« タンザニアのコーヒー | トップページ | 真夏の大胆アクセサリー(その3):ジョイドアートのシャイニーなピアス »

2011年6月22日 (水)

情熱的な夜「ファルキートとラ・モネタ(Farruquito y La Moneta)」

Primavera フラメンコの踊り手でもあるお客さまから「日本では滅多に観られない、すごい踊り手が来日する!」と教えていただき、第1回フラメンコ・フェスティバル 2011“ラ・プリマベーラ・フラメンカ”に行ってきました。

東京公演の初日、セビージャ出身のファルキート(Farruquito)と、グラナダ出身のラ・モネタ(La Moneta)の舞台です。ヒターノ(ジプシー)が伝承してきたプーロ(伝統的)フラメンコ、最高のバイレ(踊り手)と言われています。

Fym

第1部はラ・モネタ、第2部ではファルキートが魅せてくれました。

Farruquito

響きわたるカンテの歌声とトケのギター、バイレの足音や指を鳴らす音、華麗な足さばきと手さばきから聞こえてくる音色、周囲の掛け声や手拍子、すべてのリズムと音楽が融けあって昇華していく様は、本当に素晴らしかったです!!!

Moteta

ファルキートのセクシーな佇まいも素敵でしたが、ラ・モネタの踊りに魅了されました。裾の長いバタデコーラを美しく揺らす踊りや、真っ赤なドレスでの野性的なステージなど、衣装でも楽しませてくれます。

特に、男性的な舞いのファルーカ!ギターと踊り手だけの空気感が心地よかったです。力強く妖艶で、それでいてチャーミングな彼女の踊りに酔いしれた晩でした。

[店長]

« タンザニアのコーヒー | トップページ | 真夏の大胆アクセサリー(その3):ジョイドアートのシャイニーなピアス »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情熱的な夜「ファルキートとラ・モネタ(Farruquito y La Moneta)」:

« タンザニアのコーヒー | トップページ | 真夏の大胆アクセサリー(その3):ジョイドアートのシャイニーなピアス »

フォト