を軽くしてくれます♪
この最新作は、なんと!50%OFF!! 数に限りがありますので、気になる方は、ぜひお早めにチェックしてくださいね♪♪

<#3452:Steve Mono THERESE バッグ MOCHA>
3452_2

情熱的な赤いジュエリーもおすすめです。

3516_1

ジョイドアート(joid’art)のコーラルをあしらったブレスレットやピアスは、気分が上がる色合いで、贈り物にもオススメ♥︎

3513_1

上質なスターリングシルバー(SV 925)を使ったこちらは30%OFFでお求めいただけます。

<#3516:joid'art INSPIRADA ブレスレット シルバー×レッド>Emonad_pequenita
<#3513:joid'art INSPIRADA ピアス フック シルバー×レッド>Emonad_pequenita
3516_3513

通販でもOFF☆
セール価格をご案内しますので、メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお気軽にお問い合わせください。

Blog_2017wintersale_pop_1

※ご紹介のブレスレットとピアスは、オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

[店長]

2017年1月 5日 (木)

世界遺産 ラスコー展 国立科学博物館

旧石器時代美術の最高傑作といわれるラスコー洞窟の壁画が、上野・国立科学博物館で観られると話題になっています。

クロマニョン人の壁画が残っている洞窟は、フランスやスペインを中心に300以上あるそうですが、ラスコーはその中でも飛び抜けて優れているもの。2万年前の氷期、マンモスやオオツノジカなど今では絶滅した大型動物が歩き回っていた時代に、その動物たちをモチーフにして描いた彩色の壁画です。

Lascaux_1 Lascaux_2

会場には、前後左右に伸びる洞窟の全体像が分かるよう縮小サイズの模型が展示されています。

洞窟の中は、高さ7メートル・長さ20メートルほどもある広い空間もあれば、這わなければ行けないほど狭い部分もあり。ライオンやヤマネコなどネコ科の動物のみが描かれた空間や、長い角をもつ不思議な生き物が描かれている空間など、無数の動物や記号のようなものが描かれています。

下の写真は、会場に再現された牝ウシとウマの壁画です。クロマニョン人はまず壁に彫器で線刻し、指を使うほかに、動物の毛でつくられた筆、スタンプ、吹きつけなどの技法を駆使して、赤、黒、茶、黄色、紫など、さまざまな色で描いたそう。

Lascaux_3

暗闇の中に浮かび上がる演出は、まるでオリジナルの洞窟の中で見ているようです。

Lascaux_4

世界初公開となるラスコー洞窟で発見された顔料や石器のほか、日本初公開となる美しい毛並みをなめるバイソンの彫刻作品や、槍投げの補助具に装飾された動物彫刻など旧石器時代の芸術を紹介し、謎に包まれたクロマニョン人の正体に迫ります。

フランスで制作された映像やゲームをつかった解説もあり、ご家族で楽しめる展覧会です。

世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画
http://lascaux2016.jp/
2017年2月19日(日)まで

[店長]

2017年1月 4日 (水)

映画「ヒトラーの忘れもの(Under sandet)」

00 昨日に続き北欧の映画です。とはいえ、こちらは第二次大戦後のデンマークが舞台で、テーマも描かれている世界もズシッと重いもの。ナチスドイツの敗残兵である少年たちが、ドイツ軍が埋めていった地雷の撤去作業に駆り出されたという史実をベースに物語が展開します。

ストーリーもきちんとした良作ですが、知られざる事実を白日の下にさらそうという意図は明確です。脚本を書いて監督したのはデンマーク人のマーチン・サンフリト (Martin Zandvliet)ですから、本作に限っていえば自国の行いに光を当てたことになります。とはいえ同様のことはフランスやノルウェイでも行わたようで、そういう意味では欧州全体の問題といえるかも知れません。

1929年にジュネーヴで締結された俘虜の待遇に関する条約(Geneva Convention of July 27, 1929. Article 32)で、捕虜(POW)を不健康または危険な仕事に従事させることは禁じられており、懲罰的な重労働をさせてはいけないことになっています。ですから、いくらナチスの敗残兵だからといって、命がけの作業をさせることは戦争犯罪です。

しかし、ドイツが埋めた地雷はドイツが責任をもつべきだという理屈と、彼らに報復したいという暗い感情が、この行為を正当化してしまいます。

08

さらに複雑なことに、デンマークはドイツと交戦せず、大戦中も王国として自治を保ったままドイツの保護国となっていた関係で、日独間で始まった防共協定にも参加し、ソ連に軍を送るなど対独協力もしていました。つまり、連合国の一員ではありませんので、残されたドイツ兵は捕虜ではなく、駐屯していた将兵の一部が後始末をしているというこじつけが成り立ったのです。

04

連合国の指揮下でデンマークの戦後処理が始まると、英国軍の発案でドイツ敗残兵を地雷撤去に従事させることになります。本作でデンマークの将兵が英国軍の意のままに動いているように描かれているのも、そういった事情を受けてのことのようです。

01

映画は、ジープでやってきたデンマーク軍のラスムスン軍曹が、列になって引き揚げていくドイツ兵の1人を殴りつけ、いかに彼らに対する憎しみが強いか見せつけるシーンでスタート。その後、浜辺に旗を立てて回り、彼が地雷撤去を担当することがわかります。

02

その作業要員として送られてきたドイツ兵が、まだあどけない少年ばかりで驚きますが、英国軍の意向を受けた上官の指示ですから受け入れざるを得ません。兵士として未熟な彼らを怒鳴りつけながら訓練し、作業を進めます。

03

とはいえ心の中では葛藤があります。処理を誤って腕を吹き飛ばされた少年兵が泣きながら母親を呼ぶ姿をみて不憫に思いつつ、ナチスの残党に同情することはないと自らを律する日々。それでも、長く一緒にいることで、次第に情が移ってきます。

06

そんな軍曹と少年兵の感情の動きを追いながら、ラスムスン軍曹、すなわちデンマークが自らの良心と反ナチスの憎悪の間でいかに落とし所を見つけるかを描いていきます。原題や独題は“砂の下”という単純なものですが、英題の“Land of Mine”は、“Mine”の2つの意味を絡めた秀逸なもの。暢気な邦題からは想像しにくいシリアスな1本です。

05

公式サイト
ヒトラーの忘れものUnter Dem Sand)(Land of Mine

[仕入れ担当]

2017年1月 3日 (火)

映画「幸せなひとりぼっち(En man som heter Ove)」

00新年から孤独がテーマの映画かと思われるかも知れませんが、寂しい気分になるような作品ではありません。頑固ジジイが周りの人々に心を開いていくという泣き笑い系の王道ながら、クスッと笑わせる部分とホロッとさせる部分のバランスが絶妙で、さすが人口950万人のスウェーデンで80万部以上(人口の1割弱!)売れたベストセラーが原作というだけあります。安心して観に行ける1本だと思います。

原題は“オーベという男”という意味。そのオーベというのが本作の主人公である59歳の男性で、最近、妻のソーニャを看取ったばかりの上、映画の冒頭で、長年務めた職場からリストラされてしまいます。

オーベは若いころから真面目な性格で、不正や規則違反が大嫌い。それは幼少時に母親を亡くし、仕事一筋の父親に育てられたことが大きく影響しているのでしょう。唯一の家族だった父親も学生時代に亡くしたオーベにとって、その後、偶然の出会いから結婚に至ったソーニャは人生のすべてでした。

06

最愛のソーニャを失い、仕事を失ったオーベにとって、生きることの意味は無に等しい状態です。身辺整理をして、自ら妻の元へ旅立とうとしますが、その瞬間、窓の向こうで衝突音がして、外を見ると彼の郵便受けが車に倒されています。

03

オーベはかつて住宅エリアの自治会長を務めていて、規律に厳し過ぎたことも影響してか、会長選挙で友人のルネに負けてしまいます。それでもエリア内の規律は守らせたいと勝手に自警団ようなことをしていて、毎日、エリア内の見回りをしています。もちろん住宅エリア内に車が入ってくるなど言語道断、すぐに警告して追い出さなくてはなりません。

08

血相を変えて飛び出しますが、車を運転していたのは隣家に引っ越してきたペルシャ人家族の夫。引っ越し荷物の運搬なら仕方ありません。あまりにもバックがヘタなのを見かねて運転を代わったりしているうちに、妻の元へ旅立つ気持ちが萎えてしまいます。

01

その後も、ハシゴを借りに来たり、夫がハシゴから落ちたと妻のパルバネが駆け込んできたり、オーベに頼み事をしてきて、そのたびに命を絶つチャンスを逸するのですが、もともと面倒見のいいオーベですから、文句を言いながらも手伝ってしまいます。そして次第にパルバネとその子どもたちとの交流ができてきます。

09

そんな中でパルバネはオーベとソーニャの物語を知るようになり、この怒りっぽいジジイの別の顔を見ることになります。もちろん観客も、現在のオーベの暮らしと併行して彼の生い立ちやルネとの過去の交流をみてきていますので、ソーニャの物語を聞いて、パルバネと同じように心が揺さぶられることになります。

07

主人公のキャラクターは「思秋期」でピーター・マランが演じた人物を思わせ、また命を絶てないあたりはベルギー映画「素敵なサプライズ」を思わせますが、そのいずれとも異なるのは主人公が過去の思い出に生きているところ。ソーニャとの出会いで人生が変化し、ソーニャの生き方に大きな影響を受けたオーベにとって、ソーニャに対する気持ちがすべてに勝るのです。そういう意味で本作は熱烈な純愛映画といえるかも知れません。

04

ほんのり温かい気持ちになれる映画です。お正月にゆったりした気分でご覧になるのがお勧めです。

公式サイト
幸せなひとりぼっちA Man Called Ove

[仕入れ担当]

2017年1月 2日 (月)

あめましておめでとうございます

酉年の今年はこんな年賀状にしてみました。

Monad_happynewyear2017

実はかなり前、2005年にインドネシアのバリ島で撮った写真です。
鶏のほか、仏陀やガネーシャやガルーダも一緒で縁起が良いですね。

このときは静かな東海岸に泊まっていたのですが、近所の浜辺では村人たちが地引き網で漁をしていました。

Bali_1

小さな魚でも嬉しそうです。

Bali2

そんな大らかでのどかな島なのに、滞在中に空港近くの観光地で自爆テロがあり、翌朝、学校では子どもたちが黙祷を捧げていました。

Bali_3

あれから10年以上経ちます。今年は少しでも平和な世界に近づくといいなと思います。

[仕入れ担当]

2017年1月 1日 (日)

¡Feliz Año Nuevo 2017!

あけましておめでとうございます。
2017年も喜びあふれる一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

20170101_1

今年は、新たに仲間入りするマドリードのアクセサリーブランドから鮮やかなクロシェのバッグが入荷するほか、バルセロナのシューズブランドから軽くて履きやすいフラットソールサンダルが入荷します。イベントも楽しんでいただけるものをいろいろと企画していきますので、どうぞご期待ください。

20170101_2

店頭のお正月飾り(最初の写真)は、群言堂(こちらでご紹介)で見つけたもの♪ 鬼おろしをお飾りにしているので、松の内を過ぎたら、とり鍋でもしようと考えています♪♪

☆こちらはベトナムで出くわしたニワトリ☆
20170101_3

2017年もモナドをどうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

フォト