« レアンドロ・エルリッヒ展 森美術館 | トップページ | Gift for Her 2017:シックな装いにしっくりくるピアスとネックレスをお母さまへの贈り物に♪ »

2017年12月22日 (金)

古代アンデス文明展 上野・国立科学博物館

南米大陸の西側、南北に長く伸びるアンデス山脈沿いで先史時代から16世紀まで栄えた文化を紹介する展覧会です。高原や谷、盆地で発達した山の文化と、海岸沿いに広がる砂漠地帯で発達した海の文化が、独自性を保ちながら互いに影響し合い進化していきます。

Andes_1

目を引くのは、ユニークなカタチをした土器の数々です。

Andes_2

シカを背負う死者をかたどったものや、死者の男性と仲良くする女性をかたどったもの、男性の顔をかたどったポートレート、トウモロコシに化けた神、自身の首を切り、その首を支える男性の姿など実にさまざま。

Andes_3

スペイン人による征服後、盗掘者により多くの金の装飾品が失われましたが、優れた技術で発達した黄金装飾の文化も必見です。下の胸飾りは、打ち出し細工で作られた65個のパーツを連ねています。

Andes_4

文字を持たなかったアンデス文明。代わりに数や物を記録した “キープ” と呼ばれる縄を束ねたものが活用されていました。税金として納められた食料や織物の出入りを “キープ” の結び目のカタチや色分けで記録していたそうです。

Andes_5

下の写真は、10年ほど前に訪れたマチュピチュ遺跡です。
ワイナピチュ山の山頂から撮影したもので、遺跡はコンドルの姿を表しています。標高2280mもの山の中に、なぜ都市がつくられたのかは明らかにされていませんが、「王のミイラにささげられた街」という説が有力だそう。まだまだ謎に包まれているアンデスに興味は尽きません。

Andes_6

上野といえば動物園のシャンシャンが話題をさらっていますが、国立科学博物館の中庭ではアルパカ(もふもふで可愛いアンデスの動物!)と12月26日(火)11時~15時の間、記念撮影ができます。
本展の半券を持って行くと、撮影に参加できる整理券がもらえます♪ 詳しくはこちらをご覧ください。

古代アンデス文明展
http://andes2017-2019.main.jp/andes_web/
2018年2月18日(日)まで

[店長]

« レアンドロ・エルリッヒ展 森美術館 | トップページ | Gift for Her 2017:シックな装いにしっくりくるピアスとネックレスをお母さまへの贈り物に♪ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代アンデス文明展 上野・国立科学博物館:

« レアンドロ・エルリッヒ展 森美術館 | トップページ | Gift for Her 2017:シックな装いにしっくりくるピアスとネックレスをお母さまへの贈り物に♪ »

フォト