« 渋谷ヒカリエのCreative Space 8/(hachi) | トップページ | COLOR STORY:きりっとしたブラックカラーを特集 »

2012年7月 2日 (月)

映画「テルマエ・ロマエ」

Thermae0 今さら感もありますが、まだまだ大ヒット上映中ということで、遅ればせながらご紹介。

ご存知の通り、古代ローマと現代日本の浴場をテーマにしたギャグ漫画を、阿部寛主演で実写化した邦画です。

ローマ人がたくさん登場しますが、そのほとんどを日本人が演じているのが特徴で、主役ルシウスを演じた阿部寛の他、ローマ皇帝ハドリアヌスやアントニヌスなど史実上の人物を、市村正親、北村一輝、宍戸開といった「濃い顔」の俳優が演じています。

Thermae2

この映画の面白さは、研究熱心な浴場設計技師ルシウスが、古代ローマからタイムスリップして現代日本を見るたび、そのギャップに驚くこと。阿部寛の驚いた顔のインパクトは強烈ですので、しばらくの間、三菱東京UFJに行くたびに思い出し笑いしてしまうと思います。

Thermae1

まずオープニングから、日本の銭湯(北区滝野川の稲荷湯だそう)に現れたルシウスが、富士山の壁画に感銘を受けたり、フルーツ牛乳に感動したりと、客席を笑いの渦に巻き込みます。

Thermae5

その後、家庭の浴室にタイムスリップしたり、湯治場(那須町の北温泉旅館だそう)に登場したりするのですが、個人的にいちばん可笑しかったのは、TOTOのショールームに現れたとき。

Thermae3

バスルームにしろ、トイレにしろ、日本の最先端の住宅設備はほんとに凄いですからね。私自身も、新宿のショールームでルシウスなみに驚愕したことがありますし、外国人が来日していちばん驚くのはバスルームやトイレのように思います。

Thermae4

映画の後半になると少し飽きるかも知れませんが、少なくとも前半は心置きなく笑える映画だと思います。ちなみにヒロインの上戸彩は、最近、谷根千界隈でTVドラマの撮影をしているそうです。

公式サイト
テルマエ・ロマエ

[仕入れ担当]

« 渋谷ヒカリエのCreative Space 8/(hachi) | トップページ | COLOR STORY:きりっとしたブラックカラーを特集 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「テルマエ・ロマエ」:

« 渋谷ヒカリエのCreative Space 8/(hachi) | トップページ | COLOR STORY:きりっとしたブラックカラーを特集 »

フォト