« ヘレナ・ローナーの春の新作 | トップページ | 映画「すべて彼女のために(Pour Elle)」 »

2010年3月11日 (木)

マドリードのレストラン「bahía taberna」

マドリード最後の夜、いつもお世話になっている写真家の山澤さんが、空港近くにあるレストラン bahía taberna にご招待してくださいました。

白い壁とこぢんまりとした空間が洞穴のような雰囲気のお店です。山澤さんが以前、撮影を担当したレストランで働いていた、ダニエル、ラウル、マルタの3人が独立して、去年の夏に開店したそう。えくぼが可愛いスペイン人とイタリア人のハーフのシェフ、ダニエルにお任せでお願いした料理を、大きな目が印象的なマルタがサービスしてくれました。
Daniel

お店の料理は、伝統的なタパスを自分たちの世代の視点から解釈したものだそう。たとえば定番中の定番、パタタス・ブラバス(Patatas bravas)は、浅葱を添えるなどモダンにアレンジされていて、軽い口当たりになっています。
Patatas

ガリシア料理で有名なオレハ(Oreja:豚耳)も、単に茹でたり炒めたりしただけでなく、春巻のような薄皮で巻いて揚げ、泡状にしたオリーブオイルが添えられます。初めて食べたのですが、こりこりっとした豚耳の食感にローズマリーの香りが利いていて、いくらでも食べられそうな印象でした。またパスタから微かに魚醤っぽい香りがしたり、オリエンタルな味付けも取り入れられています。
Oreja
Pasta

山澤さんから「もう少し寄った方が美味しそうに写る」とアドバイスをいただきながら、せっせと料理写真を撮ったのですが、残念ながらピンボケが多く て……。もう少し見たいという方は、bahía taberna のサイトの Platos のページへどうぞ。

ダニエルは私たちの為に、いろいろと組み合せを考えてメニューを決めてくださったようです。スペインの食を長年撮っている山澤さんが「一番好きな場所」とおっしゃるだけあって、普通のスペイン料理に少し飽きていた私たちには、とっても嬉しい食事となりました。

もちろん地元の人からも大人気で、夜の10時半を過ぎた頃からぞくぞくとお客さんが入ってきて、立ち飲みしながら席が空くのを待っている状態。開店時間の9時頃に行くか、予約することをお勧めします。

bahía taberna
Bahía de Palma, 9 (esq. Bahîa de Almería) Madrid 28042
Tel: 91 747 69 44
http://www.bahiataberna.com/

なお、モナドの店頭に bahía taberna のショップカードがありますので、ご入り用の方はお気軽にお申し付けください。

[店長]

« ヘレナ・ローナーの春の新作 | トップページ | 映画「すべて彼女のために(Pour Elle)」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドリードのレストラン「bahía taberna」:

« ヘレナ・ローナーの春の新作 | トップページ | 映画「すべて彼女のために(Pour Elle)」 »

フォト