« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

COMING SOON:ニッキ・マーカート20周年記念 SAKURA 桜 コレクション!

明日から3月。日本中が浮き足立つ桜の季節がやって来ますね。

モナドには、絶好のタイミングでドイツ・ミュンヘンからその名も「SAKURA 桜 コレクション」が入荷します!

Nickimarquardt_ss17

ドイツを代表する帽子デザイナー、ニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)[下の写真右]がブランド創業20周年を記念して制作したコレクションです。

Nicki_marquardt_at_premiere_classe

昨春の来日時に受けたインスピレーションがデザインの源。日本の繊細な美しさへのオマージュだとおっしゃっていました。日本人としてはとても嬉しいですね。

それぞれの帽子の型にも日本女性の名前が付けられているんですよ。
たとえばこちらの帽子は Akemi、その下の帽子は Naomi です。

Nickimarquardt_ss17_2

どうやって作っていくのだろうと思わせる、独特の表情と風合いを持つ帽子。どことなく、日本の石庭を彷彿とさせます。

ドイツ本国で意匠登録されているニッキ・マーカートの独自デザインです。

Naomi

ミュンヘンの工房で、あのミシンを使いながらひとつひとつ手作りされているんだなと、昨秋訪れたときのこと(→ブログ)を思い出しました。

Naomi_2

ハンサムなフェドーラは男性にもおすすめ。
トップクラウンの中折れ部分がユニークです。

Lee

光沢のあるグレーが都会的。

Lee_2

続いては新デザインのくるくるっと丸められる帽子です。

Abigail

この春夏の旅の必需品になることは間違いありません♪

Abigail_2

最後は、代表作であり、ベストセーラである折り紙のように折りたためる帽子。
男女問わず根強い人気です。

Tucson

大きめサイズもご用意しました。
ハニー、グレー、ジーンズ、ネイビーと使いやすい人気の4色です。

Tucson_2

ご紹介の帽子は、3月半ばより店頭展開の予定です。
行楽シーズンが本格化する前に、スタイル、色、サイズ、フィット感をお試しにいらしてください。お待ちしております♪♪

[仕入れ担当]

2017年2月27日 (月)

映画「ラ・ラ・ランド(La La Land)」

00 日本時間で今日発表される第89回アカデミー賞、史上最多タイの13部門14ノミネート(主題歌賞で2曲)されている作品です。黒人を描いた「ムーンライト」や「Fences」も期待されていますが、大方の予想では本作が作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、主題歌賞の大本命、主演女優賞や作曲賞まで獲りそうだといわれています。

それにしてもデイミアン・チャゼル(Damien Chazelle)はすごいですね。1985年生まれといいますから若干32歳。実質的なデビュー作だった「セッション」に続くこの2作目で映画界を席巻してしまいました。それも超ベタなハリウッド・ミュージカル。これまで多くの巨匠がミュージカルに挑戦してきましたが、ここまで大ヒットするのは稀だと思います。

レストランバーで演奏しているジャズピアニストのセブと、女優を夢見てワーナーブラザーズのカフェで働いているミアの恋物語。楽しくてちょっと切ない、王道を往くロマンスです。通ぶったミニシアターより大箱の映画館で観る方が気分が盛り上がります。

10

ラ・ラ・ランドのLaはロサンゼルス(L.A.)のことだそうで、スターを夢見て暮らすラ・ラ・ラの世界=ハリウッドといった感じでしょうか。そんなありきたりな設定も、チャゼル監督のよく練られた演出と素晴らしいカメラワークのおかげで、これだけの作品に仕上がってしまうのですからびっくりです。

23

まずオープニング。渋滞しているL.A.の高速道路で、ラジオから流れてきた“Another Day of Sun! ”に合わせて一人が踊り始めると、次々と車から降りて踊り出し、ヒップホップ風あり、モトクロスバイクで曲芸めいたことをする人ありの圧巻の6分間が繰り広げられます。これが単なるタイトルバックですから、この先いったい何が起こるのかと、否が応にも期待が膨らみます。

01

その渋滞の中にいたのがプリウスに乗ったミアと、古めかしいビュイックのオープンカーに乗ったセブ。エマ・ストーン(Emma Stone)演じるミアがもたもたしていると、ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)演じるセブがクラクションを鳴らしながら追いこしていくという、これまたどこかで見たような展開で幕開けです。

02

その後、実力者との出会いを求めてパーティに出掛けて車をレッカー移動され、とぼとぼと夜道を歩いていたミアがピアノの音色に惹かれてレストランバーに入り、セブを見つけます。しかし、その日セブは、オーナーのセットリスト通りに演奏せず、好きなフリージャズを弾いたことで馘首を言い渡されてしまいます。

03

店から出て行くセブと、それに声を掛けようとして躊躇するミア。このすれ違いのシーンが後で効いてきます。

06

その後、2人は再会して恋に陥ちます。Lighthouse Cafeでホンモノのジャズを聴き、昔ながらの映画館グリフィス天文台でデートし、それぞれの夢を語り合います。セブの夢は自分の店を持って好きな曲を演奏すること、ミアの夢はハリウッド女優です。

29

そんなミアにオーディションを受けるのをやめ、脚本を書いて自ら演じることを薦めるセブ。そしてセブは開店資金を作るため、自分の音楽とは方向性が違うバンドに入ってツアーに明け暮れます。

19

ご想像の通り、お互いの夢を実現するために始めたことが、2人の間にズレを生じさせていきます。そして5年後、2人は再会するのですが、それはもうハリウッドへのオマージュ溢れる夢のような世界に連なっていきます。

28

ミアが、ヘプバーンのようなサブリナパンツをはいていたり、いたるところにイングリッド・バーグマンのポスターが貼られていたり、古き佳きハリウッド映画への郷愁が散りばめられている作品です。

クライマックスも「カサブランカ」に絡めた場面から入って、ゴッホの名画“The Starry Night”を背景に「ミッドナイト・イン・パリ」の世界になだれこむといった具合。たくさん映画をご覧になっている方ならいろいろと楽しめる思います。

05

しかし、やはり見どころは主演の2人でしょう。「ブルーバレンタイン」「ドライブ」と地歩を固めてきたライアン・ゴズリング、「ヘルプ」「バードマン」と存在感を増してきたエマ・ストーン、共に演技力には定評ある人たちです。特にエマ・ストーンのあの大きな目に、じわっと涙が溢れてくるシーンにはぐっと引き込まれます。

08

この2人の他に「セッション」でアカデミー賞を受賞したJ・K・シモンズ(J.K. Simmons)がレストランバーのオーナー役で出ていたり、バンドのフロントマンの役でジョン・レジェンド(John Legend)が出て実際に演奏していたりします。

09

ちなみにミアが働くカフェで、グルテンフリーじゃないと言ってパンを返品する女性はチャゼル監督の恋人、オリヴィア・ハミルトン(Olivia Hamilton)ですが、2014年に離婚した元妻ジャスミン・マクグレイド(Jasmine McGlade)も本作のエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされているという、シンプルな物語に反して複雑な背景がありそうな作品でもあります。

04

といっても、映画そのものは明るさと楽しさに溢れる夢物語。どなたを誘っても安心して観に行けます。帰り道、頭の中に“Another Day of Sun! ”が流れてきて、公道で踊り出したりしないように気をつけてください。

公式サイト
ラ・ラ・ランドLa La Land

[仕入れ担当]

2017年2月26日 (日)

Style of The Month:装いを軽くするアヤメソックス

春の装いは、足元から軽く♡ということで本日のスタイル写真は、アヤメ(Ayamé)ソックスをご紹介します。

タイツからソックスに履き替えるだけで、爽やかなスタイリングに♥︎

3400_1

赤や白の小さな花を細かい編みで表現したフローラルソックスは、ふわっと柔らかい履き心地が特徴です。

<#3400:Ayamé フローラルソックス ブラック>
3400_2

こちらの三角ジオメトリックソックスは、少し厚手でしっかりとした履き心地。ミモレ丈のプリーツスカートとのバランスも良いですね♪

3543_1

大胆な色の組み合わせとラメ使いが光るソックス、毎日のコーディネートが楽しくなります♪♪

<#3543:Ayamé 三角ジオメトリックソックス マスタード>
3543_2

※ご紹介のくつ下は、通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[店長]

2017年2月25日 (土)

ベアトリス・パラシオスの2017年春夏新作:マザーオブパールで薔薇のつぼみを表現した優しいピアス

2月最後の週末、皆さまいかがお過ごしですか?
風はまだ冷たいですが、陽光は日に日に柔らかさを増しています。

3613_4

そんな柔らかな空気に包まれる春には、ベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)の La Rosaleda コレクションがおすすめです。

マザーオブパールで薔薇のつぼみを表現したピアス。ミルキーホワイトにゴールドの組み合わせがとってもフェミニンです。

3612_3613

マザーオブパールは、その名のとおり、真珠の母貝。古来から世界中で装飾品として利用され、親しまれてきました。女性の内面的な魅力や優しさを引き出すパワーがあるそうですよ。

長めのフックが特徴的なピアスは、さくっと着けられて使いやすさ抜群!

3612_3

フックと、マザーオブパールをささえる「がく片」を模したメタル部分は、ブラス(真鍮)に24Kゴールドコーティングです。

<#3612:Beatriz Palacios ピアス PO4-ROS>
3612_1 3612_2

こちらはフック部分に小技をきかせたデザイン。

3613_3

スパイラル状になったフックを通すと、上の写真のように2つのピアスをしているように見えます。

<#3613:Beatriz Palacios ピアス PO4-ROS-W>
3613_1 3613_2

内側から微かに銀色の輝きを放つ天然のマザーオブパール。春の新しいピアスにおすすめです♪♪

※ご紹介のピアスは、通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

2017年2月24日 (金)

ヘレナ・ローナーの2017年春夏新作:注目カラーが続々!鮮やかなポーセリンをあしらった大ぶりフープのピアス

本日は、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)2017年春夏の最新作から大ぶりフープのポーセリン(磁器)ピアスをご紹介します♪

Hr_earrings

美しい曲線を描いたフープピアス。さっと着けられるフックタイプです。

3582_1

シャイニーなスターリングシルバー(SV925)に合わせたサンタフェブルー。夏が待ち遠しくなります♪

<#3579:Helena Rohner ピアス vea509 シルバー サンタフェブルー>Emonad_pequenita
3579_1 3579_2

フレッシュなイエローもシルバーメタルと組み合わせです。元気がでる色合いで、週末コーディネートの主役になります。

<#3580:Helena Rohner ピアス vea509 シルバー イエロー>Emonad_pequenita
3580_1 3580_2

大人可愛いコーラルレッドは、18Kゴールドコーティングメタルとの組み合わせです。フープは、前後でメタルの厚みを変えてドロップ型に。ポーセリンは、あえて後ろ側にアレンジしてひねりを加えています。

<#3581:Helena Rohner ピアス vea509L ゴールド コーラルレッド>Emonad_pequenita
3581_1 3581_2

エクリュ(生成りがかったホワイト)×18Kゴールドコーティングメタルです。上品で、しなやか な女性らしさを引き立てます。

<#3582:Helena Rohner ピアス vea509L ゴールド エクリュ>Emonad_pequenita
3582_2 3582_3

今シーズンのポーセリンは、色鮮やかで、見ているだけでもわくわくすると好評です!気になる方は、ぜひお早めにチェックしてみてください!!

※ご紹介の商品は通販可能です。
オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年2月23日 (木)

Style of The Month:爽やかな印象を与えてくれるシルバー×コーラルのネックレス

寒かったり暖かかったり気温差が大きくて、毎日のコーディネートに頭を悩ませます。そんな時は、ジョイドアート(joid’art)のネックレスがオススメです♪

3514_1

マットなスターリングシルバー(SV925)と鮮やかなコーラルビーズを組み合わせたデザインが爽やかな印象。

Ja_inspirada

こちらは、ワイヤーコードをつかった大ぶりモチーフのネックレスです。チャコールグレーのトップスに、シルバーとレッドがよく映えます。

3514_2

メタル表面を叩いてつくった独特な質感にご注目ください。

<#3514:joid'art INSPIRADA ネックレス ワイヤー シルバー×レッド>Emonad_pequenita
3514_3

円弧を描くワイヤーコードに対して、チェーンコードのネックレスは直線的でスマートな印象です。ライトグレーのインナー×ネイビーのアウターと相性抜群♪

3515_1

コーラルの深い赤が、さりげないアクセントになります。

<#3515:joid'art INSPIRADA ネックレス チェーン シルバー×レッド>Emonad_pequenita
3515_2

着け心地の軽いネックレスです。ぜひお試しにいらしてください。

※ご紹介の商品は通販可能です。
オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

[店長]

2017年2月22日 (水)

スティーブ・モノの2017年春夏新作:毎日持ち歩くキーリングをスタイリッシュにアップデート♪

上質な素材と作り、都会的なデザインが男女問わず支持されているスティーブ・モノ(Steve Mono)。新作ご紹介ブログはキーリングでスタートです。

Stevemono_ss17_keyring

新作と言ってもこのキーリング、毎シーズン、カタチやレザーの色を変化させながら展開している定番。それだけ根強い人気だという証しですね。

3601_3

この春から一人暮らしを始める方も多いのでは?
スティーブ・モノのキーリングは、大切なお部屋やお家、オフィスや車の鍵をしっかりと、そしてスタイリッシュに守ってくれます。

3600_3601

鍵は毎日持ち歩くものですから、使い勝手の良さだけでなく、ルックスも大切♪

上質なカーフスキン・ストラップの長さは27センチ前後。
ハンサムなブラックと・・・

<#3601:Steve Mono キーリング BLACK>
3601_1

艶のあるブラウンの2色展開。
ブラウンはステッチがきいています。

<#3600:Steve Mono キーリング BRANDY>
3600_1

リング部分は鋳型作りから磨きまで手仕上げされる真鍮製(ニッケルメッキ)。
最大横幅約5センチ、縦約9センチです。

下の写真のようにぐっと下に押して開いて通すだけ。

3601_2

バッグのチャームにしても素敵なのは、美しい仕上げと洗練されたデザインだから。

3601_4

女性に、男性に、ギフトに♪ おすすめです♪♪

※ご紹介のキーリングは、通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

2017年2月21日 (火)

Style of The Month:春のお出かけに♪コーディネートを重たく見せないレザーメッシュのバッグ

まだ寒い日もありますが、日中の暖かい陽射しに当たると桜の見頃が気になってきたり、今年のゴールデンウィークはどこへ行こうかとワクワクしてきますね♪
そこで、本日のスタイル写真は、週末のちょっとしたお出かけから1~2泊の小旅行まで対応できるバッグをご紹介♪♪

Styleofmonth_1

技術あるレザー職人と、選び抜かれた素材、マラババ(Malababa)独特の世界観が創り上げたバッグです。高さ約39センチ、横幅約58センチのサイズで、柔らかな素材ですのでカタチを気にせずたっぷりと入れられます。

<#2976:Malababa CESTONA バッグ COWBOY>
2976_1

丈夫なリネンをつかったライニングには、横約28センチ、深さ約17センチのポケットが片側に1つ。開口部のスナップを留めてしまえば、中身が見える心配はありません。

2976_2

ざっくりと編まれたレザーの艶のある色合いと、ウォッシュ加工ならではのくたっとした風合いが魅力です♡

2976_3

寒い日の装いでも、スタイル全体を重たく見せない大容量のバッグ。春のお出かけは、これで決まりです♪

Styleofmonth_2

※ご紹介の商品は通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[店長]

2017年2月20日 (月)

映画「たかが世界の終わり(It's Only the End of the World)」

00 このブログでも「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」「Mommy/マミー」とベタ褒めしてきたグザヴィエ・ドラン(Xavier Dolan)監督の最新作です。昨年のカンヌ映画祭でグランプリを獲得しているのですが(パルムドールは「わたしは、ダニエル・ブレイク」)、これまでの作品に比べて、ややわかりにくいというか、観客を選ぶ作品になっています。

原作は、ジャン=リュック・ラガルス(Jean-Luc Lagarce)というフランスの劇作家が書いた1990年の戯曲で、久しぶりに集まった家族が、昼食からデザートに至る時間、家の中で語り合うという会話劇です。

ただそれだけのお話ですが、キーになっているのは、12年前に実家を出たきり音沙汰なかったルイがゲイであること、帰ってきた理由が自分が死に至る病だと家族に告げるためということ。ちなみに原作者のジャン=リュック・ラガルスは1995年に38歳の若さでAIDSで亡くなっています。

01

登場人物は、ほとんどセリフのない主人公ルイ、その母親のマルティーヌ、妹のシュザンヌ、兄のアントワーヌとその妻カトリーヌの家族5人の他、ルイの昔の恋人ピエールがほんの少し登場するだけ。そのルイを「SAINT LAURENT/サンローラン」のギャスパー・ウリエル(Gaspard Ulliel)、マルティーヌを「わたしはロランス」のナタリー・バイ(Nathalie Baye)、シュザンヌを「007 スペクター」のレア・セドゥー(Léa Seydoux)、アントワーヌを「ブラック・スワン」のヴァンサン・カッセル(Vincent Cassel)、カトリーヌを「サンドラの週末」のマリオン・コティヤール(Marion Cotillard)という錚々たる俳優が演じています。

02

地味な会話劇を、これだけ豪華な布陣で撮るドラン監督も立派なものですが、ほとんど会話だけで進む作品である上、カメラがギリギリまで寄って表情で語らせますので、実力ある役者にしか演じられないという面もあります。実際、誰が主役かわからなくなるほど、それぞれが印象深い演技を繰り広げます。

10

映画の幕開けは、ルイの飛行機の中でのモノローグ。そこで彼がしばらく実家に帰っていなかったこと、なぜ帰るのかといったことが明らかになります。後の座席で騒いでいた子どもが、ふいに両手を伸ばしてルイに目隠しをするという何かを暗示するような場面(ポスターの映像)からスタートです。

05

実家に戻ってみると、母親のマルティーヌはルイの帰宅に備えてご馳走をふんだんに用意し、慌てて塗ったマニュキュアをドライヤーで乾かしています。久しぶりに息子に会うのだから、きれいにしておかなくては、というタイプの母親です。妹のシュザンヌ(原作では23歳)は、ルイが出て行った12年前はまだ子どもでしたので、都会で劇作家として成功している兄にようやく再会できると興奮気味。

03

それに対して、兄のアントワーヌ(原作では二つ下の弟)はどこか不機嫌です。そしてその妻カトリーヌは、初めて会う義弟とうまく会話できるか不安に思っています。ルイが到着する早々、子どもたちにも会わせたかったが、以前から実家に預ける約束をしていて、急に行けなくなったというと親が心配するのでと語り続け、アントワーヌはアントワーヌで、ルイは子どもの話なんか興味ないはずだと妻を怒鳴りつける有り様。

04

家を出て勝手気ままに生きてきたルイと、田舎に残ってさまざまなことに束縛されて生きているアントワーヌ。都会に憬れつつも踏み出す自信がないシュザンヌと、現状を受け入れて淡々と生きているカトリーヌ。会話が進むにつれて、4人の価値観の違いが顕わになっていきます。それをベースに、ルイの帰還でもたらされた家族間の緊張感を微妙なバランスで表現していくわけです。

12

もちろん、ドラン監督の作品ですから、何よりも重要なのは母親のマルティーヌ。彼女がルイに向かって言う、あなたを理解できないけど愛している“Je ne te comprends pas, mais je t'aime”という言葉は、本作で最も印象的なセリフでしょう。演じたナタリー・バイの巧さと雰囲気が相まって、母の愛の本質が滲む名場面です。

08

そのような感じで、含みのあるセリフと、役者たちの表情の変化をベースに映画が進んでいきます。物語といえるほどの展開はなく、じわじわと登場人物たちの内面がさらけ出されていく感じです。ひとつひとつの言葉がポイントになる作品ですので、英米で酷評され、フランスで絶賛されたというのもわかる気がします。

06

これまでドラン作品を観てきた方なら観ておくべき作品だと思いますが、それなりに集中力が必要ですので、リラックスして楽しめるものではありません。本腰を入れて観に行くタイプの1本だと思います。

07

公式サイト
たかが世界の終わりJuste la fin du monde)(It's Only the End of the World

[仕入れ担当]

2017年2月19日 (日)

ティツィアーノとヴェネツィア派展 東京都美術館

日伊国交樹立150周年を記念した展覧会です。イタリア・ルネッサンス美術において15世紀後半から16世紀にかけて活躍したヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノ・ヴェチェッリオを中心に、ティツィアーノの師ジョヴァンニ・ベッリーニや後輩ヤコポ・ティントレットの作品など、70点あまりの絵画と版画を紹介しています。

Titian_1

明るく大胆な色使いで、伸びやかなタッチが特徴のヴェネツィア派絵画。なぜサイズの大きなフレスコ画ではなく、小さなカンバスの油彩画が多いのか?ティツィアーノとライバル関係にあったミケランジェロ率いるフィレンツェ派との違いは?など、本展の分かりやすい解説で理解が深まります。

日本初公開となるティツィアーノの傑作「ダナエ」や、その威厳と風格に圧倒される肖像画「教皇パウル3世の肖像」、人気の構図でいくつも描かれたという晩年の作品「マグダラのマリア」は必見です。

Titian_2

本展では2月26日と3月26日を、ローマ神話に出てくる花の女神を描いたティツィアーノ初期の代表作「フローラ」にちなんだ語呂合せで、フローラの日としています。この日は、通常520円の本展音声ガイドが半額の260円(フローラ)に♪

また会場入口横には、2月28日(火)まで、冬のヴェネツィアを彩るカーニバルをイメージしたフォトスポットがあり♪♪カーニバルの本場ヴェネツィアから届いたという仮面やマントが無料で貸し出されますので、ご家族やご友人同士で記念撮影するのも面白そうです。

Titian_3

ティツィアーノとヴェネツィア派展
http://titian2017.jp/
2017年4月2日(日)まで

[店長]

2017年2月18日 (土)

ヘレナ・ローナーの2017年春夏新作:クールなロングシルエットのピアス

昨日に引き続き、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)2017年春夏の最新作、メタルだけで表現したピアスをご紹介します。

Hr_earrings

技術ある熟練の職人により、美しく磨き上げられた鏡面仕上げのメタルです。クールな雰囲気を醸し出すロングシルエットのピアス。

3585_1

ピアスポストのある上のモチーフをスターリングシルバー(SV925)で、下のモチーフを18Kゴールドコーティングメタルでかたどっています。ツートンカラーで、ほかに合わせるジュエリーや装いの色を選びません。

<#3585:Helena Rohner ピアス vea514x シルバー×ゴールド>Emonad_pequenita
3585_2 3585_3

下のモチーフが微かに揺れて華やかな雰囲気があり、ちょっと気取った集まりにもぴったりです。

3585_4 3585_5

季節の先取りはピアスから♪
新しいピアスで新鮮な気分になれます♪♪

※ご紹介の商品は通販可能です。
オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年2月17日 (金)

ヘレナ・ローナーの2017年春夏新作:シンプルモダンな大人のバングル

月初からの百貨店イベントも無事に終了し、本日より根津に戻っております。ぜひ遊びにいらしてください♪

さて今回ご紹介するのは、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)2017年春夏の最新作。

3588_1

流れるような曲線を描いたバングルです。

Hr_bracelet

シャイニーな輝きのスターリングシルバー(SV925)は、これからの季節にぴったり!こちら1つで存在感を発揮しますが、チェーンやビーズ、レザータイプのブレスレットとの重ねづけも素敵です!!

<#3588:Helena Rohner バングル bb601 シルバー>Emonad_pequenita
3588_2 3588_3

こちらは、しっとりとした輝きの18Kゴールドコーティングメタル。優美なラインは見ているだけでうっとりしてしまいます。

<#3589:Helena Rohner バングル bb601L ゴールド>Emonad_pequenita
3589_1 3589_2

先週ご紹介したドーム型リングとも相性抜群です。

3589_3

大胆にシルバーとゴールドの2本つけもカッコイイ♡

3588_3589

大人のバングル、今シーズンの必須アイテムです。ぜひお早めにチェックしてみてください!

※ご紹介の商品は通販可能です。
オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年2月16日 (木)

COMING SOON:ベアトリス・パラシオスの心ときめくロマンチックジュエリー

ジュエリーの一番の魅力は、身につけたときの高揚感。
マドリードのジュエリーブランド、ベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)の最新作は、そんな特別な気持ちに浸れる作品ばかりです。

Heart_2

文字通りハート♥モチーフが輝く HEART コレクション。

Heart_1

中でも注目は、このブローチ!

Heart_4

ハートモチーフと言っても、ありふれたハートではありません。
エナメルの赤に純白のパールで心ときめく「ドキドキ」を表現しています。

Heart_5

パリの展示会場ではセールス担当のヌリアが同じハート♥モチーフのネックレスとセットでコーディネートしていました。とっても可愛いです♪

Heart_3

人気のパールは新デザインのネックレスやリングでも登場します。

Heart_6

続いては、フラワーモチーフの La Rosaleda コレクション。

Larosaleda_1

マザーオブパールで薔薇のつぼみを表現したフェミニンな作品。
ゴールドにミルキーなホワイトが優しい印象です。

Larosaleda_2

手元に・・・

Larosaleda_4

耳元に・・・可憐なつぼみがとってもロマンチック♡

Larosaleda_3

デザイナーのベアトリス(左)が彫金や制作も手がけ、ひとつひとつ心をこめて手作りされるジュエリー。

Beatriz_nuria

身につけた瞬間に虜になること間違いありません。ぜひお試しください♪♪

[仕入れ担当]

2017年2月15日 (水)

COMING SOON:新生活をスマートに彩る、洗練のレザーグッズ

春は始まりの季節。スティーブ・モノ(Steve Mono)の極上レザーグッズで、新生活をスマートにスタートさせませんか?

まず、この春、新社会人になられる方に断然おすすめの名刺入れ。

Mono_17_1

ビジネスは第一印象が一番! 上質な名刺入れは、使うたびにすーっと背筋が伸びる感じです。贈り物にもいかがでしょうか。

続いてはキーリング。バッグのチャームとしてもグッドです♪

Mono_ss17_2

毎日使う小物類は、使い込むほどに味わい深く、愛着の涌くものがいいですよね。

そして、これから暖かくなってくると、街を散策したり、旅行に出かけたり、アクティブに行動したくなります。そんなとき、頼りになるのが軽快に持てるショルダーバッグです♪

Mono_ss17_3

オールレザーで高級感がありながら、ステッチのきいた外ポケットがカジュアルな雰囲気を添えています。

Mono_ss17_4

ブラックの他、ブラウンとレッドがあります。

Mono_ss17_5

最後はスティーブ・モノのベストセラー商品であるクラッチ風に持てるケース。

Mono_ss17_6

季節感のあるリネンとカーフスキンの組み合わせ。ナチュラルな風合いがたまりません♪

青と赤のストライプがきいたコットンタイプは男性にもおすすめです!

Mono_ss17_7

ゴンサロ(右)&ルイス(左)の男性ユニットが創る洗練のレザーグッズ。

Stevemono_gentlemen_in_style

モナドでぜひご覧になってください。お待ちしております♪♪

[仕入れ担当]

2017年2月14日 (火)

早春の百貨店イベントは本日最終日♪季節を問わず活躍するネックレス

今月1日よりスタートした百貨店イベントは、いよいよ本日最終日です!
ジョイドアート(joid’art)の大人気エナメルシリーズや、スペインから届いたばかりのヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の最新作が揃うほか、春先から活躍するストールを大変お得な価格でご提供するなど、バリエーション豊富にご紹介しています。どうぞお見逃しなくご覧にいらしてください!!

さて本日ご紹介するのは、ジョイドアートのスターリングシルバー(SV925)×ゴールドコーティングのネックレスです。シンプルなデザインでコーディネートし易く重宝します。

3374_1

鏡面仕上げのゴールドコーティングメタルと、マットな質感のスターリングシルバー(SV925)のコントラストがユニークなデザインです。

<#3374:joid'art SWING ネックレス>Emonad_pequenita
3374_2

チェーン長さは、約42センチから46センチまで調整できます。また短くカットすることもできますので、お気軽にご相談ください。

3374_3

ボリュームのあるニットから薄手のシャツまで、季節も問わず幅広く活躍するネックレスです。

3374_4

本日は夜21時まで、西武池袋本店2階 アクセサリー売場(ロフト側の南ゾーン)でご覧になれます。ぜひお立ち寄りください!

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年2月13日 (月)

映画「タンジェリン(Tangerine)」

00 2015年の東京国際映画祭で上映されて評判を集めた作品です。監督・脚本を務めたショーン・ベイカー(Sean Baker)は本作が長編映画5作目、日本公開作としては3作目だそうですが、私は初めて知りました。アンダーグラウンドの世界やマイノリティなどあまり日の当たらない人たちをテーマにしている監督のようです。

主人公は2人のトランスジェンダー(元は男性)と、彼女らを取り巻くL.A.のストリートで生きる人たち。いずれも世の中の主流とはいえないような人々ですが、そんな彼ら彼女らの日常を鋭く切り取っていく作品です。

内容とは裏腹に、オープニングタイトルは往年のハリウッド映画を思わせるロマンチックな雰囲気。不思議な感じもしますが、この映画、登場人物のライフスタイルがちょっと過激なだけで、本質的にはガーリーなロマンティックコメディです。

01

1ヶ月服役して出てきたばかりのシンディーと、その友だちのアレクサンドラが、陽光が差し込むドーナツショップでテーブルを挟んで座っています。テーブルに置かれているのはアイシングがかかったドーナツ1個。そしてシンディがひと言。Merry Christmas Eve, Bitch!

そう、この映画はクリスマスイブの1日を描いた作品なのです。カリフォルニアの青空と、彼女たちの街娼らしい服装のおかげで12月とは思えませんが、3ドルしか持ち合わせのないシンディが、仲良しのアレクサンドラとクリスマスイブを祝おうとしているシーンから始まります。

05

しかしアレクサンドラのひと言で状況は一変。シンディーは服役前にポン引きのチェスターと交際していたのですが、彼が他の女と浮気したと、アレクサンドラが口を滑らせてしまうのです。トランスジェンダー(身体は男性)と交際していた男が、よりによって女と浮気するなんて、と憤るシンディ。

04

すぐさまドーナツショップを出ると、その浮気相手を見つけて懲らしめてやろうと街中の人たちに訊ねてまわります。一方、アレクサンドラは歌手志望で、今晩、カフェでライブを行うことになっていて、そのチラシを街で配り歩きます。彼女たちが街で出会う知り合いたちの暮らしぶりが生々しくて、あたかもドキュメンタリー映画のようです。

06

本作はハンディカムではなく、アナモレンズを装着したiPhone5Sを3台使って撮影したそうですが、その小ささと機動性のおかげか、ストリートの雰囲気がとてもリアル。土地勘があればかなり入り込めるのではないでしょうか。

10

ちなみに映画に登場する、なぜか経営者の華人女性がママサンと呼ばれている妙なドーナツショップは、ハリウッドに実在したDonut Timeという店で(2016年に閉店したもよう)、実際にトランスジェンダーが集まる店だったようです。

07

物語は彼女たち2人のドタバタ中心に展開しますが、サイドストーリー的に絡んでくるアルメニア系のタクシー運転手、ラズミックも良い感じに効いています。彼は結婚していて妻子がいるのですが、実はゲイで、どうやら彼女たちの常連客のようです。面白いのは、街で拾った新顔の娼婦がホンモノの女性だと気付いて追い出すところ。トランスジェンダー以外がこの街で商売するなと叱りつけます。ここでは、世の中でマイノリティとされている人たちこそマジョリティなのです。

11

2年前に作られた作品ですが、米国の現政権と対極にある価値観に基づいているところも本作の魅力の一つでしょう。Fワード炸裂で決して上品な作品ではありませんが、リラックスして楽しめる1本だと思います。

公式サイト
タンジェリンTangerinefacebook

[仕入れ担当]

2017年2月12日 (日)

早春の百貨店イベント♪ 陽光に優しくきらめく、大ぶりピアス♪♪

西武池袋本店でのイベントも、今日を含め残り3日となりました。
今日のおすすめは、ジョイドアート(joid’art)の大ぶりピアスです!

3369_2

ここ数シーズン、ジュエリーは大ぶりが主流になっていますが、特に今シーズンは「よりビッグに!」がトレンド。

そんなトレンドが一番とり入れやすいのがピアスです。ユニークさでは他に類をみないジョイドアートのピアスは、ひとつひとつ手作りされますので、マスプロダクトでは表現できない独特の風合いがあります。

<#3369:joid'art FIGURA ピアス ゴールド>Emonad_pequenita
3369_1

こちらのピアスはイヤリングパーツにもその場ですぐに付替えられます!
ご希望の方はお気軽にご相談ください。※ジュエリーパーツのご紹介はこちら

陽光降り注ぐ季節は、大ぶりピアスが大活躍♪

3369_3

西武池袋本店でのイベントでは、ジョイドアートをはじめとするスペインの優れたデザインのジュエリーをご紹介しています。ぜひこの機会にイベント会場までご覧にいらしてください。お待ちしております♪♪

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年2月11日 (土)

早春の百貨店イベント♪ 旅先にも連れていきたい、使える大判ストール

立春が過ぎたとは言え、吹く風はまだちょっと冷たいですよね。そんな日のお出掛けは、首にストールをしっかり巻いておけば、風の侵入を防いでくれて安心です。

そこで、今日は先日に続いて、特別価格でご提供しているお買い得な「今使える、秋まで使える」アメット&ラデュー(amet & ladoue))のストールのご紹介です。

お顔まわりを明るく見せてくれるオーシャンブルー。
エスニックなプリミティブ柄がユニークです。

3391_2

素材はコットン 53% x リヨセル 47% の混紡。
リヨセル混なので、独特のとろみ感と美しい光沢があります。

<#3391:amet & ladoue CHILAM オーシャン>
3391_1

サイズは幅約90cm x 長さ約200cm の縦長。
上の写真のように首にひと巻きして両端をさらりと前に垂らしたり、下の写真のように王道のワンループでちょっとメンズライクに気取ったり。

3391_3

さらっと滑らかで快適な肌触りなので、夏のTシャツスタイルにもOK。

3391_4

オシャレのワンポイントというだけでなく、 首まわりの日焼けを防いでくれるという実用面・美容面でもストールは欠かせません。色柄・素材ともに使い勝手抜群で、旅先でも重宝します!

西武池袋本店のイベントまで、ぜひお試しにいらしてください。お待ちしております♪♪

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年2月10日 (金)

早春の百貨店イベント♪ 新しい季節に、心はずむリング!

西武池袋本店でのイベントでは毎回、大人気のヘレナ・ローナー(Helena Rohner)

2859_3425_2

今日は彼女の美しいジュエリーからおすすめのリングを2点ご紹介します。

2859_3425_1

ヘレナ・ローナーの代名詞となったポーセリン(磁器)。中でも、このサマーブルーは、鮮やかなブルーを基調に、ネイビー、イエロー、グリーンを散らし、抽象画のようにアーティスティックに表現しています。

<#2859:Helena Rohner リング gr402 サマーブルー>Emonad_pequenita
2859_1

ポーセリンはひとつひとつ手作りされますので、まさに「他にはない1点もの」リング!
アームは上質なスターリングシルバー(SV925)製で、心地良いフィット感です。

2859_2

もうひとつはシンプルなラインでデザインされたリング。
スターリングシルバー(SV925)を磨き上げた美しい鏡面仕上げです。

<#3425:Helena Rohner リング vr407 シルバー>Emonad_pequenita
3425_1

使い勝手抜群のリングは、それだけでも・・・

3425_2

最初のポーセリンリングと組み合わせも素敵♥
新しい季節には、心はずむリングを!

2859_3425_3

バレンタインデーを目前に控えた今週末は、西武池袋本店のチョコレート売り場も絶好調に賑わいそうです。
ご自分へのご褒美チョコと、ご褒美リングをぜひモナドで♪ お待ちしております♪♪

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年2月 9日 (木)

ヘレナ・ローナーの2017年春夏新作:圧倒的な存在感!メタルだけでかたどったドーム型のリング

昨日に引き続き、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)2017年春夏の最新作をご紹介。メタルだけでかたどった存在感のあるリングです。

Hr_rings

まずは、クールな印象のスターリングシルバー(SV925)から。

3560_1

丸く大きく膨らんだドーム型で、丹念に磨かれた美しい鏡面仕上げが特徴です。

<#3560:Helena Rohner リング vr505 シルバー>Emonad_pequenita
3560_2 3560_3

昨日ご紹介したターコイズのチェーンブレスレットと合わせて、カジュアルなスタイルにコーディネート♪♪

3560_4

18Kゴールドコーティングメタルはエレガントな印象です。指の負担を軽減するため、モチーフの裏側をくり抜いて軽くしています。吸いつくようにピタリとはまる着け心地は、一度試すと手放せなくなるほど!!

<#3562:Helena Rohner リング vr505L ゴールド>Emonad_pequenita
3562_1 3562_2_2

2月14日(火)まで西武池袋本店でのイベントでご紹介しています♪ ぜひお試しください♪♪

※ご紹介の商品は通販可能です。
オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年2月 8日 (水)

ヘレナ・ローナーの2017年春夏新作:カジュアルに着けられる★チェーンブレスレット

本日のヘレナ・ローナー(Helena Rohner)2017年春夏の新作は、カジュアルに着けられるチェーンブレスレットです。
ただいま開催中の西武池袋本店イベントでご紹介していますので、どうぞご覧にいらしてください♪♪

Hr_bracelets

手元でシャラシャラと動くチェーンブレスレットに注目が集まります♪

3586_1

シャイニーなスターリングシルバー(SV925)と、天然のターコイズの組み合わせです。

<#3586:Helena Rohner ブレスレット vb511 シルバー ターコイズ>Emonad_pequenita
3586_2

細身のスネークチェーンに連ねたスクエアやサークル型のメタルモチーフがユニーク。

3586_3 3586_4

柔らかい光を放つ18Kゴールドコーティングメタルに組み合わせた天然のコーラルは、優しい風合いを醸し出します。

<#3587:Helena Rohner ブレスレット vb511L ゴールド コーラル>Emonad_pequenita
3587_1

ブレスレットは、春夏のコーディネートに欠かせないマストアイテムです!ぜひチェックしてください!!

※ご紹介の商品は通販可能です。
オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年2月 7日 (火)

早春の百貨店イベント♪ 春を呼びこむ、ネックレス&リング

西武池袋本店でのイベントも後半1週間に突入です。新しい季節に身につけたい素敵な商品がたくさんございます。ぜひお立ち寄りください!

さて今日は、特別価格でご提供しているお値引き商品の中から、春モードへシフトチェンジできるネックレスとリングをご紹介します。

127_821_2166

まずは、バルセロナのジュエリーブランド、ラ・ジャラ・ジュエリー(La Jara Jewellery)のネックレス。

2166_3

パンチングを施したリーフ(木の葉)型メタルモチーフが目を惹きます。

<#2166:La Jara Jewellery ネックレス TGLN3 ミント>Emonad_pequenita
2166_1

ミントやブルーのビーズ(信頼の日本製!)が春らしい♪

2166_2

続いては、自然の草花をモチーフに伝統的なエナメル技法で創られるラケル・モレノ(Raquel Moreno)の作品。

821_3

白いトップスに映えるネックレスは普段使いに最適。
レザーコードの長さは約40センチで、約5.5センチのアジャスターが付いています。

<#821:Raquel Moreno ネックレス チューリップ>
821_1

ハンドペイントによるチューリップの絵柄のエナメルが可愛らしい。
台座は上質なスターリングシルバー(SV925)製です。

821_2

最後はスターリングシルバー(SV925)を24金でゴールドコーティングしたボリュームリング。こちらもラケル・モレノのエナメルジュエリーです。

127_3

指を優しく包み込むようなアーム。ほど良い重みで、高級感があります。

<#127:Raquel Moreno リング ブルー>
127_2

空をイメージしたブルーに、ピンクのアーモンドの花が可憐な印象です。

127_1

他にもお買い得な商品を多数ご用意しています。西武池袋本店のイベント会場まで、ぜひご覧にいらしてください♪

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年2月 6日 (月)

映画「エゴン・シーレ 死と乙女(Egon Schiele: Tod und Mädchen)」

00天才画家エゴン・シーレの半生を描いた作品です。脚本と監督はオーストリア人のディーター・ベルナー(Dieter Berner)。エゴン・シーレ役を務めたノア・サーベトラ(Noah Saavedra)の端正な顔立ちもあいまって、映画全体が耽美的な雰囲気に満ちています。

幕開けは第一次世界大戦末期の1918年。ウィーンの住宅の一室にエゴン・シーレの妹、ゲルティが駆けつけるシーンから始まります。この年に大流行したスペイン風邪で、エゴン・シーレは妻ともども病に倒れ、妹に助けを求めたのです。妻の名はエーディト(Edith)。以前、住居の向かいに住んでいたハルムス家の次女です。

その場面に織り込まれるように現れるのが証書を炎にくべる男の映像。これはエゴン・シーレの父親アドルフで、彼が12歳のときに梅毒で脳に異常をきたして没しています。狂った父親が有価証券を燃やしたせいでかなりの財産を失い、それが彼の考え方に影響を与えたことを示唆する映像です。

01_2

そこから映画は時代を遡り1910年のウィーン。エゴン・シーレは16歳のとき(1906年)史上最年少でウィーン美術アカデミーに入学し、その翌年にはウィーンにアトリエを構えましたが、19歳でアカデミーを退学して新芸術家集団(Neukunstgruppe)を結成し、画家としてデビューしています。

09

1910年というのはその翌年でエゴン・シーレは20歳。4つ歳下の妹ゲルトルート(Gertrude)通称ゲルティをモデルにした裸体画など売って暮らしていました。

12

妹との関係は複雑で、褐色の肌をもつヌードモデルのモア(Moa Mandu)をアトリエに泊めたエゴン・シーレをゲルティが非難したり、彼女を旅行に連れてきたことに嫉妬して仲間と関係を持ったゲルティをエゴン・シーレが非難したり、いずれにしても互いに強い感情で結びついています。

13

そして1911年。グスタフ・クリムトのアトリエを訪ねた際、モデルのヴァリ(Wally Neuzil)を紹介され、一緒に暮らし始めます。最初に住んだのが(上に記した旅行先も)母方の故郷であるチェコのクルムロフ(Český Krumlov)という街なのですが、本当に美しいところですね。エゴン・シーレの作品にも描かれているので(たとえばKrumauer Landschaft)ご存知の方も多いかと思います。

03_2

ヴァリとは相思相愛で彼女をモデルにした作品も評判が良かったようですが、最終的にエゴン・シーレはヴァリを捨て、1915年にハルムス家の姉妹、エーディトとアデーレ(Adéle Harms)を天秤にかけてエーディトを選びます。というのは、その前年に第一次世界大戦が勃発し、不穏な時代が始まっていましたので、画家として描き続けていくには、錠前師の父親を持ち、中産階級とはいえ収入も資産もあるハルムス家の方が好都合だったのです。

06_2

案の定、エーディトと結婚した直後に徴兵され、軍に入隊することになります。もちろん絵を描き続けるわけですが、使う画材はエーディトが揃えたもの。その後、1918年に第49回ウィーン分離派展に出品して一躍、有名になるまで、エーディトが支え続けたわけです。

07

そこに出品された代表作が、映画のタイトルでもある「死と乙女(Tod und Mädchen)」。乙女というのはヴァリのことで、従軍看護婦としてクロアチアに派遣され、そこで病死したことが作品名に反映されています。

05_2

ノア・サーベトラの美形が際立つ作品です。エゴン・シーレというのは、どう考えても許し難い男なのですが、彼の顔立ちで納得させられてしまうような気がします。

10

ちなみにエゴン・シーレが二股というか三股をかけていたエーディトの姉のアデーレは、クリムトが描いた「黄金のアデーレ」のアデーレ・ブロッホ=バウアーとは違います。あちらはユダヤ系の銀行家の娘です。

公式サイト
エゴン・シーレ 死と乙女Egon Schiele: Tod und Mädchen

[仕入れ担当]

2017年2月 5日 (日)

テーブルウェア・フェスティバル2017

たまには違った分野に触れてみようと、東京ドームで開催中のテーブルウェア・フェスティバルに行ってきました。

01

球場のグラウンドいっぱいに窯元や陶磁器ブランドが出展していて、終了時間までかなり賑わっていました。食器の人気にビックリしつつウロウロしていると、やっぱりいろいろと欲しくなってしまいます。

テーブルウェアとカタカナになっていますが、見応えがあるのは洋食器より和食器でしょう。小さな窯元がたくさん出展している他、名産地の組合が大きなブースを構えています。

02

長崎・波佐見焼の即売コーナーで日常遣いのうどん鉢を手に入れて満足していたら、その隣に多治見(美濃焼)のブースを発見。きれいなディスプレーと熱心な説明に誘われて、思わず小鉢や豆皿などを買い込んでしまいました。

03

そして小規模なブースが並ぶ一角へ。窯元それぞれに個性があって、時間が経つのも忘れて見入ってしまいました。

そこで惹かれたのが、瀬戸焼・翠窯(すいよう)のカレー皿。シンプルなようで味わい深さを感じる陶器です。既にいろいろ買っていたのでちょっと迷いながら、やはりこういうものは一期一会だと即決。

04

と思っていたら、この窯元、4月から御徒町の2k540にお店を出すそうです。とりあえず2点いただいたのですが、つかい勝手が良かったら追加しようと思います。

このフェスティバルでは、テーブルコーディネート・コンテストの優秀作が展示されている他、陶磁器ブランドなどのセッティングも見られます。いちばん上の写真は伊勢志摩サミットで使われた大倉陶園の食器だそう。

05

また、さまざまなイベントがあり、私が行ったときは黒柳徹子さんのトークショーが行われていました。

06

テーブルウェア・フェスティバル2017〜暮らしを彩る器展〜
https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

[仕入れ担当]

ブボバルセロナのモノリッツ スペインの伝統菓子トゥロンをアレンジしたチョコレート

今年も行ってきました♪西武池袋本店チョコレートパラダイス2017(会場マップ:PDF)。「世界をめぐる、スイートな旅」をテーマに各国のチョコレートをとり揃えています♪♪

今回のお目当ては、ブボバルセロナ(bubó BARCELONA)。以前、バルセロナのブボ・バルで美味しいタパスをいただいた思い出(詳しくはこちら)がありますが、スイーツを買うのは初めて♡

Bubo_1

下の写真のカラフルなチョコレート「モノリッツ」は、スペインの伝統菓子トゥロンをアレンジしたものだそう。ポップロックスと名付けられたプラリネは、パチパチとはじけるアメがコーティングされていて、口の中ではじける仕掛けに!ホワイトチョコでコーティングされたバレンシアオレンジとパッションのガナッシュは、絶妙な酸味と甘みで、とろけるような美味しさです!!

Bubo_2

ほかに、トマトのゼリーやレモンとバジルを組み合わせたボンボンショコラや、大粒のナッツが入ったチョコフルーツシリーズがあり♡ ちょうど昨日、表参道にオープンしたばかりの日本1号店はしばらく混雑していそうですが、ここチョコレートパラダイス2017では、ゆっくりと商品を選べますよ♥︎

会場は、ただいまモナドがイベント出店中の2階アクセサリー売場(ロフト側の南ゾーン)からエスカレーターで上ってすぐです。ぜひお立ち寄りください。

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年2月 4日 (土)

早春の百貨店イベント♪ 木の葉モチーフとブルーが春らしさを添えてくれるネックレス

西武池袋本店でのイベントでは、届いたばかりの最新作を含め、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の作品を幅広くご紹介しています。

その中から今日おすすめするのは、若葉が芽吹いてくる季節にぴったりのネックレスです。

3413_3

自然からインスパイアされるリーフ(木の葉)は永遠の人気モチーフ。ヘレナらしい滑らかで美しい仕上がりです。

<#2413:Helena Rohner ペンダント gn213l ブルー>Emonad_pequenita
3413_1

ポーセリン(磁器)は、鮮やかなブルーと柔らかなセレステ(空色)のコンビネーションが爽やか♪

2413_2

さまざまなネックラインに合わせやすいミドルレングスです。

重たいコートが要らなくなるこれからの季節、シンプルなトップスに春らしさを添えてくれます。

2413_4

西武池袋本店のイベント会場でぜひお試しください。お待ちしております♪♪

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年2月 3日 (金)

早春の百貨店イベント♪ 今から秋まで使える、保温性抜群なのに見た目に重たくないストール!

今日は節分、そして明日は立春です。
暦の上では春、気分も春!・・・でも、寒さには勝てません。。。

そこでおすすめなのが、あたたかいのに見た目に重たくないアメット&ラデュー(amet & ladoue)のストール! 今買って、秋までスリーシーズン使えます。

3388_2

コットン 53% x リヨセル 47% の混紡で、とても柔らかく、あたたかく、そして肌に優しいのです!

<#3388:amet & ladoue LOKNI ストーン>
3388_1

吸湿性・速乾性にも優れている素材なので、日常使いに最適です。

ここ数シーズンのトレンドであるミリタリーテイストにもぴったりな色柄。

3390_2

<#3390:amet & ladoue LOKNI カーキ>
3390_1

幅約90cm x 長さ約200cm の縦長なので、アフガン巻きにしたり、くるくるっとコンパクトにまとめたり・・・

3390_3

首にさらりと巻いて長めに垂らしたり、いろんな楽しみ方ができます。

3390_4

女性だけでなく、男性にもおすすめですよ。

今週水曜日から始まった西武池袋本店でのイベントでは、ご紹介の「今使える、秋まで使える」ストールをお買い得なお値引き価格でご提供しています。

Seibu1702

他にもさまざまな色柄がございます。ぜひイベント会場でお選びください。青・黄・白のフラッグが目印です。お待ちしております♪♪

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[仕入れ担当]

2017年2月 2日 (木)

ヘレナ・ローナーの2017年春夏新作:定番のエッグ型ポーセリンネックレス★弾けるような色合いで登場!

COMING SOONのブログ(こちらこちら)でお知らせしましたが、待望のヘレナ・ローナー(Helena Rohner)2017年春夏の最新作が入荷しました!

最初にご紹介するのは、定番のエッグ型ポーセリン(磁器)ネックレスです。

3564_1

スターリングシルバー(SV925)に合わせたサンタフェブルーとイエロー、18Kゴールドコーティングメタルに合わせたコーラルレッドとエクリュの4色展開。弾けるような色合いで目を引きます。

Hr_necklace

こちらは、鮮やかなサンタフェブルー。

3564_2

プチサイズのモチーフと、繊細なチェーンを組み合わせた普段使いし易いデザインです。チェーンの長さは、ゆったりとした約43.5センチあります。

<#3564:Helena Rohner ネックレス vn206n シルバー サンタフェブルー>Emonad_pequenita
3564_3 3564_4

続いて、爽やかなイエロー。

<#3565:Helena Rohner ネックレス vn206n シルバー イエロー>Emonad_pequenita
3565_1 3565_2

ポーセリンに合わせた鏡面加工のメタルも、ころんっとしたフォルムでキュート♡
3565_3

大人の可愛らしさを表現したコーラルレッドです。18Kゴールドコーティングメタルに合わせて、しっとりとした雰囲気に仕上げています。

<#3566:Helena Rohner ネックレス vn206nL ゴールド コーラルレッド>Emonad_pequenita
3566_1 3566_2

同じく18Kゴールドコーティングメタルに合わせたエクリュは、生成りの優しい風合いで大人気カラー。気になる方はお早めにチェックしてくださいね♪

<#3567:Helena Rohner ネックレス vn206nL ゴールド エクリュ>Emonad_pequenita
3567_1 3567_2

ただいま開催中の西武池袋本店でのイベントでご覧いただけます♪♪

※ご紹介の商品は通販可能です。
オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年2月 1日 (水)

早春の百貨店イベントは本日スタート♪気分が上がるイエローカラーのネックレス&ピアス

本日より2週間、西武池袋本店にイベント出店しています♪お仕事帰りやお買い物のついでに、ぜひ2階 アクセサリー売場(ロフト側の南ゾーン)にお立ち寄りください♪♪

本イベントでは、鮮やかなイエローやブルーなど、春をイメージさせるカラフルなジュエリーを数多くご紹介しています。

3349_1

こちらは、植物モチーフをレリーフで表現したジョイドアート(joid’art)のエナメルピアス。見ているだけで気分が↑上がる↑色合いです。

さっと着けられるフックタイプで、モチーフが微かに揺れます。イヤリングパーツにも付替えられますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。※ジュエリーパーツのご紹介はこちら

<#3349:joid'art BOTANICA ピアス フック イエロー シルバー>Emonad_pequenita
3349_3

同コレクションのネックレスは、白いニットやシャツによく合います!

3351_1

マットな質感のスターリングシルバー(SV925)と、イエローエナメルの爽やかな組み合わせです。

<#3351:joid'art BOTANICA ネックレス イエロー シルバー>Emonad_pequenita
3351_2

イベントでは、春を先取りできるジュエリーが勢ぞろいしています♪ご家族やご友人をお誘い合わせのうえ、ぜひご覧にいらしてください♪♪

201702_seibu_pop300

〜臨時休業のお知らせ〜
1月30日(月)から2月16日(木)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

フォト