« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

アクセサリー感覚で楽しめる、シルク x ウールxカシミアのストール

来春夏の買付でパリに来ています。
パリと言えば、人気のストールブランド、アメット&ラデュー(amet & ladoue)の本拠地。

Opera2

今日ご紹介する最新ストールは、パリ・オペラ座で美しく舞うバレリーナの物語がインスピレーションの源です。

Ametandladoue_aw17_18_hagen

この夏ご好評いただいたビーズ刺繍のリングに通してネックレス感覚でお楽しみいただいたストール。秋冬版はぐっとシックに大人っぽい雰囲気で登場です。

3769_8

長さ約185cm、幅は最大約40cmで両端が三角形状に細くなっていますので、男性のアスコットタイのような感覚で、ゆるく巻いてもエレガント♪

3769_9

ブラック&キャメル(左)、サフラン&ジーンズ(右)の2種類からお選びいただけます。

3768_3769

全体がシルクとカシミア混ウールのダブルフェイス(二枚仕立て)になっています。

<#3768:amet & ladoue HAGEN ブラック/キャメル>
3768_1

3768_3

しかも両端の三角部分と中央の長方形部分でカシミア混ウールの色を変えています。

3768_2 3768_4

刺繍にスパンコールを効かせたリング。小さなフリンジにも注目してください。

3768_5

さっと巻いて両端をリングに通すだけ。色と柄が交互に現れるように計算されています。

3768_6 3768_7

防寒のためというよりも、ニットやカットソーに合わせてネックレス感覚で楽しめるストールです。 もちろん、保温性の高い素材ですから、首から肩はしっかりとあたたかくキープしてくれます。

<#3769:amet & ladoue HAGEN サフラン/ジーンズ>
3769_1

3769_3

色使いや柄にどことなく和風な薫りが漂うのも、日本人的には馴染みやすいのではないでしょうか。

3769_2 3769_4

ひとつひとつ手作りされるリング。グラデーションになったスパンコールが華やかさを添えてくれます。

3769_5

ストールは巻き方が難しくて、とおっしゃる方も、このストールなら、さっと巻いてリングに通すだけ。手軽に雰囲気のあるスタイリングが作れます!

3769_6 3769_7

この秋はネックレス感覚で楽しめるストールで出かけませんか? 

※ご紹介のストールは通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

保存保存

保存保存

2017年9月29日 (金)

ハイテク素材の折りたためる帽子

モデルさんがポーンと上に投げている黒い物体、なんだと思いますか?

Nickimarquardt_catsdogs_1

実は帽子なんです。
ニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)の折りたためる帽子シリーズに新たに仲間入りしたハイテク素材の帽子 cats & dogs。

Nickimarquardt_catsdogs_3

ポリエステルとアルミニウムから作られた工業用ファブリックを使って作られていて、上の写真でお分かりいただけるように、折りたためるだけでなく、いろんなカタチになります。

3801_6

ブリム幅が広いので、「秋こそ紫外線に注意すべし!」というこれからの行楽の季節にぴったり。

後ろのストラップはアクセントとしてだけでなく・・・

3801_7

こんな風にバッグに帽子を留めることができます。

3801_8

帽子の色はブラックのみですが、後ろのストラップはグレーとクリームの2色からお選びいただけます。

<#3800:Nicki Marquardt Cats&Dogs #2 グレー>
3801_1 3800_2

シュワシュワっと和紙のような独特の質感。

<#3801:Nicki Marquardt Cats&Dogs #2 クリーム>
3801_1_2 3801_2

英語で "rain cats and dogs" は「土砂降り」という意味ですが、耐水性がありますので、突然の雨にも安心です。

片側のブリムをちょっと斜め気味にかぶって気取ってみたり。

3800_6 3800_5

3800_4 3800_3

ブリムの形を変えると雰囲気や印象が変わります。

3801_3 3801_4

男性は、下のモデルさんのようにカーボーイハット風に。

Nickimarquardt_catsdogs_4

創業20周年を記念して新たに開発された折りたためる帽子。 本国ドイツのVOGUE誌でもフィーチャーされています。

Nickimarquardt_catsdogs_2

ぜひモナドでお試しください。お待ちしております♪

※ご紹介のハットは通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

2017年9月28日 (木)

アヤメ2017年秋新作:シックなラメ使いでメンズライクなステンドグラスソックス

散策が楽しい秋。足元のファッションにも手が抜けませんね♪
アヤメ(Ayamé)の最新作“ステンドグラスソックス”があれば、足取り軽やかに、お出かけの機会が多くなっても大丈夫です♪♪

3783_1

コットンとナイロン素材で編まれたスリークォーター丈。モナドではブラックとグレーを展開します。

Stainedglass

繊細な糸でくっきりと編まれた色柄が見事です。つま先と踵以外は、全体的に透け感をもたせて編まれています。

3782_2

ブルーとホワイトラメをいかしたブラックは、黒のレザーシューズに合わせて色柄の鮮やかさを際立たせるのも良し、柔らかな素材感のファーやベロアのブーツに合わせて印象を和らげるのも素敵です。

<#3782:Ayamé ステンドグラスソックス ブラック>
3782_1

深みのあるグリーンとホワイトラメをつかったグレーは、落ち着いた雰囲気でコーディネートし易く重宝します。

<#3783:Ayamé ステンドグラスソックス グレー>
3783_2

歩くたびにキラリと光るラメ使い。フラットシューズやパンプス、スニーカーやブーツと合わせてお楽しみください♪

※ご紹介のくつ下は通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[店長]

2017年9月27日 (水)

ベアトリス・パラシオス2017-18年秋冬新作:繊細で瀟洒なパールのチェーンネックレス

パールをこよなく愛したココ・シャネルは "A woman needs a rope and rope of pearls" と語っています。いつの時代も女性を魅了しつづけるパールには、一粒でも、一連でも上品に決まる美しさがあります。

3792_4_2

ベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)のパールネックレスは、2本のネックレスを重ねづけしているように見えるデザインです。

<#3792:Beatriz Palacios ネックレス C06-bes ロング>
3792_1

繊細で瀟洒なチェーンネックレス。チェーン全体の長さは約80センチです。

短い方に小粒のパールをびっしりと連ねています。

3792_2

ベースのスターリングシルバー(SV925)には18Kゴールドを厚さ3ミクロンでコーティングしています。
ひっかけるだけの留め具は、着脱しやすく、ネイルがはがれる心配もありません。

3792_3

昨日ご紹介したパールピアスとセットでコーディネートしてみました。
大粒パールのピアスには繊細なネックレスがバランス的にパーフェクト。

3792_3789_2

ハート♥エナメルのピアスとの組み合わせもラブリーです♪

3792_3790

過ごしやすい秋はお出掛けの機会も増えてきます。
たとえば、話題の美術展、観劇やコンサート、ご友人やご親戚のご結婚パーティー、久しぶりの同窓会など、ちょっとスペシャルなときに頼りになるのがパールジュエリーです。

ベアトリス・パラシオスのパールジュエリーは、クラシックなエレガンスの中に遊びの要素を持たせたデザインが魅力。パールジュエリーの新しい楽しみ方が発見できるはず(!)です。
ぜひモナドまでご覧にいらしてください。お待ちしています♪♪

※ご紹介のネックレスは通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

保存保存

2017年9月26日 (火)

ベアトリス・パラシオス2017-18年秋冬新作:秋めいてきたら、パールが気分♪

しっとりとした秋は、パールが気分です。

Beatrizpalacios_aw17_18_pearls

女性の永遠のお気に入り「パール」を、ベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)流に大胆かつ繊細に仕上げた最新ピアスをご紹介します。

3789_4

3790_4

いずれも根強い人気のフープピアス。
ベースは、スターリングシルバー(SV925)に18Kゴールドを3ミクロンで厚くコーティングしています。

3789_3790

ドロップ型パールの大きさは約15mm x 10mm。

<#3789:Beatriz Palacios ピアス P03-bes パール>
3789_1

シンプルながらインパクトのあるデザインです。
上品さと華やかさを併せもつパールの魅力を存分に引き出しています。

3789_2

天然パールの柔らかなきらめき。自然の贈り物ですね。

3789_3

続いては、真っ赤なハート♥が可愛らしく揺れるデザインです。

<#3790:Beatriz Palacios ピアス P03-bes エナメル>
3790_1

ひとつひとつ手作りされるエナメルのハート。

3790_2

フープ先端にあしらわれた小粒なパールは名脇役的な存在。
全体のバランスが計算されています。

3790_3

米国の永遠のファッションアイコン、ジャッキーことジャクリーン・ケネディ・オナシスは "Pearls are always appropriate" と言っています。そう言えば、映画「ジャッキー」のポスターも三連パールでしたね。いつの時代もパールは女性の強い味方です!

この秋は、ベアトリスのパールピアスで装いに優しい輝きを添えてみませんか?

※ご紹介のピアスは通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

保存保存

2017年9月25日 (月)

映画「オン・ザ・ミルキー・ロード(On the Milky Road)」

00 エミール・クストリッツァ(Emir Kusturica)監督、9年ぶりの新作です。この監督らしい笑いと風刺がちりばめられた独自の世界が展開します。

主演は監督自身。「エル・クラン」のパブロ・トラペロ監督が手がけた「セブン・デイズ・イン・ハバナ」の1編への出演など、このところ監督業より俳優業の方が主になっている感もあります。

そしてその相手役、ヒロインは「シチリア!シチリア!」「サイの季節」「007 スペクター」のモニカ・ベルッチ(Monica Bellucci)。周りの男すべてを魅了する女性という役どころとして、この上ないキャスティングなのですが、実は監督が彼女と共演したかっただけなのでは?という気がしないでもありません。いずれにしても、このところ演技の枠を拡げている彼女、モナドが2015年の“BEST 女優賞”に選んだだけあって(?)圧倒的な存在感を見せつけていました。

01

物語の舞台は、中欧のどこかの国の小さな村。他国との戦争なのか、内戦なのかわかりませんが、日常的に砲弾や銃弾が飛び交っています。監督が演じるコスタはミルクの配達屋で、危険をものともせずロバに乗って前線の兵士たちにミルクを届けています。なぜ前線が恐くないかといえば、父親に関するおそろしい経験をしているから。その経験を部屋の写真立てに入れているあたりから厭世的な性格がうかがえます。

02

そのコスタを雇っているのは母娘2人で営んでいるミルク屋で、母親はいつも大きな時計の保守に難儀しています。娘のミレナは美しくダンスも上手な人気者。実はコスタに想いを寄せていて、戦争に行っている兄が帰ってきたら、兄妹でダブル結婚式を挙げたいと願っています。その願いを叶えるため、難民の収容施設から兄の花嫁候補を見つけてきます。

20

この花嫁候補を演じるのがモニカ・ベルッチで、田舎っぽい服を着ていてもゴージャスさは隠せません。それでいてミルク屋で乳搾りの仕事を淡々とこなし、なぜかコスタに惹かれ始めます。一応、共に戦争で悲惨な体験をしたことで心が繋がったということになっていますが、ある種のファンタジーですから、細かい突っ込みを入れても仕方ありません。

14

そこで突如として休戦協定が結ばれたという噂が流れ、ミレナの兄であるジャガが、サイドカー付きのバイクで帰ってきます。そしてとんとん拍子に結婚式の準備が始まります。

05

しかし喜びも束の間。翌日、コスタが兵舎に配達に向かうと、途中でヘビに妨げられ、ようやく兵舎に着いたと思ったら兵隊たちは皆殺しにされていています。ミルク屋に戻るとこちらも焼き討ちにあっていて、ミレナ兄妹も殺されています。実はミレナが連れてきた花嫁候補、ある英国将校が恋い焦がれていて、彼女を奪回しようと特殊部隊を差し向けたのでした。

07

そして、ヘビのおかげで命拾いしたコスタと井戸に隠れていたおかげで助かった花嫁の2人組が、特殊部隊に追われて逃げ惑う展開になります。

09

いつまでも“花嫁”のままで回りくどい感じですが、モニカ・ベルッチ演じるこの役には名前がありません。エンドロールでもNevesta(チェコ語でBrideの意味)と記されるのみ。このあたりもファンタジー的な仕掛けなのでしょう。

17

映画の冒頭で、3つの実話と多くのファンタジーに基づいている、と示されますが、おそらく戦争の悲惨さや愚かさを描いた部分はユーゴスラビア紛争を下敷きにしていて、2人の逃避行や随所に登場する動物たちはファンタジーの部分なのだと思います。

15

ジャガ役は、ベオグラード出身のプレドラグ・マノイロヴィッチ(Predrag Manojlović)。「パパは、出張中!」のパパ役、「アンダーグラウンド」の主人公マルコを演じたほか、「黒猫・白猫」「ウェディング・ベルを鳴らせ!」にも出演している、クストリッツァ監督作品の常連俳優です。

19

ミレナ役はユーゴスラビア出身のスロボダ・ミチャロヴィッチ(Sloboda Mićalović)。想いを寄せる男をモニカ・ベルッチに奪われるという損な役回りですが、彼女に負けず劣らずの美人女優です。

18

そして、バックに流れるバルカンミュージックを担当したのは、監督の息子であるストリボール・クストリッツァ(Stribor Kusturica)。監督が率いるノー・スモーキング・オーケストラの一員であると同時に、「ウェディング・ベルを鳴らせ!」などクストリッツァ作品に俳優として出演している人です。本作のプロモーションで監督が来日した折には、同オーケストラを帯同し、Zepp Tokyoでワンナイトのライブを行ったそうです。

公式サイト
オン・ザ・ミルキー・ロードOn the Milky Road

[仕入れ担当]

保存保存

2017年9月24日 (日)

超絶記録!西山夘三のすまい採集帖 LIXILギャラリー

昭和の住まいを見続けた建築学者、西山夘三の凄まじい記録を見ていく展覧会です。

Uzonishiyama_1

京の町家や日本各地に点在する農家をはじめ、住宅不足だった戦後に家に転用されたバスや電車ずまい、軍艦島や筑豊の炭鉱住宅、自らが軍隊生活を体験した兵営や戦後に暮らした同潤会アパートまで、26項目にまとめられた日本のすまいを分かり易く図版で解説しています。

Uzonishiyama_2

公私にわたって記録魔だった西山氏は、スケッチブック約120冊、写真20万コマを残し、さらに日記、日誌、日録を日々綴ったそうです。胃潰瘍で入院した際は病室の間取りから検査内容まで、こと細かに記しているのですが、眼科で眼鏡の度があっていないと指摘されたことまで書かれていました。

中学時代からヴェスト・ポケット・コダックを愛用し、これ以降、さまざまなカメラを手に入れ、現像、焼き付けも自分で行う写真マニア。

子どもの頃から描いていたという漫画や、漫画研究ノートも見どころです。

Uzonishiyama_3

超絶記録!西山夘三のすまい採集帖
http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html
2017年11月25日(土)まで

[店長]

2017年9月23日 (土)

アヤメ2017年秋新作:レトロな感覚と近未来が融合した時計じかけのソックス

靴下がコーディネートの主役を張れる季節がやってきました♪
爽やかな風が吹く日、ミモレ丈のスカートとローファーに合わせたアヤメ(Ayamé)の最新作。レトロな感覚と近未来が融合した色柄で、秋の香りを漂わせる“時計じかけのソックス”です。

3781_1

ナイロン素材で編まれたスリークォーター丈、ブラウンとネイビーがあります。

Clockwork

複雑に交差させた色使いで、ベーシックな黒や茶のローファーのほか、ニュアンスカラーのトープやグレーのブーツとも相性抜群。

<#3781:Ayamé 時計じかけのソックス ブラウン>
3781_2

ベースになっているブラウンの箇所は、透け感が出るように編まれています。

3781_3

ネイビーは、蛍光ピンクとイエローをきかせた配色です。ボルドー系のボトムスやシューズに合わせても可愛くなりそう♡

<#3780:Ayamé 時計じかけのソックス ネイビー>
3780_1

なめらかな履き心地で病みつきになるアヤメソックス!ぜひ一度お試しください!!

※ご紹介のくつ下は通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[店長]

保存保存

2017年9月22日 (金)

秋風を感じてきたら、優しい肌心地のコットン x リヨセル ストール

"Winter Legends" をテーマに、世界中で語り継がれる神秘的なストーリーを表現したアメット&ラデュー(amet & ladoue)の最新コレクション。

Ametandladoue_aw17_18_grim

その中から今日ご紹介するのは、「だんだん肌寒くなってきたけど、まだウールはちょっと・・・」と感じる秋口にぴったりのコットン x リヨセルのストールです。

3763_6

コットン53%とリヨセル47%の混紡で、とても柔らかく、肌に優しいのが最大の魅力♪

3763_7

また、吸湿性と速乾性にも優れているので、若干暑さが残る早秋のストールとしては最適です。

ベースカラーはピンクとブルーの2色をご用意しました。

3762_3763

真夜中の森をイメージした柄もユニークです。

<#3762:amet & ladoue GRIM スカイ>
3762_1

3762_4

満月に吠えるオオカミや、草むらに隠れるウサギやキツネや子鹿たち・・・

3762_2

3762_3

そんなファンタジックな世界を表現した新感覚の(!)カモフラ柄です。

3762_5

約125cm x 125cmのスクエア型。柔らか素材の大判なのでアフガン巻きも自然に決まります。発色のよいオレンジの縁取りがピリッとしたスパイスに。

ピンクにグレイッシュなカーキの組み合わせもおしゃれです。

<#3763:amet & ladoue GRIM ピンク/グレー>
3763_1

3763_4

さすがパリのストールブランド。色使いがひと味違います。

3763_2

3763_3

ピンクにはブルーの縁取り♪
リヨセル混なので、ほど良いとろみ感と光沢感があります。

3763_5

3月のパリ展示会場で 、デザイナーのお二人にモデルになっていただきました。
かっこいいナタリーさんには、ちょっぴり甘いピンクを・・・

Nathalie_3762

大人かわいいファビアンヌさんにはキリッとしたブルーを。

Fabienne_3763

素材といい、色柄といい、秋モードへシフトチェンジするのにパーフェクトな一枚です。
ぜひモナドでお試しください♪♪

※ご紹介のストールは通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

保存保存

保存保存

2017年9月21日 (木)

COMING SOON:空気の澄んだ季節に色をプラスするジョイドアート2017年秋冬の最新コレクション

本日ご紹介するジョイドアート(joid’art)の最新作は、スモーキーなグリーン、シックなグレー、凛としたホワイトを基調にした3つのコレクションです。

Joidart2017aw_2

マットなゴールドコーティングメタルに、淡いグリーンのエナメルを施した VULCANO コレクションは、火山岩がモチーフ。

Volcano_1

優しい色合いのジュエリーは、ダークカラーの装いを新鮮な印象に変えてくれます。

Volcano_2

耳元にぴたりと着く小ぶりのスタッドピアス、長いフックもデザインの一部になっている縦長ピアスと着け心地の軽いワイヤーネックレスは、ぜひセットでお楽しみください。

Volcano_3

TERRAZZO PROJECT は、70年代の建築物にみられる大理石からインスパイアされたコレクションです。

Terrazzo_1

上質なスターリングシルバー(SV925)に、ヴェネツィアの美しいムラーノガラスを合わせています。シンプルでシックな印象のピアスとネックレスです。

Terrazzo_2

最後はブラックコーティングメタルに、ホワイトのイミテーションパールを合わせた FANCY コレクション。

Fancy_1

ピアスは、耳たぶの後ろからモチーフがさがる華やかなロングシルエットのほかに、日常使いし易いプチサイズもあります。

Fancy_2

デコルテラインをすっきりとみせてくれるチェーンネックレスです。

Fancy_3

シャラシャラと動きのあるブレスレットは、タイトなニット袖の上に着けて◎

Fancy_4

ジョイドアート2017年秋冬の最新コレクションは、来月からご紹介が始まります。どうぞお楽しみに!

[店長]

2017年9月20日 (水)

COMING SOON:アーティストたちのスケッチを巧みに表現したジョイドアート2017年秋冬の最新コレクション

大変長らくお待たせしました!ジョイドアート(joid’art)2017年秋冬の最新作がもうすぐ入荷します!!アーティストたちが思い思いに描いたスケッチを、ジョイドアートが誇る職人たちが技術を駆使してカタチにした数々のジュエリーが登場です。

Joidart2017aw_1

本日ご紹介するのは、メタルだけでかたどられた3つのコレクション。

1900年代初頭、詩人としてデビューし彫刻家や画家として活躍するなかで常に革新を求め、多くのアーティストに影響を及ぼした Jean Arp へのトリビュート作品、ARP コレクションです。

Arp_1

自由で遊びのある曲線をいかしたフープピアスは、動きがあり、華やかでキュートです。ロングチェーンのネックレスは、ボリュームのあるニットやワンピースに合わせてお楽しみください。

Arp_2

複数のラインが入り交じる VALENTINA コレクションは、特に存在感のあるワイドなバングルが目を引きます。

Valentina_1

デイリーに使えるシルバーのフープピアスは、今シーズン大活躍すること間違いありません。

Valentina_2

ゴールドカラーは、シルバーと同じフープのほかに、プチサイズのスタッドピアスがあります。

Valentina_3
Valentina_4

ゆったりした長さのチェーンネックレスは、ラウンドネック、ボートネック、タートルネックなど、合わせるトップスを選ばず、コーディネートしやすいデザインです。

Valentina_5

鏡面仕上げの SINUOSA コレクションは、シルクシャツの生地感を精緻に表現。

Siunosa_1
Siunosa_2

美しい彫刻作品を身に纏う感覚です。

Siunosa_3

2種類のピアスと、ショートチェーンのネックレスは、シルバーとゴールドカラーで展開。ワイドなリングは、シルバーをご用意しています。

Siunosa_4

明日は、ヴェネツィアのムラーノガラス、イミテーションパール、エナメルで彩られた3つのコレクションをご紹介♪どうぞお見逃しなく♪♪

[店長]

2017年9月19日 (火)

映画「ダンケルク(Dunkirk)」

00 クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督の最新作です。前作「インターステラー」のときも同じことを記しましたが、この作品も映画館の大スクリーンで観なくては意味がない1本です。なぜなら、物語の展開や演技を楽しむ作品ではなく、観客が体験するタイプの作品だから。ホームシアターの100インチ以上のスクリーンでご覧になっても、劇場とは受ける印象がかなり違うと思います。

よく知られているようにノーラン監督、CG嫌いでデジタルカメラも嫌いというアナログ派。本作も IMAX 70mmフィルムによる上映を希望しており、世界各国でこの規格で上映されたようです。しかし日本国内には対応できる劇場がありません(最寄りはメルボルンかバンコク)ので、大阪エキスポシティのIMAX 70mmデジタル上映か、東京・丸の内ピカデリーの35mmフィルム上映か、という話になるのですが、映画を観に大阪まで行けませんので私は丸の内ピカデリーで観てきました。

それでどうだったかと言うと、良い点はフィルムらしい質感と、青の発色がきれいだったこと。逆に言えば、映像の粒子の粗くて、ちょっとボケた感じですので、そこで好き嫌いが分かれるかも知れません。

21

映画は第二次大戦初期に英国軍がダンケルクから撤退した模様を描いたものですが、よくある戦争映画と本作が異なる点は、主だった登場人物たちに闘う意志も気力もないこと。トム・ハーディー(Tom Hardy)演じる英国軍パイロットが空中で応戦することを除けば、地上や海上の兵士たちはまったく勇ましくありません。ただただ怯え続け、自分だけでも生き延びたいと願う、ある意味、人間らしい若者たちです。

02

冒頭は、兵士の一団が銃撃されて逃げ惑うシーン。斃される仲間を尻目にトミーという兵士がダンケルクの海岸にたどり着きます。そこではドイツ軍に追い詰められた40万人あまりの英国軍兵士が救出の船を待っているのですが、遠浅の砂浜なので大型船を着けることができません。そこでトラックなどを使って仮設の桟橋をかけ、傷病兵から順番に軍艦に運んでいるのです。

04

もちろんドイツ軍も傍観しているわけではありません。空からメッサーシュミットで空爆し、桟橋を渡っていた兵士たちは敢えなく吹き飛ばされます。震える兵士たちに威厳も何もありません。それがこの状況における兵士たちのリアルなのでしょう。

03

本作は3つの視点から描かれているのですが、もう一つが上で触れた空軍パイロットの視点。撤退する地上軍を守るため、敵の攻撃を封じ込める役割を担うスピットファイアの兵士たちです。ロールスロイスのエンジンを積んだ優れた戦闘機とのことですが、問題は燃料で、英国本土から1時間かけてダンケルクまで飛び、交戦に時間をかけてしまうと、帰還用の燃料がなくなるという制約を抱えています。それでも、この映画の中では唯一、軍隊らしい姿を見せる一団です。

10

そして、もう一つの視点が、救出に向かう民間船からのもの。遠浅なので大型船は着けられませんが、遊覧船や漁船やプレジャーボートといった小型船なら、浜辺に近づくことができます。そこで英国政府は700隻の民間船に協力を依頼するわけです。そのうちの1隻、「ブリッジ・オブ・スパイ」のマーク・ライランス(Mark Rylance)演じるドーソン船長とその息子が操舵する船の様子が描かれます。

06

彼らが最初に救出するのがキリアン・マーフィー(Cillian Murphy)演じる一人の兵士なのですが、これが恐怖に取り憑かれて正気を失っています。おそらく乗っていた救助船が攻撃されて漂流していたわけで、怯えるのも当然なのですが、ドーソン船長がこれからダンケルクに向かうと言うと発狂したような状態になって重大なトラブルを起こします。

08

それ以外にも、トミーたちが救助船に潜り込もうとしたり、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ(Harry Styles)演じる高地連隊の兵士が、味方であるフランス兵を脅したり、規律も倫理観も失われた有り様が次々と映し出されます。

09

唯一、軍人らしく振る舞っていたのはケネス・ブラナー(Kenneth Branagh)演じる海軍中佐のみ。とはいえ、この2週間後にはフランスが崩壊しますので、もし映画通りの行動をしていれば捕虜になってしまうでしょう。

07

このように臆病な兵士たちと勇敢な民間人たちが対比的に描かれていくのですが、この映画が特異な点は、あれだけの空爆を受けているのに、死体がほとんど出てこないところ。吹き飛ばされたり倒れている人は映るのですが、グロテスクな映像はありません。見方を変えれば、攻撃される恐怖だけを観客と共有している感じです。

23

また、ドイツ兵の姿も見えません。何度もメッサーシュミットから空襲されますし、魚雷を受ける場面もありますので、近くに敵兵がいることは明らかですが、敢えてそれを見せないように作っているようです。ちなみに、この撮影で使われたメッサーシュミットは、スペインのフランコ政権が作っていた類似機のビンテージを改造して使っているそう。スピットファイアもビンテージの実機を借りてきて、そこにIMAXカメラを積み込んで撮っているそうで、エンジン音などは当時と同じだそうです。

17

このような事情で、実戦では何百機もの戦闘機が空中戦を繰り広げたわけですが、スクリーンに映し出される機体は数機だけです。また、史実では33万8000人あまりの兵士が救出されたことになっていますが、ロケ現場の浜辺にいたエキストラは数千人で、背後にいる人影はすべて書き割りだそうです。どんな手段を使ってでも絶対にCGは使わないというノーラン監督の執念ですね。

20

公式サイト
ダンケルクDunkirk

[仕入れ担当]

2017年9月18日 (月)

ヨコハマトリエンナーレ 2017 - 島と星座とガラパゴス 横浜美術館

3年に1度行われている現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ 2017」を観に横浜美術館まで出かけてきました。第6回を迎える2017年は、タイトル「島と星座とガラパゴス」のもと、接続性と孤立をテーマに約40組のアーティスト作品を紹介しています。

Yokohama_triennale_2017_1

まず目に入るのは、美術館のファサードを飾るアイ・ウェイウェイの作品《安全な通行》。窓枠に見立てたオレンジ色の救命ボート14艇と、中東や北アフリカから地中海を渡り、ギリシャ領のレスボス島にたどりついた難民たちが実際に着用していたというライフジャケットで覆い尽くした2本の柱がお出迎え。

Yokohama_triennale_2017_2

アメリカのモダンアート界を代表するロブ・プルイットの作品《オバマ・ペインティング》は、アメリカ国旗と同じ赤、青、白で描かれています。オバマ氏が大統領に在籍していた8年間、ニュース写真をもとに毎日一枚ずつ、同じサイズ、同じトーンで重要な出来事から些細な事柄まで記録し続けたもので、総数2,922枚にもなったそうです。

Yokohama_triennale_2017_3

フィリピン・マニラを拠点に活動するマーク・フスティニアーニは、鏡や光を駆使して、どこにも繋がらない《トンネル》や底のない《穴》を館内につくり、観ているものたちを異空間に誘っているかのような錯覚をおこさせます。

Yokohama_triennale_2017_4

辛辣でユーモラスな作風で知られるイタリア人アーティスト、マウリツィオ・カテランは、思いもよらない場所に自身の像をつり下げ、無数の顔を貼付けて笑いを誘います。

Yokohama_triennale_2017_5

本展は横浜美術館のほかに、ヨコハマ赤レンガ倉庫1号館と横浜市開港記念会館でも展示があり、歴史的な建造物と合わせて現代アートを楽しめます。1日で観てまわれるように無料巡回バスも運行していますが、日を分けて、じっくり堪能するのも良さそうです。

ヨコハマ トリエンナーレ 2017 島と星座とガラパゴス
http://www.yokohamatriennale.jp/2017/
2017年11月5日(日)まで

[店長]

2017年9月17日 (日)

ヘレナ・ローナーの2017年秋冬新作:合わせる服も、着けるシーンも選ばないミニマルなブレスレット

昨日に続いて、メタルだけで表現したヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の2017秋冬新作をご紹介します。

さまざまなコーディネートに合い、着けるシーンを選ばないミニマルなブレスレットです。

3753_1

着け心地の軽い繊細なアームで、曲線をいかしたモチーフがアクセントになっています。脱着は、片側アームの先にあるフックをモチーフに引っ掛けるだけ。コンパクトなサイズ感でおさまりが良く、邪魔になりません。

20170917news_rohner

丹念に磨きあげたスターリングシルバー(SV925)はクールな印象です。デニム×カットソーなどのカジュアルスタイルや、キレイめのドレープブラウスを合わせたオフィスファッションにもしっくりきます。

<#3753:Helena Rohner ブレスレット vb607 シルバー>Emonad_pequenita
3753_2

あたたかみを感じさせる18Kゴールドコーティングメタルはエレガントな印象です。普段はこれ1つで楽しんで、週末のお出かけなど着飾りたいときは、ワイドなカフブレスとゴージャスに重ねづけして◎

<#3754:Helena Rohner ブレスレット vb607L ゴールド>Emonad_pequenita
3754_1

ミニマルなデザインで気負いを感じさせず、スタイリッシュに見せてくれるブレスレットです。

※ご紹介の商品は通販可能です。オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年9月16日 (土)

ヘレナ・ローナーの2017年秋冬新作:トラッドからトレンドスタイルまでマルチに活躍するミニマルなピアス

丸みをおびたドロップ型はヘレナ・ローナー(Helena Rohner)のアイコンともいえるデザインで人気の高いモチーフです。2017秋冬も美しくバージョンアップして登場しています。

3751_1

背面をけずり取ったようなカタチで耳元にぴたりと沿い、下部に膨らみをもたせて、女性らしさを引き立てます。さっと着けられるフック型で、合わせ易い小ぶりのモチーフです。

2017aw_helenarohner_6

周囲のものが映り込むほど丹念に磨き上げられたスターリングシルバー(SV925)は凛とした印象を与えてくれます。飽きのこないタイムレスなデザインで、シンプルなスタイルから、モードなファッションまでマルチに活躍。

<#3751:Helena Rohner ピアス vea614 シルバー>Emonad_pequenita
3751_2

優しい光を放つ18Kゴールドコーティングは、秋の定番チェックやブラウン系のコーディネートにぴったりです。前にご紹介したヘレナの天然石タイガーズアイネックレスに合わせるとシックな大人スタイルに、ガラスビーズのロングネックレスと合わせるとトレンドカラーを取り入れた今年らしい装いになります。

<#3752:Helena Rohner ピアス vea614L ゴールド>Emonad_pequenita
3752_2

一つあると嬉しいミニマルなピアス。ぜひワードローブに加えてください。

※ご紹介の商品は通販可能です。オンライン販売サイト e-monad で長さや重さ、価格等、詳しい商品情報をご紹介しています。

↓↓今すぐ下のボタンをクリック↓↓
Click_emonad

[店長]

2017年9月15日 (金)

9月はジュエリーのお手入れ強化月間

今月は、恒例となりましたジュエリーのお手入れ強化月間です。夏から秋に変わる今、ジュエリーのお手入れを特にオススメしています。シーズンに活躍したネックレスやピアスを磨きますので、ぜひお持ちください♡ また冬にお使いになるレザーブーツや帽子は、新品のうちからケアしておくと汚れが付きにくく、日頃のお手入れがラクになります。こちらも合わせてご相談ください♥︎

Monad_autumn17

お買い上げいただいた商品を長くご愛用いただくためにご用意しているモナドのサービスには、ジュエリーをお手入れするほか、古くなったレザーコードやエンドパーツの付替えや、皆さまが日頃のお手入れに使えるグッズを取り扱っています。

超極細繊維のクロスは、洗って何度も使えますので、シルバーを磨いたり、ゴールドコーティングジュエリーについた埃や油性の汚れを取り除くためにぜひご利用ください♪

Jewelry

革製品を保護してくれる天然素材でつくられたクリームは、ブーツ、バッグ、お財布などの革の風合いを大事にします。

Leathers

また、洗えない帽子のブラッシングや除菌、消臭、防水などに効果的なお手入れもお手伝いいたしますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

ゆったりお過ごしいただけますよう少し模様替えしました。皆さまのお越しをお待ちしております♡

Monad

[店長]

2017年9月14日 (木)

ヴィアリス2017秋冬の最新作、美しい立ち姿をつくりだすプレーンなショートブーツ

昨年の秋冬に初登場し、大変ご好評いただいたヴィアリス(vialis)ブーツ。
今年はプレーンなサイドジッパーのショートブーツが入荷しました!スマートなシルエットと履き心地の良さはもちろん、足長効果が期待できるヒールのデザインや、筒幅が微調整できる造りなど、立ち姿を美しく見せるための嬉しい工夫がいくつもあります!!

3807_1

カラーバリエーションは、トープとタンの2色。植物タンニンなめしの上質なイタリアンレザーを使い、可能な限り縫い目を減らして履き心地を良く造られています。

3807_3810

ニュアンスカラーのトープは、グレーとカーキをかけ合わせたような色合いです。コーディネートするボトムスやタイツの色柄を選ばず、足元を軽やかに見せてくれます。

<#3807:vialis NATHA6385/CRUST トープ>
3807_2 3807_3

安定感のある太めのヒールは高さ約6センチ。ヒール上部がアッパー素材で覆われているため、足長に見せる効果があります♪ 厚さ約1センチのラバーソールは柔軟で滑りにくく、雨や雪の水分も吸いませんので、底冷えも無し♪♪

3807_4 3807_5

緩やかな曲線を描いたヒールカーブは、踵に負担をかけず、しっかりホールドしてくれます。足入れが良く、ワイズが広めのお客さまにも自信を持ってオススメできるブーツです。

3807_6 3807_7

赤みがかったブラウンのタンカラーは、トラッドな秋スタイルに欠かせません。

バンプからトップエンドまで切り替えがないラウンド型のプレーントゥで、すっきりしたシルエット。

<#3810:vialis NATHA6385/CRUST タン>
3810_1 3810_2

サイドは、外側にジッパーとベルクロ付きの切り替え。

3810_3 3810_4

筒と足との開きは指1本入るくらいが歩きやすくキレイに見えると言われていますが、こちらは筒幅をベルクロで微調整できますので、いつも理想的なシルエットで着用できます。

3810_5 3810_6

約14.5センチのショート丈。キレイめのスカートからカジュアルなパンツスタイルまで合いますので、今シーズン大活躍すること間違いありません♪♪ どうぞお見逃しなく、ご覧にいらしてください♪♪

3807_8

※ご紹介のブーツは、通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[店長]

2017年9月13日 (水)

スティーブ・モノ2017-18年秋冬新作:携行しやすい・見やすい・取り出しやすい、ボックス型の小銭入れ

昨日ご紹介したお札入れとセットでお使いいただきたいスティーブ・モノ(Steve Mono)の小銭入れです。

3776_3777_3778

お札入れと同じく、ブルー、ブラック、ブランデーの3色からお選びいただけます。

<#3778:Steve Mono 小銭入れ SO BLUE>
3778_1

ボタンで留めるシンプルなつくりのボックス型です。

3778_2

外寸は縦約6.5センチ、横約9.5センチ。
手のひらに収まるコンパクトなサイズです。

3778_3

美しいブルーの小銭入れとお札入れをセットで持つと、オシャレ感も倍増ですよ~♪♪

3775_3778

小銭入れも、もちろん植物タンニンなめしのカーフレザー製。

<#3777:Steve Mono 小銭入れ BLACK>
3777_1

ガバッと大きく開くので、中の小銭が一目瞭然。
必要な小銭をさくっと取り出せます。

3777_2

会計のときにモタつかず、スマートです♪

3777_3

ブラックのセットは、ビジネスシーンでも違和感ありませんね。

3774_3777

ちょっとコンビニまで、というときにサクッと持ち歩ける気軽さが魅力。

<#3776:Steve Mono 小銭入れ BRANDY>
3776_1

ボックス型なので小銭を取り出すときに落ちる心配がありません。

3776_2

背面のロゴの型押しもさりげない。

3776_3

実りの秋は、お財布を買い替える季節にぴったりだそうですよ♪

3773_3776

スティーブ・モノのユニセックスラインで展開している小銭入れ&お札入れは、女性のお客さまにも、男性のお客さまにもおすすめ。ぜひ、新しいお財布は2つ持ちで♪♪

※ご紹介の小銭入れは通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

2017年9月12日 (火)

スティーブ・モノ2017-18年秋冬新作:飽きのこないベーシックな二つ折りのカーフレザー製お札入れ

長財布コイン&カードケース名刺入れなど、男女問わずご好評いただいているスティーブ・モノ(Steve Mono) のレザー小物。今シーズンは、二つ折りのお札入れと小銭入れが入荷しています。

スマートに持ちたい、お金の管理がしやすいなどの理由からお財布をメインとサブで2つ持ちされる方が増えているようです。

Stevemono_aw17_wallet

風水的にもお札と小銭は分けた方が金運アップ↑につながるという耳寄りな情報も♪♪ 旅先、特に海外では分けて持った方がセキュリティ面でも安心ですよね。

ということで、今日はまずお札入れからご紹介します。
ベーシックな二つ折り、ボタン留めです。

3773_3774_3775_1

植物タンニンなめしのカーフレザー製で、3色からお選びいただけます。

注目はこちらのブルー。 So Blue と名付けられているように、鮮やかな美しいブルーです。

<#3775:Steve Mono お札入れ SO BLUE>
3775_1

外寸は縦約9センチ、横約10センチ。広げたときの横幅は約25センチです。

お札入れが1箇所、カードスロットが4箇所と必要な機能に絞ってデザインされています。

3775_2

基本のブラックは艶やかです。
表面のシボが味わい深く、手にもしっとりと馴染みます。

<#3774:Steve Mono お札入れ BLACK>
3774_1

環境に優しい植物由来のタンニンなめしは、使い込むほどに革本来の独特の風合いが現れてくるという特徴があります。

3774_2

飴色に変わる経年変化を一番楽しむことができるのは、このブランデーではないでしょうか。

<#3773:Steve Mono お札入れ BRANDY>
3773_1

すっきりスリムなデザインですので、ジーンズのヒップポケットにもすんなり収まって、携行性は抜群!

3773_2

毎日使うお財布だから飽きのこないデザインを。
レザーの良さ、つくりの良さが勝負です。

3773_3774_3775_2

明日はお揃いの小銭入れをご紹介します。引き続きご覧ください♪♪

※ご紹介のお札入れは通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

2017年9月11日 (月)

映画「ボブという名の猫(A Street Cat Named Bob)」

00 ほのぼのとした映画です。薬物中毒で親から追い出され、ストリートミュージシャンをしながら路上で暮らしていた主人公が、野良猫のボブと出会ったことで更正していく物語。これがフィクションだったら、話が出来過ぎで気持ちが萎えそうですが、実話だということで温かい気持ちで観賞できます。

オープニングはロンドンのコヴェントガーデン。路上でギターを弾いているのが主人公のジェームズ・ボーエン(James Bowen)で、歌っているのは“Beautiful Monday”という曲です。何度もbeautifulを繰り返す単純な歌詞ですので、主人公の自作曲かと思ったら、この映画で使われた曲はすべてインディーズ系フォークバンドにいたチャーリー・フィンク(Charlie Fink)という人が作ったものだそう。主演のルーク・トレッダウェイ(Luke Treadaway)が実際にギターを弾いて歌っているそうです。

01

しばらくの間、ジェームズがいかに貧しい生活をしていたか、いかに世間から冷たくあしらわれていたかが描かれていきます。そして登場するのが、薬物依存症者の回復支援をしているヴァル。おそらくNTAの職員なのでしょうが、とても親身になってジェームズを支えてくれる女性です。メタドン(methadone)を使った依存症管理のカウンセリングという本来の仕事以外に、低所得者住宅の斡旋までしてくれます。

02

ロンドン近郊(原作ではトッテナムだそう)に住居を得て路上生活から抜け出したジェームズは、部屋に迷い込んできた茶トラの猫(ginger cat)に懐かれ、当初は飼い主を捜したようですが、結局、自分で飼うことになります。その過程で出会うのが近所に住むベティ。ちょっとパンキッシュでビーガンという、いかにも郊外にいそうなタイプの女性です。

07

この二人の女性との出会いがジェームズにとって幸運だったことは言うまでもありませんが、後にボブと名付けられる茶トラに出会ったことが経済的な支えに繋がっていきます。つまり、ボブと一緒に演奏活動することでファンが増え、投げ銭が増えていくのです。

06

典型的なファンの一人として登場するのがエルシーという中年女性。演じているのは「家族の庭」「ターナー、光に愛を求めて」といったマイク・リー作品で知られるルース・シーン(Ruth Sheen)ですが、ボブに手編みのマフラーをプレゼントしてくれます。それがボブのトレードマークになり、さまざまな人からプレゼントされて膨大な数のマフラーを持つようになったそうです。

08

映画では、若干のトラブルに見舞われながらも、なんとか依存症から抜け出し、ボブとの暮らしが書籍化されてベストセラーになるところまで描かれます。

終盤の出版サイン会のシーンで主人公に話しかける男性がホンモノのジェームズ・ボーエン。既にボブ関係の書籍は、この原作以外に“The World According to Bob”や“Bob: No Ordinary Cat”など7冊刊行されていて、現在は作家&慈善活動家として活躍しているそうです。この8月に来日したときは六本木のリッツ・カールトンに泊まったらしく(本人のfacebook)、メタドン・プログラムを受けていた10年前とは大違いですね。

05

監督はカナダ人のロジャー・スポティスウッド(Roger Spottiswoode)。出演者にあまり有名な人はいませんが、ヴァルを演じたジョアンヌ・フロガット(Joanne Froggatt)は「おみおくりの作法」で最後に心惹かれる女性を演じていた人です。

10

ちなみにボブ役の猫は、オーディションを繰り返しても適役が見つからず、結局、ホンモノのボブが出演し、ギャラとしてWHISKASのCat Milkを受け取ったそうです。

公式サイト
ボブという名の猫 幸せのハイタッチA Street Cat Named Bob

[仕入れ担当]

2017年9月10日 (日)

レイモン ドゥパルドン写真展 シャネル・ネクサス・ホール

フランスを代表する写真家レイモン・ドゥパルドン(Raymond Depardon)は、12歳で初めてカメラを手にし、18歳の頃からフォト・ジャーナリストとしてのキャリアをスタート。35歳のときにアフリカ中央部の国家、チャドを取材したルポタージュでピューリッツァー賞を受賞するなど、報道分野で活躍してきた人物です。

Depardon_1

1964年東京オリンピックを取材するため、初めてアジアを訪れたレイモン。五輪の花形競技のひとつ、マラソンの金メダリストのアベベ・ビキラが独走する姿と彼を見守る大勢の観客をとらえた一枚や、初めてオリンピック競技に加わり日本中が注目した男子柔道で、優勝したオランダ代表のアントン・ヘーシンクを間近で見つめる和装の女性など、競技シーンだけでなく、周囲の出来事や人々の表情を克明に記録したモノクロ写真は2,000点以上にもおよんだそうです。

Depardon_2

以来たびたび来日し、街の様子や人々をカメラに収めてきた彼の日本初の個展となります。1964年、1985-2008年のモノクロ写真、2016年に撮影された最新のカラー写真がご覧になれます。

Depardon_3

また、9月9日よりレイモンのポートレート映画「旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス」が公開中で、危険な紛争地帯から華やかなレッドカーペットまで世界中を旅して捉えてきたフィルムが観られるそうです。

Depardon_4

レイモン ドゥパルドン写真展
http://chanelnexushall.jp/program/2017/depardon/
2017年10月1日(日)まで

[店長]

2017年9月 9日 (土)

アヤメ2017年秋新作:柔らかな色の変化を表現したサンライズグラデーションソックス

秋のぬくもりを感じさせるアヤメ(Ayamé)の最新作、サンライズグラデーションソックスをご紹介します。ノスタルジックな色使いと立体感のあるドット柄が特徴です。

3786_1

80%コットン、20%ナイロン素材のスリークォーター丈で、ロールアップしたデニム×スニーカーやワイドパンツ×ローファーなどに合います。パープル、オレンジ、ブラックの3色展開です。

Sunrisegradation

配色を左右で変えたデザインにご注目ください。口ゴムからレッグ、フット部分のグラデーションだけでなく、踵とつま先部分も微妙に色の濃淡を変えています。

<#3786:Ayamé サンライズソックス パープル>
3786_2 3786_3

更にこちら、光沢のある表地を裏にして、色柄がぼんやりと見える裏地をあえて表にすることで、柔らかな色の変化を描写。細かい色表現はアヤメならではです。

<#3785:Ayamé サンライズソックス オレンジ>
3785_1 3785_2

渋めのパープル、甘めのオレンジ、定番のブラック、どれも欲しくなること間違いありません♪

<#3784:Ayamé サンライズソックス ブラック>
3784_1 3784_2

夏期休業と百貨店イベント出店で、根津の店舗をお休みしていましたが、本日正午より通常営業しています。ぜひご覧にいらしてください♪♪

※ご紹介のくつ下は通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[店長]

2017年9月 8日 (金)

COMING SOON:いま直ぐ活躍する秋のハットから、寒い冬のニット帽まで!ニッキ・マーカートの2017-18年秋冬の最新作

だんだん秋めいてきましたが、陽射しはまだまだ強く紫外線が気になります。そこで帽子も服に合わせて秋スタイルにスイッチしましょう!ニッキ・マーカート(Nicki Marquardt)から、いますぐ活躍する秋のハットから、極寒の冬に欠かせないニット帽まで各種届いていますので、ぜひチェックしてください!!

カウボーイハット風の cats & dogs は、ポリエステルとアルミニウムをつかった素材で、さまざまなカタチになります。ブリムを上げたり下げたり、縮めたり。
水に強いので小雨程度でしたら傘が無くてもOKです♪

Nickimarquardt_aw2017_1

ニッキの代表作であり、ロングセラーの折りたためる帽子は、最高品質のポルトガル産ラビットファー(兎毛100%)で作られた BRADY が再登場!折りたたむと写真のように薄くなりますが、広げるとメンズライクなソフトハット風に、頭頂部のセンターが高く膨らむのが特徴です。

Nickimarquardt_aw2017_2

また折りたためる帽子は、新たに100%子羊のウールでつくられたブレードハット、KOPENHAGEN と VIENNA コレクションをご用意しました。幅約2センチの2色の生地を渦巻き状に縫い上げたデザインです。

Nickimarquardt_aw2017_3

色違いのサンプルを被ってもらった写真がこちら。
小さなツバとクラウンに膨らみをもたせた KOPENHAGEN は、今季注目のキャスケットで、小顔効果も期待できそうです♪

Nickimarquardt_aw2017_4

丸めのクラウンと短いブリムの VIENNA はクロッシェスタイル。こちらはシックな色合いの、ブラック×ブラウン、ブラック×グレーでの展開となります。

Nickimarquardt_aw2017_5

ベビーアルパカを編み込んだビーニーは、厚みのある編み地でとてもあたたか。スポーティなカジュアルスタイルから、ワンピースなどのフェミニンな装いまで幅広く合わせられるシンプルなデザインです。

Nickimarquardt_aw2017_6

デザインや品質はもちろん、被り心地も抜群のニッキ・マーカート。身も心もあたたかく包んでくれる帽子を、ぜひお試しにいらしてください!

Nickimarquardt_aw2017_7

[店長]

2017年9月 7日 (木)

パネイラ イタリアンのランチコース

厳選した旬の食材でつくるイタリアンとワインが楽しめる PANELLA(パネイラ)。根津交差点から上野桜木方面に向かい、最初の信号を左折した場所にあります。ディナーにお邪魔したことはありましたが、ランチは初めて♪

Panella_1

ランチ営業は金土日と祝日限定で11時30分スタートです。この日は、贅沢にランチコースをいただきました♪♪

最初に運ばれてくるのがビーツ入りのミネストローネと天然酵母の自家製パン。優しい味わいで、食欲が増してきます。

Panella_2

相模湖・藤野で育てられた旬の野菜と富士鶏、ムール貝、鯛のカルパッチョ、パテがのった盛り合わせは、彩りも目にも嬉しく、これだけで十分に満足できる量です。

Panella_3

メインのパスタは、3種類の中からイタリア産ポークと白インゲン豆、フレッシュトマトのスパゲッティをチョイス。ボリュームある4皿でしたが、ペロリといただきました。

Panella_4

コース以外にも、手軽なスープ、パスタ、ピッツァのランチもあります。6席のカウンターと4人掛けのテーブル席が3つあるほか、店内奥には個室もありますので、お一人からグループまでゆったり楽しめます。

パネイラ PANELLA
台東区谷中1-3-7
03-3822-3557
ディナー:17時30分~23時
ランチ:金土日祝日のみ11時30分スタート
https://www.panella-yanaka.com/

[店長]

2017年9月 6日 (水)

サンシャワー 東南アジアの現代美術 展 国立新美術館 × 森美術館

国立新美術館と森美術館で同時開催されている東南アジアの現代美術展を観てきました。ASEAN10カ国、80組のアーティストが参加している大規模な展覧会です。

複雑な歴史をもつ人口約6億人、多民族、多言語、多宗教の地域で生まれた多様な文化と価値観に触れられます。

Sunshower_1

国立新美術館で紹介されているタイ出身のスラシー・クソンウォンの《黄金の亡者(どうして私はあなたがいるところにいないのか)》では、5トンもの糸を敷き詰めた部屋の中で、隠された金のネックレスを探します。見つけた人は、専用の宝石箱に入れてもらい持ち帰ることができるそう。

Sunshower_2

シンガポール出身の映像作家ブー・ジュンフェンの作品《ハッピー&フリー》は、もしシンガポールが1965年にマレーシアから分離独立しなかったらという仮定のもとで、マレーシア成立50周年をカラオケで祝うというインスタレーション。ミラーボールが回る部屋で、明るい歌謡曲が流れています。

Sunshower_3

インドネシア・東ジャワ出身のアングン・プリアンボドの《必需品の店》では、これって必要なもの???と思われる雑貨まで、いろいろと販売。

Sunshower_4

森美術館では、立ち退きが進むプノンペンで自宅を展示空間として開放しているカンボジア出身のティス・カニータの作品《天使の小屋》など、急激な開発が進んできたことによるジレンマに焦点が当てられています。

Sunshower_5

参加型の展示も多く、ご家族やご友人と楽しめます。たっぷり時間をとって、ぜひ2館ハシゴしてみてください。

サンシャワー 東南アジアの現代美術 展
http://sunshower2017.jp/
2017年10月23日(月)まで

[店長]

2017年9月 5日 (火)

早秋の百貨店イベントは本日最終日♪日常的に楽しむパール×ストーン

特別な日の装いから、カジュアルまで合わせられるベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)のパールとストーンを組み合わせたジュエリー。上質な素材と凝った創りで、本日最終日を迎える西武池袋本店でのイベントでも注目を集めています。

3495_3493_1

ヴィンテージの趣とモードな雰囲気を併せ持つバングルは、ガーネットの魅力を引き立てる絶妙なパール使い!赤と白のコントラストが際立ちます。

<#3495:Beatriz Palacios バングル Z02-new>
3495_1

グリーンアメシストとプチサイズのパールをセットしたリングは、どちらのサイドを表に見せても◎
指の第一関節と第二間接のあいだに着けたり、小指に着けたり、何通りもの着け方を楽しめます。

<#3493:Beatriz Palacios リング A11-new>
3493_1

ワイドなバングルとあわせ、リングを小指にだけ着けるのもアリですね♪ 甘くなりすぎず、洗練された印象になります。

3495_3493_2

胸元には、毎日着けたくなる カワイイ!! が詰まったネックレスがオススメです♡

25

今にも動き出しそうなハートモチーフにはホワイトジルコンをセット。深紅のガーネット、純白のパール、透きとおったブルートパーズが連なった贅沢なデザインで気分が上がります♥︎

<#3609:Beatriz Palacios ネックレス C11-EYE ハート>
7

本日21時まで、西武池袋本店2階 アクセサリー売場(ロフト側、南ゾーンの上りエスカレーター脇)でご覧いただけます。

Seibu1708_pop

~臨時休業のお知らせ~
8月21日(月)から9月8日(金)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年9月 4日 (月)

映画「パターソン(Paterson)」

00 平凡な日常の中で起こる些細なできごとを丁寧にすくい取り、登場人物たちの他愛ない会話を意識的に切り取ることで、映画の世界観を伝えていく作品です。良くも悪くもジム・ジャームッシュ(Jim Jarmusch)らしい映画で、特段の盛り上がりもありません。

ニュージャージー州パターソン市で暮らす主人公パターソンの1週間が淡々と綴られていきます。地元出身の詩人ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ(William Carlos Williams)を敬愛する主人公は、市バス運転手という、公共空間の中で孤立した場所に身を置く仕事に就き、日々感じたことや意識の流れをノートにしたためながら静かに暮らしています。

ジャームッシュ監督は、変化のない生活から何かを感じ取ることこそ詩の心だと言いたいのかも知れません。これまでの作品では音楽が大切な要素になっている場合が多いのですが、本作ではその役割を画面に映し出される手書きの詩、つまり文字化されたパターソンの心の声が担います。主人公が生まれ育った街と主人公の名前が同じですので、観客は二つのパターソンを内と外から見つめ続けることになります。

01

主人公のパターソンは市バスの車庫から徒歩圏にある小さな一軒家にローラというペルシャ系の女性と暮らしています。彼らが結婚しているかどうかはわかりません。

03

毎朝、二人で寝ている小さなベッドから6時過ぎに抜け出し、シリアルの朝食をとってバスの車庫に向かいます。準備を終えて運転席で詩作していると、インド系の配車係が軽口を叩いていくのも毎日変わらないことのひとつ。同じルートをバスで巡り、同じように腕時計の針が進み、夕方には車庫に戻ってきます。

02

帰宅するとローラが作った夕食を食べ、マーヴィンという名のイングリッシュ・ブルドッグを連れて散歩に出掛けます。その途中、ドックという名の黒人が経営するバーでビールを1杯だけ飲みます。ドックや店の客と短い会話を交わすこともあります。そしてほんの少しビールの香りを漂わせてベッドに潜り込み、いつもと同じ朝を迎えます。

11

映画は、二人が眠るベッドを俯瞰で撮った場面からスタート。これが月曜の朝で、その後、1週間にわたって同じ場面が繰り返し描かれます。週末にちょっとした事件(パターソンにとっては大きな事件)が起きますが、それを除けば、バスが電気系統の故障で動かなくなる程度で、ほぼ何の変化もない毎日です。

04

そんな生活に抑揚をつけているのがローラの存在。部屋や着るものなどさまざまなものに白黒パターンを描くアーティストで、ギターを学んでカントリーシンガーになることやパンケーキを売ってお金を稼ぐことを夢想している、やや浮世離れした女性です。演じている「彼女が消えた浜辺」「チキンとプラム」のゴルシフテ・ファラハニ(Golshifteh Farahani)が極端な美人であることも、ある種のファンタジーのような印象を与えます。

05

パターソンを演じているのは、このところ非常によく見かけるアダム・ドライバー(Adam Driver)。このブログで取りあげただけでも「J・エドガー」「リンカーン」「フランシス・ハ」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」「奇跡の2000マイル」「ハングリー・ハーツ」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「沈黙 -サイレンス-」と彼の出演作は枚挙に暇がありません。本作は彼の寡黙で思慮深いキャラクターが100%活かされた作品で、彼だからこそ、変化のない毎日を淡々と生きる主人公を演じられるのだと思います。

09

この映画が面白いかと問われると微妙です。個人的には前作「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」の方が笑えましたし、前々作「リミッツ・オブ・コントロール」の方が共感できる部分がありました。

しかし、これはこれでアリなのではないかとも思います。さまざまな反射を利用した映像も素敵ですし、登場人物たちが醸し出す風情にも味わい深いものがあり、何よりジャームッシュ監督ならではの世界観に浸れます。

また、ビールや双子やバーのジュークボックスなど村上春樹の小説がオシャレだった頃のキーアイテムが散りばめられていますので、彼の作品が好きだった方にもお勧めできるかも知れません。

07

ちょっと面白いのがバスの乗客として登場する若い男女。女性はカーラ・ヘイワード(Kara Hayward)、男性はジャリッド・ギルマン(Jared Gilman)という若手の俳優が演じているのですが、実は彼ら、「ムーンライズ・キングダム」のスージーとサムです。ニューイングランド沖の島から駆け落ちした二人が、大学生になってニュージャージー州のバスに乗っているわけです。いまだ反骨精神たっぷりで、アナーキストについて熱く語り合っているあたりが笑えます。

10

公式サイト
パターソンPaterson

20

[仕入れ担当]

2017年9月 3日 (日)

早秋の百貨店イベント♪セットで楽しむホワイトエナメルのネックレス&ピアス

出店中の百貨店イベントでもご好評いただいているジョイドアート(joid’art)。クリエイティブディレクターの Cristina Julià を中心に、デザイナーと職人たちがチームとなって作品を制作していますので、毎シーズン、コレクション数が豊富で、セットでお楽しみいただけるアイテムが数多くあります。

3719_1

瑞々しいホワイトエナメルを施しモザイク模様を表現した MOITIE コレクションは、存在感のあるデザインでネックレスだけでも素敵ですが、ピアスも合わせると更に見映えがします♪

3719_3718_1

装いに清潔感と上品な印象を与えてくれる白。季節を問わず、コーディネートに取り入れたい色合いです。
<#3719:joid'art MOITIE ネックレス ホワイト>Emonad_pequenita
<#3718:joid'art MOITIE ピアス ホワイト>Emonad_pequenita
3719_3718_2

花をモチーフにした JARDÍ SECRET は、ブラックコーティングを施したスターリングシルバー(SV925)にオフホワイトのエナメルで色付けしています。セミロングのペンダントと、耳元でぴたりと納まる小ぶりのピアスは、ちょうど良い距離感です♡

3518_3519_1

普段は、それぞれで着けて◎ アートや映画鑑賞、ご友人とのランチなど気分を変えて出かけたいときは、ぜひセットでお楽しみください。

<#3518:joid'art JARDÍ SECRET ネックレス ホワイト>Emonad_pequenita
<#3519:joid'art JARDÍ SECRET ピアス ホワイト>Emonad_pequenita
3518_3519_2

9月5日(火)まで西武池袋本店2階 アクセサリー売場(ロフト側、南ゾーンの上りエスカレーター脇)でご紹介しています♪

Seibu1708_pop

~臨時休業のお知らせ~
8月21日(月)から9月8日(金)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年9月 2日 (土)

早秋の百貨店イベント♪毎日のコーディネートに欠かせないピアスを特集

水曜からスタートしている西武池袋本店でのイベントでは、ジョイドアート(joid’art)のピアスを大特集しています。

Seibu1708

特別な日のお出掛けはもちろん、ちょっとそこまででもピアスは必須ですよね♪着けているのと、着けていないのでは気分も違ってきます♪♪

3066_1

光りすぎないマットな質感のスターリングシルバー(SV925)ピアスは、すっきりした印象で、オフィススタイルにもしっくりきます。

<#3066:joid'art IONA ピアス シルバー>Emonad_pequenita
3066_2

職人ワザが光る造形美のピアスは、インパクトがあり週末のお出かけにぴったりです。

3523_1

複雑なカタチをしていますが、ブラック×シルバーの落ち着いた色合いで、コーディネートは難しくありません。

<#3523:joid'art EXOTIC ピアス ラージ ブラック>Emonad_pequenita
3523_2

定番のフープは、ちょっとひねりを効かせたものをお選びください。

3699_1

程よい大きさのゴールドコーティングメタルだけで模どられたデザインで、使い勝手が良く、どれを着けようか困ったときに重宝すること間違いなしです。

<#3699:joid'art GARLAND ピアス フープ ゴールド>Emonad_pequenita
3699_2

このほかジョイドアートが得意とする色とりどりのエナメルピアスがあります。ぜひ2階 アクセサリー売場(ロフト側、南ゾーンの上りエスカレーター脇)までご覧にいらしてください。

Seibu1708_pop

~臨時休業のお知らせ~
8月21日(月)から9月8日(金)まで根津の店舗をお休みいたします。通販や商品に関するお問い合わせはメール(shop@monad.jp)でご連絡ください。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

[店長]

2017年9月 1日 (金)

ベアトリス・パラシオス2017-18年秋冬新作:思わずうなる、驚きのリング!!

今日から9月。まだしばらくは夏の暑さが残るとは言え、やはり気分は秋へ。新しい季節のはじまりは、自然に心が躍ります。

今日ご紹介するのは、そんな気分にぴったりのリングです。ベアトリス・パラシオス(BEATRIZ PALACIOS)の最新作にして最高傑作!(って、映画の宣伝みたいですが・・・)

3787_9

このリングの回転扉のような仕掛けは、COMING SOON ブログの動画でご紹介しました(未だご覧になっていない方はぜひチェックしてみてください!)

3787_10

同じくマドリード拠点のデザイナー、ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)も "Ohhh" と感嘆の声。プロさえも唸らせる、秀逸すぎるデザインなのです。

英語圏では flip ring と呼ばれ、1本で2つのデザインを楽しめるようになっています。

小粒の天然パールに囲まれた真っ赤なエナメルのハート。今にも飛び出してしまいそうなハート♥をつかんで離さないかのような爪留めで、今シーズンのテーマである "Be Still, My Soul" を表現しています。

<#3787:Beatriz Palacios リング A02-besハート>
3787_1

ベースは、スターリングシルバー(SV925)に18Kゴールドコーティング。
3787_2

シャンク(肩部分)に浮き出された立体的なハートはオキシダイズド仕上げ。シンプルなメタルだけのサイドにしたときにゴールドとのコントラストが際立ち、重厚感を添えます。

3787_3 3787_4

オーバル型は指を細っそり長く見せてくれる効果も期待できます♪ アームにかけて緩やかに細くなっているので、着け心地も快適です。

ジュエリーの醍醐味は、なんと言っても身につけたときの高揚感!ですよね。特にリングは自分の目で眺めて楽しむこともできるので、見るたびにハッピーな気分になれます。

3787_5 3787_6

そしてもちろん、自分が気に入ったジュエリーをまわりの人から注目されるのも嬉しい。ベアトリスのワンアンドオンリーなリングは、自分自身の満足と、ちょっと自慢したい気分、その両方を満たしてくれるのです。

3787_7 3787_8

その日の気分や装いに合わせてサイドを変えてみてください。

実はわたしも一目惚れして、自分用に購入してしまいました。
ジュエリーは一期一会。出逢ってしまった時が、買い時!です♪

Beatrizpalacios_aw17_ring

ベアトリス・パラシオスの技が光る最新リング。ただいま POP-UP 出店中の西武池袋本店でもご覧いただけます。ぜひお試しにいらしてください。お待ちしております♪♪

※ご紹介の商品は通販可能です。メール(shop@monad.jp)または営業時間内にお電話(03-5832-9160)かLINEトーク (公式アカウント:モナド)でお問い合わせください。

[仕入れ担当]

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

特集&イベント

フォト