2024年4月17日 (水)

アデルビジュー2024春夏新作:天然石とガラスカボションのジオメトリックな組み合わせが魅力のピアス

ご好評いただいているアデルビジュー(ADER.bijoux)の GEM シリーズ。
前々回のネックレス、前回のロングピアスに続いて、今回ご紹介するのは天然石にガラスカボションを合わせたピアスです。

2024041701

円形のガラスカボションとトライアングル型のアメシストを組み合わせたジオメトリックでプレイフルなデザイン。
真ん中のアーチ状のメタルパーツが効いています。

<#5345:ADER.bijoux ピアス GEM ストーン x カボション ゴールド>
2024041702
shop_now

縞目のあるブラウン、濃いブルー、透明感のあるパープル、色のコンビネーションも絶妙です♪

2024041703

メタル部分は真鍮にゴールドコーティングですが、ポスト部分はチタン製になっています。

2024041705

アーティステックでスタイリッシュなピアス。春のお出かけ気分をぐんと盛り上げてくれます♪♪

[仕入れ担当]

2024年4月15日 (月)

映画「パスト ライブス 再会(Past Lives)」

Past Lives 韓国映画で初恋の2人が24年後に再会する物語、と聞くと、ありきたりでベタなイメージですが、なぜか前評判がとても高くて不思議に思っていました。監督はこれが映画デビュー作という韓国系カナダ人のセリーヌ・ソン(Celine Song)で、自らの経験を活かして脚本を書き上げたそうです。先月の米国アカデミー賞では作品賞と脚本賞にノミネートされていました。

映画の幕開けはイーストビレッジのHoliday Cocktail Loungeという老舗バーのカウンターで、1人のアジア系女性を挟んでアジア系男性と白人男性が座っている場面。彼らの会話は聞こえませんが、カメラのそばから“あの三人はどういう関係だろう”と話している他の客の声が聞こえてきます。

Pastlives01

種明かしをすれば、アジア系女性が主人公のノラで白人男性は夫のアーサー、アジア系男性はノラに韓国から会いに来た彼女の幼なじみヘソンですが、本作はそういった表層的な関係の奥にある本質的な人と人の結びつきを、韓国語の“イニョン(因縁)”というキーワードを絡めて探っていく映画です。

Pastlives02

バーカウンターの場面に続くのはソウルの路地で、12歳の少女ナヨンと少年ヘソンが一緒に学校から帰ってくるシーン。テストで2番だったことを悔しがって泣いているナヨンをヘソンが慰めています。1番はヘソンのようですので、二人とも勉強のできる子どもなのですが、ナヨンが両親と共にトロントに移民することになり、彼女の母親が思い出づくりにデート、というか双方の母親が見守る中で一緒に遊ぶ機会をセットしてくれます。

Pastlives03

その後、関係が途絶えますが、12年後、ノラと名前を変えてN.Y.で暮らしていたナヨンが、彼女の父親のFacebookにヘソンが書き込みしていることに気付いて連絡し、2人はビデオチャットで話すようになります。双方とも再会したいという気持ちが募りますが、ノラはモントークでアーティスト・イン・レジデンスに参加し、ヘソンは交換留学で中国に行くことになり、どちらも相手の国を訪れることはできません。ノラが執筆に集中したいのでビデオチャットをしばらくやめようと言ったことで2人の関係はまた途切れます。

Pastlives11

そして12年後。ノラはモントークで出会った作家のアーサーと結婚してN.Y.のイーストビレッジで暮らしています。夫婦の会話から、ヘソンが休暇でN.Y.に来ることが伝えられ、ほどなくノラとヘソンはマディソン・スクエアで再会します。ヘソンは意気揚々としたものですが、蚊帳の外のアーサーは微妙な心持ちでノラを送り出し、帰宅を待つことになります。その翌日もノラがN.Y.を案内する予定なのですが、そこに至る初日の晩の夫婦の会話が、この映画の核心となるシーンでしょう。

Pastlives06

アーサーは、ノラの寝言は韓国語だけで、自分の立ち入れない世界を持っていると指摘します。そして2人がアーティスト・イン・レジデンスで出会い、互いにパートナーがいなかったことからすぐに親密な関係になり、結婚を経て今に至っているという関係を見つめ直していきます。

Pastlives20

ノラがグリーンカードを得るために自分を選んだのではないかと口にしたアーサーに対して、愛しているから結婚したのだとノラは主張しますが、その愛には、米国で暮らし劇作家として成功したいという夢が含まれていることが滲み出ます。アーサーは、ノラのそういった現実的な選択、ノラの内面にある立ち入れない世界や理解できない部分を含めて彼女を受け入れているわけです。

Pastlives13

それがアーサーの愛の形であり、バーカウンターで韓国語を話す2人を眺めているアーサーの立ち位置なのです。そういう意味で、アーサー役を演じたジョン・マガロ(John Magaro)の語らない演技が、静かに効いてくる作品と言えるでしょう。ノラの気持ちの揺れを繊細に表現したグレタ・リー(Greta Lee)も、ヘソンの一途な気持ちを瞳に湛えたユ・テオ(Teo Yoo)も良かったと思いますが、「ファースト・カウ」「ショーイング・アップ」と演技の幅を拡げてきたジョン・マガロの今後に期待が高まります。

Pastlives23

ちなみに監督の実体験がどのあたりに反映されているかというと、12歳のとき両親に連れられてソウルからカナダに移民したこと、その後N.Y.に移り、劇作家として働いていること、エドワード・オールビー財団(Edward F. Albee Foundation)が主催するアーティスト・イン・レジデンス・プログラムで出会ったユダヤ系の作家ジャスティン・クリツケス(Justin Kuritzkes)と結婚してN.Y.で暮らしていることなどです。そして監督が各所のインタビューで語っているように、N.Y.に訪ねてきた幼なじみと夫の3人でバーに行った経験がこの映画を構想するきっかけになったそうです。

Pastlives09

公式サイト
パスト ライブス 再会Past Lives

[仕入れ担当]

2024年4月14日 (日)

アデルビジュー2024春夏新作:そよ風に揺れるレモンクオーツのロングピアス

カラフルな天然石を贅沢に使ったアデルビジュー(ADER.bijoux)の GEM シリーズ。
前回こちらのブログでご紹介したネックレスに続いて、本日はロングシルエットのピアスです。

2024041401

爽やかな薄黄色のレモンクオーツをセットしたトライアングル型モチーフを連ねたデザイン。
三角錐状にカットされていますので、石の中で光が反射し、耳元でキラキラと輝きます。

<#5346:ADER.bijoux ピアス GEM ストーン ロング ゴールド>
2024041402
shop_now

ちなみにレモンクオーツは、快活な明るさをもたらし、心身を癒やしてくれる石だそうですよ♪

ゴールドメタルにセットされて華やかさもあります。
フックはステンレス製です。

2024041403

重さは片側でわずか2グラム!
春のそよ風にかすかに揺れて素敵です♪

2024041404

次回は同じ GEM シリーズの天然石とガラスカボションを組み合わせたピアスをご紹介します。
引き続きご覧ください♪♪

[仕入れ担当]

2024年4月12日 (金)

アデルビジュー2024春夏新作:カラフルな天然石を贅沢に使ったツーウェイネックレス

天然石の美しさを最大限に引き出したアデルビジュー(ADER.bijoux)の GEM シリーズ。
今シーズンはカラフルな天然石を贅沢に使っています。

2024041201

今日ご紹介するのは、いろいろな楽しみ方ができるネックレスです。

<#5344:ADER.bijoux ツーウェイ ラリエット GEM ストーン ゴールド>
2024041202
shop_now

Y字のラリエットとして・・・

2024041203

マンテルバーがついた部分を外してショートネックレスとして。

2024041204

ひとつとして同じものがないところが天然石の魅力。
透明感あふれるローズクオーツやアメシスト・・・

2024041205

爽やかなレモンクオーツ、インクルージョンが個性的なプレナイト。
ダイヤ型にカットされた4種類の天然石のハーモニーが見事です♪

2024041206

ドイツのデザインチェーンをあわせてスタイリッシュに仕上げています。

2024041207

そして、マンテルバーがついたチェーン部分は単独でブレスレットとして楽しめます!

2024041208

マンテルバーを丸いリングに通すだけ。着脱もとても簡単です。
ダイヤ型のプレナイトがさりげないアクセントになっています。

2024041209

今シーズンの GEM シリーズにはカラフルでプレイフルなピアスもあります。

2024041210

次回はロングピアスをご紹介しますので、引き続きご覧ください♪♪

[仕入れ担当]

2024年4月10日 (水)

モノノグ姉妹ブランド MNNG のかご編み風ショルダーバッグ

Made in Japan のバッグブランド、モノノグ(mononogu)の姉妹ブランド MNNG の新作ショルダーバッグです。

2024041001

東レが最先端の繊維技術を駆使して開発したスエード調人工皮革ウルトラスエード®(Ultrasuede®)で作られた軽量なフレームバケットショルダーバッグ。波型のカットアウトを重ね合わせたフレームバッグに、オリジナルプリントのキャンバス地で作られたインナーバッグを合わせています。

シルバー(右)とモス(左)の2色展開。

2024041002

かご編み風のデザインが軽やかな印象です。
実際、インナーバッグを含むバッグ全体の重さは約230グラムととても軽い!

2024041003

プレーンな波型カットアウトとパンチングを施した波型カットアウトを交互に組み合わせて変化をだしているところもポイントです☆

<#5308:MNNG ウェイビーショルダー シルバー>
2024041004
shop_now

底部直径16センチのバケツ型で安定性があります。

2024041005

フレームバッグはスナップボタン開閉、インナーバッグはドローストリング開閉。

2024041006

取り外せるインナーバッグには・・・

2024041007

ジッパー付きポケットが1つと・・・

2024041008

反対側に2つに区切られたオープンポケットがあります。

2024041009

ショルダーストラップは長さ調節が可能です。

2024041010

モスは灰色と茶色を混ぜたような落ち着いた色味。

<#5309:MNNG ウェイビーショルダー モス>
2024041011
shop_now

インナーバッグはカーキ色のドローストリングでアクセントをつけています。

2024041012

ウルトラスエード®は高級車のシートや高級家具のソファ、アパレルやフットウェアなど多方面でグローバルに使われている素材です。経年変化が少ないのも特長のひとつ。ご自宅でのお洗濯が可能なのも嬉しいですね。

抜け感のある軽やかなショルダーバッグが春夏の装いのアクセントになります♪♪

[仕入れ担当]

2024年4月 8日 (月)

映画「オッペンハイマー(Oppenheimer)」

Oppenheimer 話題作ですね。これまでクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督の作品はこのブログで「インターステラー」「ダンケルク」「テネット」の3作を取り上げているのですが、うち2作が“話題作ですね”という書き出しになっているほど、常に話題をさらってきた監督です。とりわけ本作はテーマが核兵器開発ということもあって映画界の外でも注目を集め、ユニバーサル・ピクチャーズ(東宝東和)は日本での配給を見送りましたが、主にミニシアターでかかるような小品を手がけてきたビターズエンドが引き受けたことで、日本でも観られることになりました。

さらに先月のアカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、撮影賞、編集賞、作曲賞の7部門を制し、注目度が上がった状態での公開となりましたので、当初の腰の退けた感じから大々的に売り出す方向へと大きく舵を切ったようです。おかげでIMAXなど優れた設備を供えたシアターで上映されることになり、撮影技術にこだわりのある監督としては一安心といったところでしょう。

Oppenheimer18

さて、映画の内容はといえば、人類初の核実験を成功に導き、原爆の父と呼ばれることになる物理学者、J・ロバート・オッペンハイマー(J. Robert Oppenheimer)の半生を描いていくもので、主軸となるのは物理学者として頂点を極めるまでの経緯とその後の政治的失脚の背景です。話としては単純なのですが、この監督らしく時間軸を前後させながら進んでいきますので、馴れていないと混乱するかも知れません。

Oppenheimer09

また、マンハッタン計画は米政府の威信をかけたプロジェクトであり、ロスアラモス研究所には当時の一線級の物理学者が多数招聘されましたので、登場人物が非常に多いこともわかり難さに拍車をかけます。物理学に明るい人なら誰もが知るような科学者とはいえ、一般の人にとっては初めて聞く名前であり、その業績や原爆開発への貢献度がわかりませんので、ストーリー的に重要なのか、有名な人物だから触れただけなのか判断できないのです。

Oppenheimer03

映画の幕開けは1954年、一時は英雄と崇められたオッペンハイマーがスパイ容疑をかけられ、公聴会で追求を受けている場面で始まります。併行して彼を陥れた首謀者であるストローズ(Lewis Strauss)の商務長官承認の公聴会も描かれますが、こちらは1959年ですので時間差があります。実はこの2つの公聴会で描かれるオッペンハイマーとストローズの対比と人間ドラマがこの映画の核心のようなのですが、これを面白いと思うかどうかでこの映画に対する評価が変わりそうな気がします。

Oppenheimer15

というのは、水爆の開発に反対したオッペンハイマーと推進者だったストローズが対立し、オッペンハイマーを陥れたという話の裏には、裕福な家庭に育ち高等教育を受けたオッペンハイマーに対する嫉み、アイソトープ輸出に関して嘲笑されたことへの私怨、アインシュタインに自分の悪口を言ったのではないかという妄想が潜んでいたというのがこの映画の解釈であり物語のオチなのです。私としては、原爆や水爆という大きなテーマを扱いながら、このセコくて、みみっちい話で締めくくられても気持ちがついていけないというのが正直なところです。

Oppenheimer17

もう一つネガティブなことを書くと、IMAXのフィルムカメラで撮ったこだわりの映像がこの監督のウリであり、彼の映画の見どころなのですが、本作ではその高い技術がトリニティ実験(核実験)の場面で最も効果的に使われているのです。観る人によっては、極限のリアリティを感じたり、作り込まれた光の輝きと音の響きに感銘をうける場面だと思うのですが、子どもの頃から平和教育を受けてきた日本人にとって気持ちよいものではありません。渾身の映像を延々と見せられても気持ちが萎えるばかりです。

Oppenheimer16

そういうわけで、個人的にまったく共感できませんでしたし、連鎖的熱核反応で地球全体が破壊される不安が払拭できないまま可能性を“ほぼゼロ(near zero)”と言ってトリニティ実験に踏み切る無責任さに憤りましたが、この監督が映画化しなければオッペンハイマーに関心を持つことすら無かったと思いますので、視野を広げるという意味で価値があったと思います。今年一番の話題作ですので、3時間我慢して観ておいても良いのではないでしょうか。

Oppenheimer08

人間関係のわかりにくさという点については、予め公式サイトなどで登場人物を確認しておくのがベストですが、キリアン・マーフィ(Cillian Murphy)が演じたオッペンハイマー、ロバート・ダウニー・Jr.(Robert Downey Jr.)が演じたストローズの他、有名俳優が演じている人物を把握しておけば概ね理解できると思います。

Oppenheimer07

ロスアラモス関係者としてはマット・デイモン(Matt Damon)が演じたマンハッタン計画責任者レスリー・グローヴス少将、ベニー・サフディ(Benny Safdie)が演じた水爆の父エドワード・テラー、ジョシュ・ハートネット(Josh Hartnett)が演じたアーネスト・ローレンス、デヴィッド・クラムホルツ(David Krumholtz)が演じたイジドール・ラビ、ラミ・マレック(Rami Malek)が演じたデヴィッド・L・ヒルといった物理学者たちですね。

Oppenheimer11

この監督は女性を描くことが苦手なようで、オッペンハイマーの妻キティ役でエミリー・ブラント(Emily Blunt)、不倫相手のジーン・タトロック役でフローレンス・ピュー(Florence Pugh)が出ていますが、説明的に登場させたという感じで、重要人物の割に印象が薄く観ていて不満が残ります。ちなみに原爆投下を祝う会で顔の皮膚が剥がれていく女性は監督の娘フローラ・ノーラン(Flora Nolan)だそうです。

Oppenheimer10

その他の有名どころとしては、原爆投下を決断したトルーマン大統領役でゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)、オッペンハイマーのケンブリッジ時代の師でもある理論物理学者ニールス・ボーア役でケネス・ブラナー(Kenneth Branagh)、アルベルト・アインシュタイン役でトム・コンティ(Tom Conti)が出ています。

Oppenheimer05

公式サイト
オッペンハイマーOppenheimer

[仕入れ担当]

2024年4月 7日 (日)

単品使いにも、重ねづけにも♪ 使い勝手抜群のペンダントチェーンを特別価格でご提供

スペシャルプライスでご提供するペンダントチェーンのご紹介です!

2024040701

モナド開店当初にお取り扱いのあったバルセロナのジュエリーブランド、ラケル・モレノ(Raquel Moreno)のペンダントチェーン。"Raquel Moreno" と刻印された長方形のブランドプレートがついています。

2024040702

ショートとロングの2種類、ペンダントの別売りチェーンとして仕入れていました。残念ながらブランドが終了とともにお取り扱いがなくなってしまいましたが、今回スペシャルプライスでご提供することにしました!

ベースはスターリングシルバー(SV925)。楕円プレートに "925" と刻印されています。その上質なシルバーに24Kゴールドをしっかりとコーティングしていますので純金ネックレスのような風合いです。

2024040703

1.5ミリ幅のあずきチェーン。
4面カットが入っているため表面がキラキラと輝き高級感があります。

2024040704

ショートは長さ50センチ。

<#5350:RM ペンダントチェーンネックレス ショート>
2024040705
shop_now

ほどよく太さのあるチェーンなので、これ1本でも存在感がありますね。

2024040706

ロングは長さ80センチ。

<#5349:RM ペンダントチェーンネックレス ロング>
2024040707
shop_now

さくっと頭からかぶって着けられる長さです。

2024040708

冒頭の写真のようにショートとロングを重ねても素敵です♪

お手持ちのペンダントトップを合わせたり、ネックレスにレイヤリングしたり、スタイリングの幅が広がります。

ジョイドアート(JOIDART)MALVASIA コレクションのネックレスとロングを組み合わせてみました。

2024040709

長さ約40センチのチェーンに縦長モチーフがついていますので、ロングとの組み合わせがバランス的に◎

2024040710

続いては、同じくジョイドアートの GEODA コレクションのネックレスとショートの組み合わせです。

2024040711

40センチのネックレスと50センチのネックレスは相性抜群!
「ネックレスの重ねづけ、やってみたいけど、難しそう。。。」とおっしゃる方はぜひトライしてみてください!!

2024040712

さらに80センチのロングネックレスを重ねると華やかさがぐんと増します♪

2024040713

1本あるいは2本を加えるだけで、雰囲気や印象ががらりと変わります。
使い勝手抜群のチェーンネックレス、超おすすめです♪♪

[仕入れ担当]

2024年4月 5日 (金)

ヘレナ・ローナー2024春夏新作:ヒンジ・モチーフがアクセントになったリング

ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の新作リング。
今シーズン、ボリューム感のあるデザインが多いヘレナ・ローナーの新作ですが、こちらはすっきりと細身なデザインです。

2024040501

ヒンジの形をメタルでかたどってアクセントにしています。

2024040502

シンプルな中にさりげなく個性が光るデザインです。

<#5321:Helena Rohner リング vr209L ヒンジ ゴールド>
2024040503
shop_now

上品な印象を与えてくれる18Kゴールドコーティングメタル。
指通りの良さとフィット感は折り紙付きです。

2024040504

上質なスターリングシルバー(SV925)はタイムレスな輝き。

<#5319:Helena Rohner リング vr209 ヒンジ シルバー>
2024040505
shop_now

飽きのこないシンプルな美しさが魅力です。

2024040506

新作リングには同じくヘレナ・ローナーの新作バングルをあわせて。

2024040507

モデルさんのように、ボリュームリングとの重ねづけもおすすめです。

2024040508

存在感のあるボリュームリングと細身の直線的なリングをミックスするとバランスよくまとります♪

2024040509

軽やかな装いになっていくこれからの季節。
ヘレナ・ローナーの新作リングがあれば手元のスタイリングがますます楽しくなっていきます♪♪

[仕入れ担当]

2024年4月 3日 (水)

ヘレナ・ローナー2024春夏新作:毎日つけたくなる♪ エッグ型タイニーピアス

ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)を象徴するエッグ型モチーフのタイニーピアス。
定番となっている小さなピアスですが、根強い人気を誇る隠れた名品(!)なのです。

2024040301

なめらかな曲線、丸みのあるフォルム。
シンプルだけど、モダンで洗練された雰囲気があります。

2024040302

耳たぶにぴったりと収まる小ぶりサイズ。
毎日つけたくなります♪

2024040303

スターリングシルバー(SV925)が耳元でキリッと輝きます。

<#5328:Helena Rohner ピアス bea206 タイニー シルバー>
2024040304
shop_now

ありそうで意外とないデザイン♪

2024040305

18Kゴールドコーティングメタルは優しい輝きです。

<#5329:Helena Rohner ピアス bea206L タイニー ゴールド>
2024040306
shop_now

ピアスホールが複数ある方は下のモデルさんのように重ねづけしてみてはいかがでしょう。かっこいいです♪

2024040307

小さいけど、頼れるピアスです♪♪

[仕入れ担当]

2024年4月 1日 (月)

映画「12日の殺人(La nuit du 12)」

La nuit du 12 2年前に観た「悪なき殺人」では無関係に見える遠隔地の出来事を緻密な構成で繋いでみせたドミニク・モル(Dominik Moll)監督。続く本作は人の心の底を深く掘り下げていくサスペンス仕立てのドラマです。

物語の始まりは10月12日の晩。グルノーブル警察署(Commissariat de police de Grenoble)で、引退する捜査班のリーダの壮行会が開かれています。贈られるコラージュにオランド首相の写真が見えますから時代は2017年より前なのでしょう。リーダの後継者はヨアンで、それまでの人情肌のリーダーとは気質の異なる生真面目なタイプです。

Nightofthe12th02

その晩おそく、グルノーブルから東に100kmほど離れた山村、サン・ジャン・ド・モーリエンヌ(Saint-Jean-de-Maurienne)のピエール・マンデス=フランス通り(Rue Pierre Mendès France)で若い女性が殺されます。友人宅のパーティからの帰り道、人気のない夜道でガソリンをかけられ、火を放たれたのです。

通常、山間部は軍警察(Gendarmerie)の管轄ですが、本件はグルノーブル警察が担当することになり、昇進したヨアンが指揮する最初の事件となります。ベテラン刑事のマルソーと組んで現場に向かいます。

Nightofthe12th04

被害者のスマホから身元を特定し、両親と親友のナニーからの情報に基づいて交友関係を調べます。映画の観客は、事件の瞬間、路傍から“クララ”と呼びかけられたシーンを見ていますので、顔見知りの犯行だと知っていますが、目撃者がいませんのでヨアンたちに知る由もありません。それでもマルソーは、生きたまま焼き殺されるのはたいてい女性だといい、彼女に恨みを持つ男性の仕業、つまり痴情だと考えています。

Nightofthe12th01

両親から交際相手だと思われていたバイト仲間のウェズリー、ボルダリングジムで知り合ったというジュールなど調べていきますが、クララは奔放な女性で多くの男性と関係を持っている、特別な相手ではないと言います。クララと破局した後、彼女を燃やしてやるというラップを作ってネットにアップしたという元カレのギャビも出頭してきますが、単に自分は無関係だと伝えにきただけでした。

Nightofthe12th05

犯行現場近くで拾ったというライターを捜査班に送りつけてきた、薄気味悪い引きこもり男まで彼女と関係をもっていたと言います。犯行現場に供えられた花にまぎれておかれていた血の付いたシャツは、以前にDVで有罪になったことのある男のもので、彼もクララと遊びでつきあっていたそう。部屋に使い残しのガソリンが入った容器があり、これで解決かと思わせますが、現在の交際相手が“その晩は自分の部屋にいた”と証言して彼のアリバイも固まってしまいます。

Nightofthe12th11

それでもマルソーは彼に目をつけて電話を盗聴し、交際相手の留守電に残したメッセージから、暴力で脅迫して抑圧する男だとわかります。いきりたったマルソーは彼らの部屋を再訪し、殴って吐かせようとしますが、追いかけてきたヨアンに止められ、結局、マルソーは別の部署に異動になってしまいます。

このように捜査はなかなか進展しませんが、本作は、捜査の裏で展開される刑事たちの人間模様を丁寧に描き、捜査班と事件関係者のやりとりを通じて物事の本質に迫っていくところがポイントです。

Nightofthe12th08

捜査班は昔ながらの強面な刑事から残業の心配をするような新人まで多彩ですが、全員が男性。被害者の親友ナニーが言う“なぜクララが殺されたかわかる?女の子だからよ”という言葉に照らし合わせれば、捜査班全員が加害者と同じ男性であり、被害者に対して"誰とでも寝る女"という偏見を抱きながら、同じ気持ちで彼女と関係した無責任な男たちの取り調べをしているのです。

Nightofthe12th10

映画の終盤で“男と女の間には深い溝がある”とヨアンが語りますが、捜査が膠着状態に陥った段階から、自分も捜査班も男性原理に捕らわれていることに気付いて苛立っていることが見え隠れします。もともと他人と深く関わることを避ける性格で、ストレス解消は競技用自転車でバンクを周回することという彼にとって女性の視点に立つことは難題です。

Nightofthe12th14

一方、相棒のマルソーはといえば、子どもが欲しいという妻の願いを叶えられず、妻の浮気を黙認していたら、あっけなく浮気相手との子どもを妊娠し、離婚したいと言い出したと悩んでいます。居場所を失い、署に寝泊まりしている彼を自宅に泊めてあげるヨアン。とはいえ、トイレを汚すなと注文を付け、署のトイレの状態に嫌悪感を抱いている潔癖症の一面をみせてマルソーを辟易とさせます。

Nightofthe12th15

事件の3年後、予審判事が女性に変わり、迷宮入りになっていたこの事件を、彼女の意向で再び捜査することになります。捜査班には新たに女性のナディアが加わります。以前とは異なる布陣、異なる視点で捜査することになるのですが、その先は観てのお楽しみとしておきましょう。リュミエール賞やセザール賞に輝いているフランス好みの映画ですので、当然というべきか、フランス映画らしい結末を迎えます。

公式サイト
12日の殺人

[仕入れ担当]

2024年3月30日 (土)

ジョイドアート Gaudí Jewelry コレクション、カサ・バトリョのステンドグラス装飾をモチーフにした透明感あふれるシルバーネックレス

ご好評いただいているジョイドアート(JOIDART)の Gaudí Jewelry コレクションから、特に人気の高いステンドグラス装飾をモチーフにしたネックレスのシルバーバージョンが登場しました!

2024033001

ガウディ建築の筆頭にあがるカサ・バトリョ(Casa Batlló)
2024033002

地中海をイメージした水玉模様の丸いステンドグラス装飾をムラーノガラスで再現しました。

2024033003

円形モチーフがアクセントになったシルバーネックレスはライトグリーンとパープルの2色展開です。

2024033004

瑞々しいライトグリーン。
ひとつひとつ手作業で作られるムラーノガラスは透明感のある輝きが魅力です。

<#5302:JOIDART ネックレス GAUDI サークル SV ライトグリーン>
2024033005
shop_now

上質なスターリングシルバー(SV925)には、くすみ防止効果があるプラチナコーティングが施されています。

2024033006

上品で優しい雰囲気のパープル。

<#5303:JOIDART ネックレス GAUDI サークル SV パープル>
2024033007
shop_now

40センチのチェーンに4センチほどのアジャスターがついていて、ネックレスを留めるパーツが4カ所あります。

ムラーノガラスの美しさをいかしたシンプルなデザインで合わせやすさは抜群です♪

2024033008

Gaudí Jewelry は特製ボックスにガウディ作品のイメージカードを添えてお渡しいたします。

2024033009

Gaudí Jewelry コレクションの創作の背景については特集ページ「Gaudí Jewelry 〜 ガウディ作品へのオマージュ」をどうぞご覧ください。

[仕入れ担当]

2024年3月27日 (水)

アデルビジュー2024春夏新作:ヴィンテージ感あふれるバックルモチーフのペンダント

パリと東京の2拠点からブランドを展開されているアデルビジュー(ADER.bijoux)。今日ご紹介するのはデザイナーのERIさんがフランスで厳選して買い付けた真鍮プレスのバックルパーツにレザー調コードを通したペンダントです。

2024032701

燻したような色味のシルバーカラーがヴィンテージ感あふれるメタルモーフ。

<#5336:ADER.bijoux ペンダント BUCKLE レザー>
2024032702
shop_now

アール・ヌーヴォー風の模様と形がフレンチデザインらしい♪

2024032703

コードの長さは全長98センチ。
両端を引っ張ることで長さ調整が可能です。

2024032704

両端にあしらわれたメタリックな丸いパーツが後ろ姿にきらめきをプラス☆

2024032705

ロングにして頭からさくっとかぶって着けられます。

2024032706

お洋服に合わせて簡単にミドルレングスに。

2024032707

重さ約10グラムと超軽量!
チュニックシャツやワンピースなどにさらりと合わせられる気軽さも魅力です♪♪

[仕入れ担当]

2024年3月25日 (月)

映画「デューン 砂の惑星PART2(Dune: Part Two)」

Dune: Part Two ドゥニ・ビルヌーブ(Denis Villeneuve)監督がフランク・ハーバート(Frank Herbert)の小説を映画化した「DUNE デューン 砂の惑星」の続編、というか後編です。前作は壮大な予告編という感じでネタ振りに終始しましたが、ようやくその伏線が回収されていきます。

引き続き圧倒的な映像表現で繰り広げられるこのシリーズ、出演者はさらに豪華になりました。皇帝の娘で史記の語り部でもあるイルラン王女の役でフローレンス・ピュー(Florence Pugh)、皇帝シャッダム4世の役でクリストファー・ウォーケン(Christopher Walken)、この「砂の惑星」編における最大の見せ場を作るハルコンネン家のフェイド=ラウサ役でオースティン・バトラー(Austin Butler)、原作とは違った役割を演じることになるレディ・フェンリング役でレア・セドゥ(Léa Seydoux)が新たに登場します。

Dunetwo21

もちろん主だった配役は前編と同じで、主人公ポール・アトレイデス役はティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)、その母レディ・ジェシカ役はレベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson)、家臣ガーニイ・ハレック役はジョシュ・ブローリン(Josh Brolin)、フレメンのチャニ役はゼンデイヤ(Zendaya)、そのリーダーのスティルガー役はハビエル・バルデム(Javier Bardem)、敵対するウラディミール・ハルコンネン男爵役はステラン・スカルスガルド(Stellan Skarsgård)で甥のラッバーン役はデイヴ・バウティスタ(Dave Bautista)が演じています。教母ガイウス・ヘレネ・モヒアム役のシャーロット・ランプリング(Charlotte Rampling)も変更なしです。

Dunetwo03

この後編はジャミスからのタハッディの挑戦を乗り越えたポールがフレメンに受け入れられ、主導権を握っていく物語です。ポールはウスルというフレメン名とムアディブという呼び名を与えられて彼らの一員となり、ジェシカがシエッチ・タブルで彼らの教母の座を継いだことで、外部から救世主が現れるという、フレメンの伝説を裏付ける形になります。

Dunetwo06

以前から伝説を信じていたスティルガーはポールを指導者に祭り上げようとしますが、ポール本人は自分が救世主であることに疑念を抱き、一人の戦士としてアトレイデス家の復讐を果たすことを望みます。また彼の世話係だったチャニは、そんなポールに惹かれ、二人の関係が特別なものに変わっていきます。

Dunetwo04

とはいえ、周囲の期待が高まり、レディ・ジェシカの意図もあって次第にフレメンの信任を得ていき、その見た目の良さがカリスマとしての説得力(身も蓋もない話ですが)を高めます。

Dunetwo08

一方、彼らの共通の敵であるハルコンネン家は、当主ウラディミールの意向でメランジの採掘を進めて冨を得ようとします。しかし、たびたびフレメンのゲリラ作戦で妨害され、採掘で失態続きだったラッバーンが失脚し、代わりに同じく甥のフェイド=ラウサが後継者に指名されます。

Dunetwo10

それを披露する演し物として、闘技場でフェイド=ラウサが闘うのですが、通常は予め相手方に薬を飲ませて抑制するところ、薬なし、つまりイカサマなしの勝負でアトレイデス家の捕虜3人を倒します。冷酷な乱暴者という評判を裏付け、恐怖で民心を掌握するわけです。

Dunetwo09

そして皇帝家。アラキスでの権力争いはもともとシャッダム4世が仕組んだことであり、アトレイデス家が滅亡したことで、彼の目論見は一歩進んだわけですが、その娘イルラン王女はポールが生き延びているのではないかと考えています。

Dunetwo11

原作小説では章の区切りごとに彼女が著した史記が挟まれ、物語を補いますが、映画でもその設定を活かし、彼女が世の中の動きを見通し、記録している様子が描かれます。

Dunetwo12

イルラン王女もベネ・ゲセリットの卒業生ですが、原作小説では伯爵ハシミール・フェンリングの妻というだけの立場だったレディ・フェンリングも、映画ではベネ・ゲセリットの一員としてガイウス・ヘレネ・モヒアムの配下で動く女性として描かれます。

Dunetwo15

なぜビルヌーブ監督はこの部分を改変したか。これまで「静かなる叫び」「灼熱の魂」「複製された男」「ボーダーライン」「メッセージ」「ブレードランナー 2049」を観てきた印象として、この監督には血の宿命に対する強い意識がある(特に「灼熱の魂」)ように感じるのですが、この改変で、映画の終盤に明かされるポールの秘められた血筋と似た、将来に禍根を残す血筋を生み出した気がします。

映画におけるレディ・ジェシカは妊婦のまま、娘エイリアは誕生せず、ポールが未来を予見する中でアニヤ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy)演じる成長した妹の姿が描かれるだけですが、原作小説では4歳のエイリアが男爵を倒し、続編で大きな役割を担うことになります。つまり次作ではエイリアが重要な登場人物になるはずです。レディ・フェンリングの意表を突く行動(原作にはない展開です)は、敵対する血筋を残し、女性同士(娘同士または母親同士)の対決へと導くための伏線なのではないでしょうか。

Dunetwo20

それはともかく、第1作目で散りばめられたネタの大半はこの後編で着地し、それなりにすっきりしますが、これで完結したわけではありません。原作の「砂の惑星」で描かれていたポールの子どもにも触れられませんでしたし、ベネ・ゲセリットの陰謀も仕込みの段階です。そして上に記したような新たなネタも出てきました。すでに次作の企画が進んでいるようですが、小説「砂漠の救世主(Dune Messiah)」も引き続きポールの物語ですのでティモシー・シャラメの出番もふんだんにあるはずです。いずれにしても完結までしばらくかかりそうですね。

公式サイト
デューン 砂の惑星PART2Dune: Part Two

[仕入れ担当]

2024年3月23日 (土)

アデルビジュー2024春夏新作:独特の表面テクスチャーが印象的なバイカラーピアス

クラフト感のある表面テクスチャーが独特のニュアンスを醸し出すアデルビジュー(ADER.bijoux)の新作ピアスです。

2024032301

落ち着いた輝きのゴールドメタルとシルバーメタルのバイカラー。

<#5343:ADER.bijoux ピアス BATEAUX バイカラー>
2024032302
shop_now

抜け感のあるシルバーメタルパーツが耳元で微かに揺れます。

2024032303

ポスト部分はチタン製です。

縦長シルエットはお顔をほっそりと見せてくれる効果あり♪

2024032304

オールシーズン活躍するスタイリッシュなピアスです♪♪

[仕入れ担当]

2024年3月21日 (木)

ヘレナ・ローナー2024春夏新作:彫刻作品のようなモチーフが目を惹くペンダント

造形美を極めたヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の春夏新作。
今日ご紹介するペンダントもまるで彫刻作品のようなモチーフが目を惹きます。

2024032101

スターリングシルバー(SV925)と18Kゴールコーティングメタルの2種類をご用意しました。

2024032102

チェーンの先でぽってりとした変形ドロップ型モチーフが揺れます。

2024032103

メタルなのにリキッドな感じさえ漂うスターリングシルバー(SV925)。

<#5324:Helena Rohner ペンダント tn116 フルイッドドロップ シルバー>
2024032104
shop_now

華奢なチェーンが個性的なモチーフを際立てます。

2024032105

こちらは18Kゴールドコーティングメタル。
同じデザインですが、クールなシルバーに比べて柔らかい印象になりますね。

<#5325:Helena Rohner ペンダント tn116L フルイッドドロップ ゴールド>
2024032106
shop_now

チェーンの長さは65センチ前後。
他のネックレスやペンダントとの重ねづけもしやすい長さになっています。

2024032107

下のモデルさんのようにボリュームのあるチェーンネックレスとのレイヤリングも素敵♡

2024032108

コレクションのイメージ写真はスタイリングのヒントがいっぱいです♪
ぜひ参考にしてみてくださいね♪♪

[仕入れ担当]

2024年3月19日 (火)

COMING SOON:ノスタルジックな夏の記憶を映し出すアデルビジュー2024春夏新作

“Matière et Mémoire”(物質と記憶)がテーマのアデルビジュー(ADER.bijoux)2024春夏ジュエリー。子どもの頃の夏の思い出と共に蘇るノスタルジックな記憶を、カラフルな天然石やガラスカボション、メタルやアクリルパーツなど、透明感のある素材とプレイフルな形で表現しました。

2024031901

まずは、ラテン語で孔雀を意味する PAVO(パーヴォ)コレクション。

2024031902

孔雀の羽をイメージして作られた扇型のクリアパーツをゴールドメタルにセット。
ほのかにオリエンタルな雰囲気が漂います。

2024031903

続いては、イタリア製のアクリルチェーンパーツをデザインにいかした CRYSTAL コレクション。

2024031904

気泡の入った磨りガラス風の仕上げが爽やかな印象です。

2024031905

こちらは春夏シーズン特に人気の GEM シリーズ。

2024031906

ダイヤ型やトライアングル型にカットされたカラフルな天然石を贅沢に使っています。
ガラスカボションとの幾何学的な組み合わせにも注目です♪

2024031907

メタルの造形だけで魅せる新作も見逃せません。
線と線のつながりが織りなす美しさを表現した LIEN シリーズ。

2024031908

今シーズンはヴィンテージ感あふれるフランス製メタルプレスパーツを使っています。
モナドではクールなシルバーメタルをチョイス♪

2024031909

デザイナーがフランスで買い付けた真鍮プレスのバックルパーツにレザー調コードを通したペンダントや・・・

2024031910

独特の表面テクスチャーと有機的な形が印象的なピアスもあります。

2024031911

透明感あふれるアデルビジューの新作ジュエリーで忘れられない思い出を紡ぎませんか♪
モナド公式ウェブサイトとブログで詳しくご紹介していきます。どうぞご覧ください♪♪

[仕入れ担当]

2024年3月16日 (土)

ヘレナ・ローナー2024春夏新作:流れるような優美なラインが創り出すボリュームリング

ヘレナ・ローナー(Helena Rohner)の新作フルイッド(fluid)リングは、その名のとおり、流れるような滑らかなラインとフォルムが魅力です。

2024031601

ぽってりと丸みのある造形、左右でゆるやかに変化をもたせた有機的な立体感で、彫刻的なジュエリーに仕上げられています。

<#5317:Helena Rohner リング br703L フルイッド ゴールド>
2024031602
shop_now

無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインがモダンな印象です。

柔らかな輝きを放つ18Kゴールドコーティングメタルの鏡面仕上げ。
アーム部分は滑らかな指通りで、指にしっくりフィットします。

2024031603

同じゴールドメタルの新作バングルを合わせれば、こなれ感がUP♪

2024031604

ボリュームのあるリングとの重ねづけにもチャレンジしたい♪

2024031605

ヘレナ・ローナーらしい有機的フォルムのリング。
抜群の存在感で、この春夏の旬な手元コーデは完ぺきです♪♪

[仕入れ担当]

2024年3月13日 (水)

メタリックなシルバーカラーとシワ加工がおしゃれ♪ モノノグのレザー製ショルダーバッグ

Made in Japan のバッグブランド、モノノグ(mononogu)の人気モデル Wrap Shoulder(ラップショルダー)のご紹介です。

2024031301

カウハイド(牛革)の裏側にアルミ箔をボンディング加工して、独特のシワ感を出しています。

メタリックなシルバーカラーはおしゃれなだけでなく、季節を問わず取り入れやすい万能カラーです♪

<#5312:mononogu ラップショルダー シルバー>
2024031302
shop_now

紙袋のような形と風合いでエフォートレスな感じが◎

2024031303

金具類が無く、すっきりとした外観。
見た目も軽やかですが、実際、210グラム程度とレザー製とは思えない軽さです!

2024031304

加工の特性を活かしてバッグ開口部はくるくると丸めたり、無造作にクシャっとさせたり、自由にアレンジしてお使いいただけます。

2024031305

大きく開くので中身も見やすくて取り出しやすい!

内側は鮮やかなブルーのコットン100%オリジナルプリント生地でライニングされています。

2024031306

暗い写真で見えにくいのですが、片側にジッパー付きポケット、もう片側にオープンポケットがあります。

2024031307

冒頭の写真のようにクロスボディにしたり、下の写真のようにストラップを2本にして肩掛けや手持ちにもできます。

2024031308

週末のお出かけに、旅行に大活躍♪
カジュアルな装いをおしゃれに見せてくれるレザーバッグです♪♪

[仕入れ担当]

2024年3月11日 (月)

映画「ネクスト・ゴール・ウィンズ(Next Goal Wins)」

Next Goal Wins 4年前に観た「ジョジョ・ラビット」の監督、タイカ・ワイティティ(Taika Waititi)の新作コメディです。2014年FIFAワールドカップ地区予選の実話をアレンジし、誰もが楽しめる軽快なドラマに仕上げています。

2001年に行われたワールドカップ・オセアニア予選で、オーストラリアに0対31という記録的な大敗を喫した米領サモア代表チーム。FIFA国際試合における最大得点差だそうですが、このチームは同じグループ戦でフィジー代表に0対13、サモア代表に0-8で敗れていて、対するオーストラリアはその直前にトンガ代表に22対0で勝っていますので、圧倒的な実力差があったわけです。

米領サモアというのは、南太平洋ポリネシアのサモア諸島にある米国自治領で、もともとドイツ領だった西寄りのウポル島を主とする島々がサモア独立国になり、東寄りのトゥトゥイラ島を主とする島々は準州として米国に帰属しています。面積が200㎢弱、人口は45,000人程度ということで、沖縄の石垣島を面積人口ともに1割ほど小さくした規模感です。

Nextgoalwins02

その小さな島の代表チームが、米国で指導者をしていたオランダ出身のトーマス・ロンゲン(Thomas Rongen)を招聘し、2013年に行われた地区予選で初の勝利を目指すというストーリー。なぜタイカ・ワイティティがサッカー映画?と思うかも知れませんが、ニュージーランド人である彼の父親はマオリ族出身、一種の地元ネタです。2013年にこの題材で英国BBCがドキュメンタリー映画を撮っていて、それを観た監督がTVシリーズ「The First Team」の脚本家イアン・モリス(Iain Morris)と組んで脚色したそうです。

Nextgoalwins03

もちろん事実そのままを映画化しても、弱小チームが頑張って勝ったというだけのストーリーになってしまいますので、監督のトーマス・ロンゲンの実生活がトラブルだらけだったという設定に変え、代表チームの奮闘と勝利が、監督個人のブレイクスルーと重なる仕掛けになっています。映画のロンゲンは夫婦間の問題を抱えた上、サッカー指導者としての危機に陥り酒浸りですが、実際はもう少し堅実な人物のようです。

Nextgoalwins04

なぜこの代表チームが注目に値するのかというと、単に弱小というだけでなく、彼らの個性と島の文化が大きなポイントになります。端的な例でいえば、チームの主力メンバーであるジャイヤ・サエルア(Jaiyah Saelua)は、サモアでファファフィネ(Faʻafafine)と呼ばれる第三の性です。専門的なことはよくわかりませんが、トランスジェンダーというより、ノンバイナリーに近い位置づけのようです。

Nextgoalwins05

その背景を理解していなかったロンゲンが、ジャイヤをジョニー(Johnny)という出生名で呼ぶといった紋切り型のハラスメントをして衝突しますが、そういった地域性をうまく絡めながら、チームと監督の成長を描いていきます。ちなみにジャイヤを演じたカイマナ(Kaimana)は私生活でもファファフィネで、家系的には日本人の血も混じっているそうです。

Nextgoalwins08

また、舞台となる島の土地柄も良い感じです。米国本土で評価されず、ふて腐れていたロンゲンが、のんびりしたサモアの風土の影響を受け、サッカーの楽しさを思い出していくあたりは、常に競争に晒され、ストレスを抱え込んでしまいがちな現代人から共感を得られた大きな理由だと思います。

Nextgoalwins15

主人公のロンゲンを演じたのは「ジェーン・エア」「それでも夜は明ける」「スティーブ・ジョブズ」のマイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)。アンガーマネジメントができず、熱しやすくて人情肌という人物像をうまく創り上げていました。

Nextgoalwins14

妻ゲイル役は「オン・ザ・ロード」「ザ・スクエア」「さらば愛しきアウトロー」などのエリザベス・モス(Elisabeth Moss)。

Nextgoalwins09

その上司であるアレックス役はウィル・アーネット(Will Arnett)で、実在しない架空の人物とのこと。つまりゲイルとの関係も脚色されたもので、ロンゲンの苦悩の原因も存在しないことになります。

Nextgoalwins10

実際のトンガ戦は米領サモアが2点先制したようですが、ワイティティ監督はゲームの流れを入れ替え、ハーフタイムのイザコザを織り込んで盛り上げていきます。なお娘の一件は実話で、ロンゲンはゲイルの3人の連れ子の一人であるニコールを2004年に喪っています。彼は継娘であるニコールを溺愛していたようで、この試合で彼女の遺品であるVCUのベースボールキャップ被っていたのも事実だそうです。

Nextgoalwins11

どうでもいいことですが、最初と最後にほんの少し、タイカ・ワイティティ監督が登場します。

Nextgoalwins26

公式サイト
ネクスト・ゴール・ウィンズNext Goal Wins

[仕入れ担当]

2024年3月 7日 (木)

COMING SOON:流れるような有機的フォルムが魅せるヘレナ・ローナー2024年春夏新作

「流れるような・滑らかな」を意味する "fluid" がテーマのヘレナ・ローナー(Helena Rohner)2024年春夏新作。メタルの優美なラインやフォルムだけで表現するタイムレスなジュエリーです。

2024030701

ゴールドメタルの膨らみと緩やかカーブが創り出すボリュームリング。
この1点投入で、手元のこなれ感は完成です♪

2024030702

ココボロとの一体感が見事なシルバーリングはオブジェのような趣き。

2024030703

天然木のココボロはひとつひとつ木目が違いますので、同じものはありません。

2024030704

上のモデルさんが小指につけているのは、ヒンジの形をデザインに取り入れた細身のリング。
シルバーとゴールドメタルの2種類からお選びいただけます。

2024030705

手首にはモダンなバングルを合わせて。
一見シンプルなようですが、片側に膨らみやゆがみを持たせた左右非対称。こういうちょっとした「ひねり」がヘレナの得意技です。

2024030706

華奢なミドルレングスのチェーンの先で揺れる個性的なドロップ型モチーフ。

2024030707

その印象に残るフォルムは、まるで彫刻作品のようです。

2024030708

春夏のシンプルコーデにオシャレ感をプラスするペンダント。
有機的フォルムのゴールドメタルリングにスエード調コードを合わせています。

2024030709

ドロップ型をわずかに変形させた小さなモチーフがアクセントになったショートネックレスは、毎日つけたくなる愛おしさ。

2024030710

耳元にはエッグ型モチーフのフープピアスを。

2024030711

モチーフからつながるフープの形も一筋縄では行きません!

2024030712

デイリーユースにはエッグ型のタイニーピアスがおすすめ♪

2024030713

これからの季節にぴったりのフープピアスは、アーシーカラーのセラミックビーズがほのかにエキゾチックな香りを添えています。

2024030714

ヘレナ・ローナー2024春夏コレクション、店頭と公式ウェブサイトでの展開は来週からになります。
こちらのブログでも詳しく紹介していきます。どうぞお楽しみに♪♪

[仕入れ担当]

«映画「落下の解剖学(Anatomie d'une chute)」

フォト