« 展覧会「シャガール 愛をめぐる追想」 | トップページ | 手刺しゅうのポーチも可愛い!ベトナムのお土産 »

2012年6月22日 (金)

喜久月の「あをうめ」

青果店やスーパーマーケットの棚で梅の実を見かける季節になりました。といっても、梅干しも梅酒も自分では作りませんので、ただ眺めて季節感を楽しんでいるだけですが…。

谷中の喜久月は、根津の交差点から善光寺坂を上りきった先にある、大正時代から続く老舗です。

このお店の名物「あをうめ」は、青梅をかたどった和菓子。年間を通して買えますが、やはり梅雨時になると心惹かれるものがあります。

ほんのり塩味を感じる白味噌のあんが、しっとり柔らかな求肥に包まれています。個人的には、深蒸しの知覧茶と合わせるのが好きです。

Aoume

喜久月
台東区谷中6-1-3
03-3821-4192
火曜定休

[仕入れ担当]

« 展覧会「シャガール 愛をめぐる追想」 | トップページ | 手刺しゅうのポーチも可愛い!ベトナムのお土産 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜久月の「あをうめ」:

« 展覧会「シャガール 愛をめぐる追想」 | トップページ | 手刺しゅうのポーチも可愛い!ベトナムのお土産 »

フォト