« アレグリアのマドレーヌ | トップページ | 母の日ギフト2012:イヤリングでもお楽しみいただけるピアス »

2012年5月 5日 (土)

映画「裏切りのサーカス(Tinker Tailor Soldier Spy)」

Mole 英国映画好きにはたまらない、なかなか渋いキャスティングの作品です。原作はジョン・ル・カレ(John le Carré)の「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(Tinker, Tailor, Soldier, Spy)」。なぜか映画のタイトルではコンマがなくなっていますが、内容的には割と原作通り製作された映画になっています。

巷では「わかりにくい」という評判もあるようですが、要するに英国情報部(MI6=Military Intelligence section 6)の幹部に二重スパイがいて、それを探し出そうとした指揮官が作戦に失敗して更迭され、子飼いの部下も引退を余儀なくされるのですが、その後、さらに上部からの指示を受けて、二重スパイをあぶり出していくというお話。多少、時代が行ったり来たりしますが、基本的にシンプルなストーリーだと思います。

何がわかりにくいかというと、まず登場人物の名前。二重スパイの嫌疑がかかっている幹部それぞれに、Tinker、Tailor、Soldier、Poormanというコードネームが付けられているのですが、本人に向かってコードネームで呼びかけることは、当然のことながらありません。

Mole4

同じ組織の一員ですから、通常は名もしくは姓で呼びますし、第三者がその誰かについて語るときも普通に名前で呼ぶか、二重スパイのことはモグラ(mole)と呼びます。そのあたりのことは、英国情報部をサーカス(Circus)、更迭されて死んでしまう元指揮官をコントロール(Control)と一般名詞で呼んで、固有名詞であることをわかりにくくしていることと同様、コードネームにほとんど意味がないのですが、それに気をとられると誰が誰だかわからなくなります。

Mole1

続いて人間関係、というか性的指向。ソ連通商使節団の女性・イリーナと関係を持つリッキー・ターは別として、それぞれ英国らしく多様です。

Mole6

たとえば、コードネームTailorを演じるコリン・ファース(Colin Firth)、デビュー作が「アナザー・カントリー」ですし、つい最近も「シングルマン」に出ていましたが、「英国王のスピーチ」のように結婚して娘2人を可愛がっているだけとは限らないのです。それが曖昧に描かれていながら、実はキーになる話だったりするので、心の動きや葛藤が見えにくくなっています。

Mole3

そのあたりの状況を示唆するためだと思うのですが、主人公・スマイリーの部下であるピーター・ギラムは原作で女好きキャラだったはずなのに、この映画の中では、身辺整理するように命じられ、ボーイフレンドと別れるシーンが出てきます。ちょっと唐突な印象を受けると思いますが、きっと「これもアリだよ」という製作者からのメッセージなのでしょう。

Mole2

ちなみにこのピーターを演じているベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)は「戦火の馬」で少佐の役だった人。容貌といいハーロー校出身という経歴といい、いかにも「アナザー・カントリー」な人ですが、最近までオリヴィア・プーレ(Olivia Poulet)という女優さんと交際していたそうで、どうやら違うようです。

そして、わかりにくくしている三つめの理由が、主人公のスマイリーをゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)が演じたこと。クセの強い役者さんですから、この映画のように抑え気味の演技をすると、何か裏がありそうに見えてしまいます。実際、私もラストシーンを観ながら、実は彼が黒幕という設定でさらに話が展開するのではないかと思ってしまいました。おそらく、額面通りに解釈して良いのだと思いますが…。

Mole7

ラストシーンで流れる曲は、スマイリーが聴きそうだと選曲されたLa Mer。フリオ・イグレシアス(Julio Iglesisas)が歌っています。英語のBeyond the Seaはいろいろなところで耳にしますが、やはりフランス語の方が雰囲気があっていいですね。

それから監督は、英語の映画は初めてという、スウェーデンのトーマス・アルフレッドソン(Tomas Alfredson)。オリジナル版の「ミレニアム(ドラゴン・タトゥー)」の二番目と三番目を監督したダニエル・アルフレッドソン(Daniel Alfredson)の弟さんだそうです。

Mole5

あと「へぇー」と思ったのは、ジョン・ル・カレが存命だったこと。というより、いまだに現役で書いているんですね。実はこの映画でも、クリスマスパーティのシーンに酔っ払い役でカメオ出演しているそう。MI6出身ですから、化けるのは得意なのでしょう。それにしても80歳にしてこのノリの良さ、密かにスマイリー3部作すべての映画化を目論んでいるのかも知れません。

公式サイト
裏切りのサーカスTinker Tailor Soldier Spy

[仕入れ担当]

« アレグリアのマドレーヌ | トップページ | 母の日ギフト2012:イヤリングでもお楽しみいただけるピアス »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「裏切りのサーカス(Tinker Tailor Soldier Spy)」:

» 本格的スパイ [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「裏切りのサーカス」を鑑賞しました。 英国諜報部のサーカスに潜むソ連の二重スパイを 捜し出す指令を受けた 引退したスパイ スマイリーだったが・・・ スパイ映画ですがM:Iシリーズなど よくあるスパイ映画とは違い アクションはなく 派手さも...... [続きを読む]

« アレグリアのマドレーヌ | トップページ | 母の日ギフト2012:イヤリングでもお楽しみいただけるピアス »

フォト