« 映画「第211号監房(Celda 211)」 | トップページ | 手作り革靴のお店「SONOMITSU」 »

2009年12月16日 (水)

MONOCLE x MADRID カクテルパーティ

もう1週間以上経ってしまいましたが、先日、雑誌MONOCLEと、Spain & Madrid Tourism主催のカクテルパーティに行ってきました。
Invitation

MONOCLE誌の12/1月号に掲載された Madrid City Survey を記念したパーティで、スペイン関係、マスコミ関係、ファッション関係の方々が大勢いらっしゃっていました。参加者は300人ほどと聞いていたのですが、もう少し多かったような気がします。
Monocle

ザ・ペニンシュラ東京のボールルームは初めてでしたし、MONOCLE編集長のTyler Brûlé(タイラー・ブリュレ)さんにはWallpaper*の頃から興味がありましたので、催事のバタバタの中、無理やり時間を作って出掛けました。

まずTyler Brûléさんのご挨拶があり、スペイン観光省の方、Madrid Tourismの方がご挨拶。まだ出来立てだという、とっても凝った観光ビデオのお披露目もありました。とはいえ、やっぱり何といってもTyler Brûléさんの人気はすごいです。名刺交換したり一緒に写真を撮ったりしたい人たちの行列ができていました。
Tyler

「cocktails and canapés」のパーティなので、きっと軽食程度だと思い、後で何か食べて帰ろうと算段していたのですが、やっぱりスペイン関係のイベントですね、食べものはビックリするほど豊富。ハモン&メロンはもちろん、にぎり寿司を満載した巨大プレートはいったい何回入れ替わったのだろうという感じ。

中華の蒸籠もいろいろありましたし、ローストビーフ等の洋食もふんだんにありましたので、少しずつ味見しているうちにお腹いっぱいになってしまい、結局、パーティが終わる前に出てきてしまいました。この方のブログを読んでいて、マンゴプリンを食べそびれたことに気付き、今さらながら後悔しています。

招待状に「ドレスコードはカクテルドレス」とあったので、黒のドレスを着て、エレナ・カンセル(Elena Cancer)で飾りたてて行きました。会場でうまく撮れていなかったので、再現写真を載せておきます。
Cancer
Partystyle

パーティには、やっぱりエレナ・カンセルがしっくりくると、つくづく感じました。これからのパーティシーズン、店舗はお休み中ですが、ご興味がおありの方は、是非メールでお問い合わせください!

[仕入れ担当]

« 映画「第211号監房(Celda 211)」 | トップページ | 手作り革靴のお店「SONOMITSU」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MONOCLE x MADRID カクテルパーティ:

« 映画「第211号監房(Celda 211)」 | トップページ | 手作り革靴のお店「SONOMITSU」 »

フォト