« あけましておめでとうございます | トップページ | 映画「禁じられた歌声(Timbuktu)」 »

2016年1月 3日 (日)

上野動物園 干支の企画展「ニホンザル ウキッウキッ ウォッチング」

今年は申年ですね。上野動物園では「知るほどに猿がわからなくなる。だから面白い。」という干支をテーマにした企画展が開催されています。

園内にいるサルの仲間は18種類!おなじみのニホンザルから世界中の珍しいサルまで、リーフレットを片手に観察して回りました。

Uenozoo_1

こちらは、世界のふしぎなサルたちです。
フサフサの白い毛をマントのようになびかせるアビシニアコロブス。

Uenozoo_2

おでこに三日月模様があるブラッザグエノン。美しい毛並みとコミカルな動きで注目を集めていました。

Uenozoo_3

そしてニホンザルがいる東園。
ここでは、この企画展の来場者にきいたニホンザルのイメージ調査の結果をボードで紹介しています。

Uenozoo_4

サルの顔やお尻が赤いのは秋と冬だけとか、上野動物園が日本で初めてニホンザルを飼育したとか、サル山にボスザルはいないとか、いろいろと学んできました。

Uenozoo_5

食事風景を観察するなら午前中に♪

Uenozoo_6

干支の企画展「ニホンザル ウキッウキッ ウォッチング」
http://www.tokyo-zoo.net/
2016年1月17日(日)まで

[店長]

« あけましておめでとうございます | トップページ | 映画「禁じられた歌声(Timbuktu)」 »

トラックバック

« あけましておめでとうございます | トップページ | 映画「禁じられた歌声(Timbuktu)」 »

フォト