« 映画「戦火の馬(War Horse)」 | トップページ | マラババ2.0の最新情報 »

2012年3月20日 (火)

グラナダのテテリア

ちょっと間が空いてしまいましたが、スペインのお話の続きです。

先々週の記事で、アルバイシン地区(Albaicín)のことを書きましたが、サン・ニコラス広場から下っていくと、テテリア(teteria)や観光客向けの雑貨店が軒を連ねる路地、通称アラブ街に出ます。

Teteria_1

テテリアとはアラブ風のティーサロンのこと。エキゾティックな茶器やランプシェードに囲まれ、クッションを並べた長いベンチで寛げる空間です。

Teteria_2

ティーサロンですから、ハーブティやチャイ(日本の緑茶もありました)がメインですが、他にもアラブ風のコーヒーや搾りたてのフルーツジュース、デザートなどもあって、メニューは豊富です。

薄暗い店内では、おしゃべりを楽しむグループや、長い時間をかけて水たばこを嗜む人もいます。

Teteria_3 Teteria_4

4年前に初めて訪れたとき、テテリアに男の子と女の子の可愛らしい店員さん(おそらくヒターノ)がいて、彼らのチャーミングな笑顔を今でも覚えています。

そのムードと装飾に魅了された私たちは、モナドの内装を決める過程で、グラナダのテテリアを真似しました。

Monad_1 Monad_2_2

グラナダは、モナドを始めるにあたって、とても影響を受けた街です。再訪することができ、また新鮮な気持ちになれたように思います。

スペインのお話はまだまだ続きますが、商品のご紹介の合間にのんびり記していこうと思っています。次はセビリアのお話です。

[店長]

« 映画「戦火の馬(War Horse)」 | トップページ | マラババ2.0の最新情報 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラナダのテテリア:

« 映画「戦火の馬(War Horse)」 | トップページ | マラババ2.0の最新情報 »

フォト