« 映画「カセットテープ・ダイアリーズ(Blinded by the Light)」 | トップページ | サマーセール:エキゾチックなアマゾナイトのネックレス »

2020年7月14日 (火)

古典×現代 2020展 国立新美術館

室町時代の刀剣と現代アーティストの鴻池朋子氏、鎌倉時代の仏像と建築家の田根剛氏など、古典と現代の作品を見比べて楽しむ展覧会「古典×現代 2020」を観てきました。選りすぐりの古美術の名品と、いまの日本を代表する作家の競演。さまざまなテーマで組み合わされた8組が紹介されています。

Kotengendai_1

江戸時代の絵師たちが描いた花鳥画に呼応するのは、美しく儚い自然や生命の神秘をきりとる写真家・川内倫子氏の作品。優しさと力強さが入り混じります。

Kotengendai_2

日本各地を旅し、無数の仏像を彫った僧侶・円空と、独特な表情をした手足の長い少年・少女を創り出す彫刻家・棚田康司氏。どちらも一本の木から彫り出す技法を用いていて、自然のカタチを活かした木像ならではのあたたかみが感じられます。

Kotengendai_3

北斎へのオマージュ、しりあがり寿氏のくすっと笑える作品も必見です。ゆるいタッチで描かれたアニメーション《天地創造 from 四畳半》は続けて二回も観てしまいました。軽快なリズムにのって北斎が森羅万象を描く姿が愛らしい!

Kotengendai_4

蕭白×横尾忠則氏の絵画、乾山×皆川明氏のデザイン、仙厓×菅木志雄氏のインスタレーションなど多岐にわたる日本美術が堪能できます。

Kotengendai_5

音声ガイドでナビゲートしてもらってください。作家自身が作品や古典との関わりについて解説してくれます。

古典×現代 2020 - 時空を超える日本のアート展
https://kotengendai.exhibit.jp/
2020年8月24日(月)まで

[店長]

« 映画「カセットテープ・ダイアリーズ(Blinded by the Light)」 | トップページ | サマーセール:エキゾチックなアマゾナイトのネックレス »

フォト