« 2011年新春セールのおすすめ:ラケル・モレノ編 | トップページ | 2011年新春セールのおすすめ:ヘレナ・ローナー編 Part2 »

2011年1月22日 (土)

映画「しあわせの雨傘(Potiche)」

Potiche0 カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)の魅力全開といった印象の映画です。

フランソワ・オゾン(François Ozon)監督でなければ、天下のドヌーブ様に、アディダスのジャージを着せたり、流行遅れのディスコ・ダンスを踊らせたり、カラオケを熱唱させるなんて、ちょっとありえないでしょう。

ストーリーはいたって単純。ドヌーブが演じるのは、傘メーカーの創業者の娘で、父親の後を継いで社長になった夫に尽す、とても家庭的な主婦:スザンヌ。

ジョギングが趣味で、家事も大好き。家政婦の休暇中に嬉々として朝食を用意し、夫にたしなめられたりします。娘から「飾り壺(Potiche)」呼ばわりされる始末。

Potiche1

時代は70年代。従業員が待遇改善を求めてストを決行し、夫の心臓病が悪化します。そこでスザンヌは、市長のババンの力を借りてストを抑え、急遽、社長を代行することに……。典型的なブルジョワであるスザンヌと、左翼のババンという、一見、反目する関係の二人、実は旧知の間柄だったのです。

Potiche2

貞淑な妻と思われているスザンヌには意外な過去があり、それが顕わになることで物語が動いていきます。場面が変わるごとに新たな事実が明らかになり、時間軸に添って展開していく構成というのは、元々は舞台で演じられていた作品だからなのかも知れません。とってもシンプルで誰もが楽しめるコメディ映画です。

Potiche3

オゾン監督ですから、離婚の危機を抱える娘や、不倫に揺れる秘書など、女性の描き方は繊細ですし、市長のババン役のジェラール・ドパルデュー(Gérard Depardieu)も、ちょっと体重オーバーのように思いますが、張りきって演技しています。また、途中、ババンとの出会いを思い起こさせるシーンでは、「リッキー(Ricky)」に引き続きセルジ・ロペス(Sergi Lopez)が出演していて、端役ながら相変わらず、いい味だしてます。

Potiche4

個人的には、オゾン監督とカトリーヌ・ドヌーヴによる女性賛歌のように感じました。ハッピーエンディングですし、ちょっとした意外な展開もあり、リラックスした気持ちで観ると楽しく劇場を後にできる映画だと思います。

公式サイト
しあわせの雨傘Potiche

[仕入れ担当]

« 2011年新春セールのおすすめ:ラケル・モレノ編 | トップページ | 2011年新春セールのおすすめ:ヘレナ・ローナー編 Part2 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「しあわせの雨傘(Potiche)」:

» 映画「しあわせの雨傘」全編カトリーヌ・ドヌーヴの映画 [soramove]
「しあわせの雨傘」★★★ カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、 ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール、ジュディット・ゴドレーシュ出演 フランソワ・オゾン監督、103分 、2011年1月8日公開、 2010,フランス,ギャガ (原作:原題:POTICHE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「フランソワ・オゾン監督の変幻ぶりに困惑しつつ、 軽めのコメディとして楽し... [続きを読む]

« 2011年新春セールのおすすめ:ラケル・モレノ編 | トップページ | 2011年新春セールのおすすめ:ヘレナ・ローナー編 Part2 »

フォト